2008/3/29  22:46

ハーベスター登場  1996〜97原付日本一周沖縄編

畑によっては、キビ倒しに「ハーベスター」という農業機械を使う事があった。
ゴム履帯のついた、戦車みたいな機械だ。
人によっては「バリカン」とも呼んでいた。

これは、東京から波照間に移住してきた、STさんがカブでやって来て、機械を動かしていた。
製糖工場から機械を借りたと言う事で別料金になるそうだ。

休憩時間に、ちょこっと座らせてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

ハーベスターの時は、ウネに沿ってキビが倒されるので、手刈りの時とちょっとやり方が変わる。
その時に書いたメモがこれ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ハーベスターが畑に入りやすいように導入場所を作るのだが、これをマクラ刈りと言った。
道路に面した畑の端3メートル区画だけ刈っておく。

機械だけにたちまちキビを倒していく。
同じ面積で手刈りより数倍早い。
しかし、曲がったキビなどには相性が悪く、粉々に粉砕されてしまう事があるので、必ずしも機械が良いというわけではないようだった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ