2014/12/27  21:46

真鍮頭の金槌  木工道具

鉋の刃の出し入れに使う、金槌の製作です。
鉄の金槌ですと、鉋の穂がつぶれてしまいますし、木槌だと大き過ぎる。
穂を痛めにくい銅の金槌も売ってはいるのですが、真鍮の金槌が良いのではないか?という知り合いの話から、自分も作りたくなりまして。

真鍮のカタマリを分けていただいので、作る事にしました。
円柱のカタマリを半分にカット。
もちろん金のこで手作業です。
クリックすると元のサイズで表示します

この後、けがいてから金のことヤスリで角柱にしていきます。
地道な作業です・・・
クリックすると元のサイズで表示します

面を取って頭の形に整形。
柄をすげるための角穴をけがきます。
クリックすると元のサイズで表示します

ボール盤を使って、下穴開け。
この時は気が付かなかったのですが、角穴は、もっと小さくても良かった・・・
クリックすると元のサイズで表示します

続く・・・
0
タグ:  手作り 金属

2014/12/25  19:06

夕焼け空  日々雑記

ほんのりピンクに染まった雲、澄んだ青空。
きれいでした(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 徒然

2014/12/23  19:16

毛引きの刃研ぎ  木工道具

木工では必需品の、筋毛引きですが、これも一応刃物ですので、時々研いであげないとシャープな線が引けません。
クリックすると元のサイズで表示します

ところが、これがとても小さい刃物なので、指先だけで保持して研ぐのはちょっと大変。
クリックすると元のサイズで表示します


以前に、ある刃物屋さんに行ったときに、毛引きの話になって、刃研ぎの事を聞いたのですね。
そうしたら、店主さんが引き出しからこんな物を出してきまして・・・
クリックすると元のサイズで表示します

すでに写真には刃がセットしてありますが・・・
小さい刃を保持するための道具です。
半ばデッドストックみたいな感じで、長らく置いてあったようです。

木工をされる方は、ほとんどの方が保持する道具を自作しておられますが、私はこんな物があるというのが面白くて、つい買ってしまいました。(笑)

確かに保持はしやすくなります。
今日は久しぶりに活用しました。
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 木工 道具 刃物

2014/12/22  13:51

サクラの枝の油壺  木工道具

刃物を研いだ後には、錆を防ぐ目的で、椿油を塗っておきます。

ちょっと前に前になるのですが、刃物に油を塗るための油壺という道具を作りました。
材料は何でも良いと思います。
よく、竹で作っているのをみかけますね。

友達から、街路樹の桜の枝打ち材をいただいたのがあったので、それを使いました。
いきなり角材になった物からアップしましたが、もちろん初めは枝そのままでした。

クリックすると元のサイズで表示します

角型と丸型の二つ作りました。
丸型に関しては、旋盤が無いので、鉋で外周を削って仕上げました。

クリックすると元のサイズで表示します


このままだと、油が染み出てきてしまうので、目止め効果の高いカシューを使ってみました。
色はクリアを選んでみました。

カシューは乾燥するのに時間がかかるので、あわてずじっくり待ちます。
クリックすると元のサイズで表示します


今回は塗装→乾燥→ペーパーがけの順に5回ほど繰り返して重ね塗りしました。

塗膜に厚みがあるほうが目止め効果も高いし、カシュー独特の艶が出て良いのではないか?と思ったからです。
光の具合でかなり濃い色に見えていますが、実際はもっと薄い色です。


写真奥のカタマリは天然砥石です。
砥面以外の面は防水のために塗っておきます。
冬季などは内部に染み込んだ水分が凍ると、膨張して割れてしまう事があるそうなので、それを防ぐためです。

補強に和紙を巻いてからカシューなり漆を塗ると良いそうです。
天然砥石の扱いは慎重に。

クリックすると元のサイズで表示します



話が逸れましたが・・・
こうして、油壺が完成です。
木綿布の帯を巻いた物を、中に入れて塗布綿にしています。
とても重宝しています。
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 道具 木工 手作り

2014/12/8  13:02

今度はドアだ!  日々雑記

貧乏DIY野戦修理記録
JA71を譲ってもらってから12年になるでしょうか。
この型式としては最終なんですがそれでも昭和63年登録です。
27年になるんですね。

しかし、クラシックカーと呼ぶにはちょっと違う気もしますし、ただの古い車ですね(汗)

さて、我が愛車のジムニー君、実は6年ほど前にいたずらされて、運転席側のドアミラーをもぎ取られてしまい、その影響でその周辺の建付けがガタガタになっていました。
新たにドアミラーを付けても、ガタガタしているせいか、すぐにダメになってしまうのです。

精神的にもよろしくない。

そこでドアを交換しようと決意。
ネットでさがして、同じ型式の同じ色の物を比較的安価に入手できました。
クリックすると元のサイズで表示します

それから1年・・・
ようやく交換する機会を得ました。

基本的に丁番のボルトを外せば取れるのですが・・・
保安部品であるだけに、ボルトを緩めるのは難儀しました。
何とか外せましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ドアって意外と重いのね。
まあ、何とか一人でも交換できました。

ガタガタしなくなったので、これで一安心です。

ドアのステッカーが残ったままなので、継ぎ接ぎに見えちゃいますね(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ジムニー 修理 

2014/12/6  15:59

改造  オルガン

2003年に製作した、木管のポルタティフです。
今年になって、何かと活躍していて、その都度不具合や、調律の変更などをして当初よりも楽器らしく成長してきたと感じます。

楽器ではあるのですが、私にとっては実験的な木工作品でありました。
そのため手直しを繰り返す事になったわけですが・・・

今回は、これを使ってくださった方の要望で、あったら便利だろうという事で、「空気抜き装置」を付けることになりました。

演奏が終わり、フイゴに空気が残っていると、これが自然に縮むまでには結構時間がかかりますし、不用意に鍵盤を押せば音が出てしまいます。

これでは演奏する方も大変なので、素早く残った空気(と言うか風)を抜き取れる方法を考えていました。

装置、と言ってもごく簡単な弁を増設しただけなんですが・・・

まずはパイプを抜き取って本体だけにして
クリックすると元のサイズで表示します

オルガンを横にしたり逆さに置くなんてことめったにないです。
クリックすると元のサイズで表示します

目立たぬよう底に空気抜き穴を開けることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

急ごしらえですが、弁を製作。
バネやらガイドピンなども作って・・・
クリックすると元のサイズで表示します

テストの結果、空気抜きとしては機能したので、これで使い手さんに実際使ってもらう事にしましょう。
冬はちょっと指が寒いかも(^_^;)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ