2008/11/1  11:50

石垣島に戻り・・・  1996〜97原付日本一周沖縄編

西表島はとりあえず巡ったので、石垣島に戻る。
ラジオでは、4月30日に沖縄は梅雨入りしたという。
こりゃいかん。早く沖縄を脱出せねば。

石垣に向かう船の中で、写真家の人と話す。
写真の世界に入って15年(1997年当時)。
八重山、奄美、西表などの生態を撮っているとのこと。

生態写真は何よりもまず、観察だと言っていた。
相手の動きのくせ、いつも通る道を探し、己は匂いを相手に感づかれないように離れた所から、カモフラージュしてじっと観察する。

写真に撮るというのは、観察して相手を熟知した上での最後の仕上げなのだそうだ。
その時は、熱感知センサー付きのカメラで撮るらしい。
昆虫、鹿、ヤマネコも撮ったという。

面白かったのは、人の全く入らない領域でのジャングルでの生活だから、パンツもはかずに、素っ裸で過ごすのが実に気持ち良いらしい。

「機会があったら、ぜひやってみるといい。」
とおっしゃってました(笑)。

さて、数日振りに米原(よねはら)キャンプ場に戻る。
しかし、ここに来ると決まって頭痛になる。

何かあるなここ。

巷では、ゴールデンウィークらしく、キャンプ場はけっこう混んでいた。
5月4日
市内に買い物に出かける。
石垣市立図書館で本を読む。
頭は痛かったが、テントに居るよりは少しはマシだ。

ふと外をみたら、ドシャ降りの雨。
どうせすぐ止むだろうと思い、すましてアサヒカメラなどを見ていた。

夕方、雨も止み、やましょうで食糧の買い込み。
ここは安いので助かる。
サザンゲートブリッジで、今では珍しいキャンバスの軍用三角テントを使っている、キビ刈り仲間のOG君と再会。
彼は、夜に730交差点で、知り合った数人のキャンプ仲間と、ストリートミュージックをしているのだとか。
彼は、お得意のハーモニカで演奏しているらしい。

自分は、もう少し八重山巡りをするとしよう。

KS君とNT君は、7日に出るらしい。
渡嘉敷、奄美、屋久島と行ってから、本土を走ると言っていた。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ