2007/7/31  21:47

三内丸山遺跡  1996〜97原付日本一周

北海道を後にして、いよいよ本土再上陸。

日本史の教科書が書きかえられるほどの大発見、縄文時代のイメージをガラリと変えた三内丸山遺跡に行きました。
1996年当時、青森の三内丸山遺跡は発掘がだいぶ進んで、一般公開をしていました。

日本史が好きな自分は、是非見ておきたい場所でした。
発掘現場に到着すると、だいぶ区画整理がされていて、一部は建物が再現されていました。発掘している様子も見る事ができました。何しろ規模が大きい!
クリックすると元のサイズで表示します

研究棟も一般公開されていて、発掘された土器や、精巧に編まれた網籠も展示されていて、なかなか見ごたえがありました。

土器の調査の様子もガラス窓ごしに見る事ができ、白衣を来た女性が、ライトボックスの前で土器のトレースをしたり、石膏で土器を接着したりしている様子を見れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

---楽しそうだなあ---

正直羨ましかったですね。こんな仕事があるならやってみたかったです。
縄文と言うと、原始的なイメージが強いですが、この遺跡を見ていると、かなり高度な文化が育まれていたのだろうなと推測されます。
0

2007/7/29  15:31

オルガン研究会  オルガン

オルガン研究会の例会で、軽井沢まで行きました。

開通したばかりの圏央道を使い、関越・上信越と高速を乗り継いでようやく到着。
それにしても暑かったですね。

軽井沢に到着してから、車の調子がおかしくなりました。
信号などで停車しますと、普通はアイドリングになるはずが、そのままストールしてエンスト。それが何度も。
おまけにセルモーターも時々回らないで、かなり焦りました。

信号待ちでも、アクセルをちょいあてて、エンジンの回転を上げ目にしたり、車を道端に停めて休めたりして、何とか急場をしのぎました。
オーバーヒートだとしても、水温はそんなに変化無かったしなあ・・・?
暑さで車がバテたか?
19年目の「ご老体」ジムニーには、高速道路巡航がこたえたか?

その割に、帰りはエンストもなかったのですが・・・

話がそれました。
例会ですが、ニコラ・ド・グリニの「ティエルス・アン・タイユ」をテキストにして、フランスの装飾音についての講義を聞きました。
オルガンは個人所有のもので、フランス製の実に立派で美しい楽器でした。
前に出すぎない柔らかい響きで、リード管の響きがまた素敵♪

クリックすると元のサイズで表示します

自分はフランスの古典オルガンもCDなどでよく聴きますが、今までいかに漠然と聴いていたかを感じました。
音楽学の事ははっきり言ってさっぱり解りませんが、傍らで講義を聞いていて、作曲家や演奏家がいかに音楽という音の流れを楽譜に盛り込もうとしたか、あるいは楽譜を読み込んで再現しようと腐心しているかを、垣間見た気分です。

型に嵌めず、しかし下品にではない自由なスタイル、というのでしょうか?
音色や和音の一瞬の響きを、いかに一音一音充実させるか、と言った事のようです。
楽譜と言うのはあくまでコード・記録に過ぎないのですね。
こういう事ってCD聴く位では解らないので、良い勉強になりました。

しかし、装飾音ってたくさんの種類があるんですねー。
音楽ってなんて奥が深いのでしょう。
今日聞いた講義の事を思い出しながら、曲を聴くとまた違った感じで受け止められるかもしれませんね。

さてさて、ポンコツになりかかりの車で、炎天下クーラー無しの日帰り往復400キロはけっこう体にこたえます。
家に帰ったらグッタリしました。
シャワー浴びて即寝ました。
0

2007/7/26  23:07

函館滞在最後の日  1996〜97原付日本一周

洋館巡りもほどほどに、函館独自のハンバーガーチェーン、「ラッキーピエロ」に寄りました。
北海道最後の食い収めがここです。
本店は、金森倉庫など赤レンガ倉庫が立ち並ぶ辺りの近くです。
イカ墨ソフトなど変わったメニューがあります。
カレーが美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

この後港に行き、夕方ついに北海道を離れました。
船が離岸して、陸地が遠のく時って、独特の哀愁を感じます。

船から夕焼けと、函館山と月の風景を撮る。

さらば北海道。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


0

2007/7/25  23:36

オルガンの絵  オルガン

自分は趣味で絵を描きます。

昔描いたオルガンの絵を載せてみます。
クロッキー帳にメカニカルペンで描きました。

18世紀フランスオルガン建造家のクリコのオルガン。

オルガンが好きなので、こんな絵を描いたりして物に近づきたい気持ちをぶつける。

クリックすると元のサイズで表示します

でも絵では音が出ないので、やっぱり実物を見たいものです。
0

2007/7/24  22:11

北海道一周終わる  1996〜97原付日本一周

道南を走り終え、約2ヶ月振りに函館に戻る。

これで今回の北海道の一周は完了。
クリックすると元のサイズで表示します
けっこう走ったが(約5000km)、意外とあっけなかったと言った印象。

函館の夜景を見ながら、自分は一人感傷にふけっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

全く自由な一人旅、北海道という北の大地を走った結果、心には大きな変化を感じる事がありませんでした。
これは自分の全く予想していなかった結果でした。

自由を得て、自分で好き勝手に走り、自分の知らない土地に行き、旅先での束の間の出会いが、ふさぎ勝ちな自分の心に変化を与える事ができるのではないか?と思っていただけに、正直残念な結果でした。

しかし、日本一周の旅はまだ先が長い。
もっともっと走って、自分の知らない日本の風景と道を走りぬくぞ!という決意は変わりません。

ともかく北海道は一周したじゃないか。
それで今回はいいじゃないか。
そう自分に言い聞かせていました。

この時はまだ本当の意味に気づいていませんでした。
人とのつながりが旅と心を豊かにするのだと言う事を。

自分はどちらかと言うと、人を避けて走っていました。
無論気の合う人とはお話をした事もありますし、その時は楽しいと思います。
しかし、その程度では自分の本質的な部分は動かなかったのです。

何かを期待して旅に出る。
何かとは何かが解らないで、がむしゃらに走る。

でも、その時はそれで良かったんだと思います。
自分探しの旅と言うとクサイ響きだが、自分が自分である事を示したいから走ったのだ。
そういう事なんだと思います。

・・・なんだか語ってしまいましたが、これからも日本一周・旅の回想は続きます。
0

2007/7/23  22:46

披露宴の写真  写真とカメラ

先日の結婚披露宴写真の整理がやっと完了。

自分でも気がつかなかったのですが、560枚位撮っていました。
36枚撮りフィルムで約15本分です。

バチバチ撮れてしまう辺り、デジタルカメラならではといったところ。
それでも、画像は小さな2GBのメモリーカード2枚分に満たない容量。
カード一杯になる前に、カメラの電池が予備共に消耗してしまいました。
もう一本電池いるかなあ・・・?

もう一つはストロボの電池。
これも撮りきる前に消耗。
会場が薄暗かったので、これには参った。
たった一日でストロボの電池を使い切るなんて、生まれて初めての経験です。

カメラの内臓ストロボで何とか凌ぎました。
そのためか、カメラの電池の消耗スピードに拍車をかけてしまったのかもしれません。

何かと良い経験になりました。
0

2007/7/18  22:43

結婚披露宴  日々雑記

先日、知り合いの結婚披露宴がありました。
自分は写真係でした。

当日はあいにくの台風接近。
しかし、私の神通力(?)が通じて台風はそれ、どしゃ降りは避けられました。

会場は100人位が来訪して、和やかムードの披露宴でした。
自分は飲まず食わずで撮影に没頭しました。

自分的には写真ヒット率はまあ6割いくか行かないかといった所でしょうか。
この6割というのは、ブレ・ピンボケ・露出の過不足などを省いた、とりあえず画像として写っている確率のこと。
写真的に面白いかとか、良い印象の写真かは別問題。
これを含めると確率はさらに下がるでしょう。

頼まれ事なので、責任の重さをひしひしと感じました。
自分なりに集中力を最大に上げてベストを尽くしましたが、至らぬ点も多々あり、披露宴写真の難しさを痛感しました。

現在は画像のチェック中。
後日依頼主に画像を引き渡します。
それまでは、ちょっと不安が見え隠れ。
0
タグ: 徒然 結婚式 披露宴

2007/7/16  21:15

車のハンドル  日々雑記

ジムニーについているハンドルは、径が大きくて、なかなか扱いが良いと思っています。
しかし、質感はイマイチで、握りの一部が磨り減ってツルテカになり始めています。
手垢もけっこう付きやすい。そのつど拭くわけですが・・・

そこで、気分転換に市販のハンドル用の革を巻く事にしました。
カバーにはただかぶせるタイプと、縫い付けるタイプがあります。
自分は迷わず縫い付けるタイプをチョイス。

縫うのけっこう手間かかりました。(汗)
一周縫うのに2時間くらいかかりましたかねえ。

縫い付けているので、ハンドルにしっかりフィットして、グリップは良さそうです。
さあて、長時間ドライブにどれだけ効果があるでしょうか・・・

Bfore
クリックすると元のサイズで表示します


After
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/7/12  23:35

砲弾豆  日々雑記

砲弾豆という菓子がありました。
横須賀の某所で売っています。

菓子の黒い粒が砲弾だからではなく、
戦艦大和の46cm主砲の火薬の粒の大きさを模した物だと言うからオドロキであります。

黒いのは炭の色素らしい。
ピーナツの入ったせんべい豆です。
ついパクパクいっちゃう美味さでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 徒然 戦闘 菓子

2007/7/11  22:56


家を出て50日。
これまでに消費したガソリンの量は71.8リットル。
使った金額18万円。
一日平均約3600円となります。
自分的にはちょっと多すぎる出費だなあと思いました。
行きに寄った支笏湖のライダーハウス、樽前荘に到着。
と言うのは、天気予報で台風が近づいて来たと言うことで、テント泊はしたくなかったのですね。

行きと違って8月とあってシーズン真っ只中。
かなり混んでいました。
予報どおり、雨が降ってきました。
こういうときは、屋根の下と畳の上で過ごせるというのはありがたい。

樽前荘からのサービスで、とうきび(とうもろこし)をごちそうになりました。

翌朝は晴れたので、積丹半島と道南を目指します。
0

2007/7/10  21:34

昭和新山  1996〜97原付日本一周

昭和新山。
名前の通り、昭和に出来た山です。

1943年に有珠山が噴火し、その際に近くの麦畑だった所が隆起して2年で今の形になったそうです。
たった2年で地面がみるみる盛り上がっていく様子はどんな感じなんでしょう?
連続写真で撮れたら面白かったかもしれませんが、当時は戦時中で、ろくな観測もされなかったそうです。
唯一、三松さんという人が観測をして、貴重な資料を残したそうです。

新しい地球のエネルギーを感じるには良いところではないか?と思ったのですね。
これを見てみたくなり、寄ってきました。

行ってみると、観光地化されていて、ちょっとがっかり。
自分としてはもっと自然っぽい感じで見たかったのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
赤茶色の山肌をさらしながら、今も水蒸気を噴出し、生きている山を見せていました。
地球規模で言えば、極めて新しい山。
地質学とか専門的な事は分かりませんが、こんな所もありますよと、言ったところで。

北海道の旅も終盤に入りました。
0

2007/7/7  18:45

氷雪の家  1996〜97原付日本一周

自分は植村直己さんが好きです。

小学生の時に、国語の教科書に出ていた、授業では取り上げない冒険記とか、興味深く読んだものです。
「青春を山に賭けて」など、文庫本で出版されている冒険記も、好んで読んでいました。
自分が日本一周などという事を始めたきっかけも、植村さんの体験記を読んだ影響が一つにあるかもしれません。

植村さんの記念館が全国で3箇所あると知りました。
そのうちの一つが、帯広動物園内にある「氷雪の家」です。
せっかく北海道に来たし、たまたま帯広を通ったから、寄って行こうと言うわけです。

植村さんは兵庫に生まれ、冒険活動をしていた時は、東京に住んでいましたが、帯広とも何かと縁があったようです。
冒険で得たサバイバル技術や知恵を、学校という形にして子供達に伝えたかったらしい。
ご本人はマッキンリーで消息を絶ってしまいましたが、植村さんの夢であった野外学校は、有志によって実現していました。

さて、記念館ですが、うーん、ちょっと期待ハズレだったかな。
イヌイットのイグルーを模った建物はどこか寂れていました。
何かほったらかしにされている感じで、展示状態は良いとは言えませんでした。
ホコリをかぶった犬の剥製がちょっとかわいそう。
記録映像を流しているのであろう、ビデオも壊れたまま流しているし・・・
映像がろくに映っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、展示されている写真パネルや装備品はなかなか見ごたえはありました。
地球と対話しているかのような壮大な冒険の記録には圧倒されっぱなしです。

粗末な展示を改め、改修を望みたいものです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ