2014/11/27  17:19

マフラー交換  日々雑記

2年近く前からマフラーの劣化には気づいていたのですが、なかなか交換をする機会が巡ってきませんでした。
このままでは車検も通らない。

ようやくここにきてチャンス到来です。
リヤマフラーは比較的簡単に外せたのですが・・・

フロントパイプが非常に難航しました。
ターボアウトレットパイプとの繋ぎのたった2本のボルトの固着がひどくて、潤滑油を吹き付けようが、バーナーで炙ろうが、びくともしません。

T型レンチのハンドルに延長パイプを付けて渾身の力で回し続ける事2時間。
「バキ!!」という一瞬折れたかな?という音と共にようやく回ってくれました。
延長ハンドルにしたパイプ曲がっちゃったよ・・・

もうあまりの大変さに疲労困憊でしたよ。
外すのに難儀したボルトがこれ。
特殊部品なので取り寄せです。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ボルトが折れずに外れてくれたので、そのあとの作業はすんなりと進みました。
クリックすると元のサイズで表示します


んで外したリヤマフラーがこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

見事な穴の開きっぷりですよね(汗)

新品マフラーは純正同等品なのでパイプ径が細い。
クリックすると元のサイズで表示します

フロントパイプは穴開きはなかったものの、腐食はかなり進んでいました。
なぜか純正同等品は見つからず、1社だけ作っていた物を取り寄せました。
クリックすると元のサイズで表示します

フロントパイプも無事収まり・・・
クリックすると元のサイズで表示します

分かっていながら走り続けなければならなかったこの2年・・・
ようやく気持ちも少しは楽になるでしょうか?

純正同等品のマフラーだと吹けが鈍くなったというか、ちょっともっさり感が出ています。

ボロボロになったとは言え、付いていたマフラーは性能が良かったなあと実感しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ