2010/1/21  22:08

九州を離れる  1996〜97原付日本一周後半編

1997年5月31日

今日九州を離れる。
16:00出港。

フェリー「ふく彦」は、一応船首などの区別はあるようだが、一見前後がどっちか分からない前後対称になっている不思議な格好をした船だ。

運賃は、原付+人で250円。
関門トンネルより値段は張ってしまうが、気は楽だ。
いきなりフェリーの事を書いてしまったが、話は少し遡る。

ここ唐津の虹の松原は、その名の通り、松林の続く道である。
天気が良いと言うこともあって、実に気持ちの良い通りであった。
今日中に九州を出て、本州に入りたいと言うのがあったが、その割には出るのが遅かった。

とにかく走った。
見たいところはいくらでもあるのだが。
九州ラーメンでも食べたかったがそれもやめた。
そのくせ、ジョイフルなんてファミレスで昼食取っているのだから自分の気持ちもいい加減なものだ。

いつもそうなのだが、午後になると何だかイライラしてしまう。
尻も痛い。
体も疲れてくる。
ろくに休みもとらずに走りっぱなしにしてしまうのがいけないのだろう。
僕はどうしていつも突っ走ってしまうのかな?

我ら波照間キビ刈り隊のもんぺ姫、AYさんの事を思ったりもした。
自分に都合の良いことばかりイメージしてしまって、片思いかもしれないのに。
左胸のポケットにはAYさんが作ってくれたテルテル坊主が入っている。

15:30フェリー乗り場に着いた。

いよいよ九州ともお別れだ。
でも近いうちにまた来るような気もするし、これからもちょくちょく来ようと思っている。
九州、良い所だ。

フェリーはわずか13分。
あっという間に着いてしまった。
16:13。日が暮れないうちに早いとこテント張れる所見つけたかったし、風呂に入りたかった。
4日入らないとつらい。

本州最西端の(日記空欄)という所に広い空き地があり、とても良いテント場になりそうだったので、ここに張ろう。

その前に風呂だ。
ちょっと遠いが川棚温泉まで行った。
そして戻ってきて、ここに張った。
波の音が聞こえ、夕陽が美しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

明るいうちにズボンの両膝に開いてしまった穴を繕った。
ヘタクソな裁縫だが。
4日振りの風呂は実に気持ち良かった。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ