2007/8/15  23:27

卒業アルバム  日々雑記

小・中・高校時代の卒業アルバムを、久しぶりに引っ張り出して見ていました。
高校時代ですら、二桁の時代が過ぎて、記憶に色褪せが出始めている事に気づきました。

アルバムに出ている自分の顔、クラスメートの顔、先生の顔・・・

懐かしさもあるが、なんとなく振り返るのが気恥ずかしい。
体育祭・文化祭・クラブ活動・部活動・日々の出来事の断片・・・
ああ、あんな事やこんな事があったけな、と振り返ってみる。

中学の体育祭で、クラス旗の製作を担当し、一人で黙々と描いた事。
高校の文化祭で飲食店をやって、店の構成などをやった事。

遠足・修学旅行・夏休みの工作・野外教室のキャンプファイヤーetc...
断片的に懐かしい記憶が蘇る事もありますね。

あの頃のクラスメートや友人は今どうしているのだろう?
同窓会の類は一切ありませんし、学生時代の記憶はますます遠のいていくようです。

古い過去の記憶に、サヨナラをする時が近づいているのでしょうか?
いやいや、そっと記憶の引き出しにしまっておけばいいのです。

自分の人生においては、10年前の日本一周旅が一番強烈な思い出です。
それだけは色褪せないように大事にしていきたい。
0
タグ: 徒然



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ