2008/3/10  11:26

さらに向こうへ  1996〜97原付日本一周沖縄編

1996年11月29日
・・・今、これを船の中で書いている。
今まで乗った船の中で、これがいちばん揺れる。
海はやや荒れているようだ。

実は自分は宮古島行きの船に乗っている。
船名は「ぷりんせすおきなわ」。


那覇新港のフェリー待合所で、鹿児島行きの船の乗船券を買うために、窓口が開くのを待っていた。
航路や船会社が幾つもあるので、各窓口が開く時間がまちまち。
そのため、待合室には船待ちの人がけっこういた。
旅行者と言うよりは、旅人と言った方が合っているような気がする。

その中の一人、静岡から来たという19歳(1996年当時)の若いチャリダー(自転車で旅をしている人をそう呼ぶ)と話しをした。

彼は生きる事が楽しいようだった。
彼の話しはとても面白くて、ウンウンと聞き入ってしまう。
音楽を、南のどこかの島で学びたいようだった。

彼のこれからの行動も、面白さで満ちており、とてもうらやましかった。
静かだが、情熱が体中からあふれている。

もう一人、KZさんという人が話しに加わり、話しの楽しさが倍増した。
彼はこれから八重山に行くらしい。

八重山の面白さを情熱的に話すので、行きたくなってしまった。
金が少ないので、ちょっと考えたが、腹を決め、とりあえず宮古島に行く事にした。
帰路の事を考えると、金銭的にここが限界だった。

この人達と会わなかったら、まず間違いなく「えめらるどおきなわ」に乗って、鹿児島へ帰路についていただろう。

初めての「偶然」による旅路の変更だった。
クリックすると元のサイズで表示します

今までも自由な旅ではあったが、それは自分である程度予定を決めて、その通りになぞって走っているだけだった。

さて、「ぷりんせすおきなわ」は予定よりだいぶ遅れて出航した。
20:00出航の予定が、22:30にまで延びた。

しかしよく揺れる。

この時は、更なる「偶然」が来ようとは、夢にも思っていなかった。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ