2008/3/2  18:01


鹿屋から出発して、夕方神川キャンプ場に到着。
テントを張り終え、ガソリンコンロに燃料を入れていると、道をバイクキャンパーらしきものが通った。
そうしたら、このキャンプ場に入ってきた。
白と緑のヤマハ・セローだ。
「お、来たな」
ちょっとうれしい。

彼は21歳の大学生だった。
広島から来たという。
1週間の休みの間に南方面の岬巡りをするとのことだった。

夏には北海道にも行っていたらしいので、話が弾み、22:00頃まで話した。
楽しいひと時だった。

鹿屋で購入したヘッドランプはとても良かった。
これからも重宝するだろう。

翌日、早朝に大学生は出発して行った。
自分もこの後11:00頃に出発。

目指すは桜島。


やがて青空の下に桜島が見えてきた。
クリックすると元のサイズで表示します

桜島ビジターセンターに着くと、山はさらにでっかく見えた。
クリックすると元のサイズで表示します

桜島のどこかに、埋まったままの鳥居があると聞いた事があった。
それをぜひ見たいと思っていた。
14:00にはそこに到着。
黒神の埋没鳥居として有名らしい。
原五神社という。
クリックすると元のサイズで表示します

このようになったのは、1914年1月12日の噴火によるものだった。
溶岩が流れ込んで埋まったという事ではないそうで、火山灰と軽石が降り積もって埋まったと言う事を知った。
そのため、掘れば鳥居は出てくるのだが、当時の村長が、記念とする為に掘るのを止めさせ、今のような姿で残ったとの事。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ