2008/2/22  22:54

ポラロイド  写真とカメラ

ポラロイドが、インスタントフィルムの生産を、今年の8月で終了するそうです。

デジタルの普及で需要が減少したためとの事です。
これも時代なのかなと思います。

最近カメラ屋に行って、インスタントフィルムの値段を見て、その高価さにため息が出たものです。
以前より何割か値上げしていたのですね。

撮ったその場ですぐ見れるインスタント写真は、ジワーッと像が浮かび上がってくる様子など、独特の面白さがありましたが、いかんせん値段が高かったので、気軽にパシパシ撮れる物ではありませんでした。

デジカメの普及で、フィルムの需要はますます落ち込むばかり。

写真を楽しむ人達には、フィルムの発色や粒状感を良しとしてフィルムで撮っている人はまだたくさんいます。
しかし、これも時の流れで、フィルムが過去の写真手段となる日が来てしまうのでしょうか。

できるなら、値段も据え置きで頑張ってほしいですが、需要が減ればコストが上がってしまうのは避けられません。

生産する側としては採算が合わなければ、手を引かざるをえないわけですが、写真表現の手段の一つとして、フィルム文化を存続させてほしいと願うばかりです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ