2008/5/21  22:14

テントで一人考え事  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年4月21日
久しぶりにゆっくりとした時間が流れた。
モンパの木の下の木陰は実に居心地が良かった。

白い砂浜にコバルトブルーの海を眺め、青空の下で一人これまでの旅を振り返る。
クリックすると元のサイズで表示します

なぜ自分は日本一周しようとしているのか。

とにかく家に居るのが嫌だった。

「共感できる仲間」がほしかった。

自分の知らない土地へ行ってみたかった。

ただ、僕の心の奥底には「人間否定・恐怖」が流れていて、知らない土地へ行ってみたいとは思っても、現地の人と交流をしたいとは思っていなかった。

人と話をするのが怖いと言うのが、どうしても取れない。
こびりついて離れない。


旅の面白さは、その場所へ行くのみでなく、現地の人達と出会う事で新たな広がりもつ事ができることにあると思う。

そう思っているのに、「対人恐怖」が先に来てしまい、一歩前に出る事ができない。
これがまた苦しい。

話がそれた。
日本一周の目的。

50ccという小さなバイクでたくさん走って、「こんなに走ったんだぞ!」と自分の身近な人達を驚かせてやりたかった。
ナマぬるい社会に依存して、心が干からびて「無難な生活」におぼれるのが嫌だった。
そして、一片の歯車としてしか存在価値のない所で働く事に、嫌気がさしていたと言うのもあった。

こんな事をかかえこんで、どうして良いのか分からず、かといって周りに打ち明けて聞いてくれる仲も無く、欲求不満が蓄積してどうしても外に出たくなった。

外に出て走っていれば、気持ちも落ち着くだろうと考えた。

・・・結局独りよがりなのか自分は?

北海道まで行って、5000キロも走って、90リットル近いガソリンを使っても、気持ちは沈むばかりだった。

心が変わる、自分を変えるという作業は、結局物質や長距離をがむしゃらに走っただけではダメだと言うのを、身をもって感じた。

無論、北海道の旅でも、色々な人達と出会ったし。それなりに楽しい事もあった。
しかし、僕の心を根底から変えることは無かった。

自分を変える。
これがいかに難しいか。
しかし、ここで踏み止まっていては進歩が無い。
なんとかしていこう。

具体的にどうすりゃいいのかは分からないが。
一言でも二言でもいい、その時になたら思い切って口を開いてみよう。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ