2007/6/27  21:35

羅臼と相泊の珍メニュー  1996〜97原付日本一周

白樺ライダーハウスで、先日書いたチャンチャン焼きを食べたのですが、朝食も選択メニューになっています。

イクラ丼か、ガモメ丼か。

ん?ガモメ丼って何?

てなわけで、珍しい物が気になる自分は値段もちょっと高いガモメ丼に期待し選択。

さて、なぞのガモメ丼が来ました。
見た目はタマゴぶっかけご飯みたいでした。

ガモメの正体は、トロリとしたコンブエキスだったのです。
それをドンブリご飯にぶっかけたということ。

生卵の食感に似ています。
自分は、生卵のヌルヌル食感苦手なんだよなあ・・・

コンブエキスの旨味もあまり味わう余裕がありませんでした。
これならイクラ丼にしておくべきでした。
前の列車食堂にしてもそうですが、イクラ丼また食い損なった・・・

しかし、一緒に出たホタテの入ったコンブ入り味噌汁は最高でした。
これは本当に美味しくて、3杯もおかわりしました。

昼は相泊の「熊の穴」食堂に行きました。
以前、テレビで見たことがあったので、来てみたかった所でした。
クリックすると元のサイズで表示します
茨城から来たと言う人と一緒の席で、お話などしました。

ここの看板メニュー(?)の「馬鹿ラーメン」を注文。
何が「馬鹿」かと言うと、鹿の肉とトドの肉が、焼き豚代わりに入っているのです。
トドは「海馬」と書くそうで。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、そのお味は?
鹿肉はそこそこいけましたが、トド肉は黒っぽい色をしていて、レバーみたいな味。
レバーは大の苦手なんだよなあ・・・ハァ。

まあ、珍しい物を食べたという事で、思い出になりました。
この店の珍品メニューは他に、
熊鍋
トドの刺身
熊の肉が入った熊ラーメン
などがありました。

会計を済ませると、最北東端証みたいな紙をくれました。
0

2007/6/26  21:46

ウトロから羅臼へ  1996〜97原付日本一周

ウトロキャンプ場2日目。

自分の斜め後ろにテントを張っていた自転車旅らしき女の子が、なにやらガスコンロに苦労していたので、思い切って話しかけてみました。
「火が付かないの?」
「ハイ・・」
「ちょっと見ていただけますか?」

ハイハイ、お安いごようで。

火のつけ方を教えてあげ、米炊きもあまり知らないようだったので、自分の知っているノウハウを教えてあげました。
自分も夕飯の用意をしていたので、ついでに一緒に食べることにしました。

女の子は大学3年生とのこと。
夏休みの思い出作りといった所でしょうかねえ。
男一人旅、たまには女の子とこうしてお話するのも楽しいものです。

翌朝、女の子が一人で飯炊きに挑戦していましたが、ちょっと芯が残って硬かったようです。
まあ、徐々に上手くなってください、と言ったところです。(笑)

さて、自分は荷物をパッキングして、移動です。
知床峠を越えて、羅臼に向かいます。

天気が良かったので、知床峠からは、羅臼岳が青空に映えて良い眺めでした。海の彼方にかすんでいましたが、北方領土も見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

羅臼では白樺ライダーハウスに泊まることにしました。
町を走っていて、目に飛び込んだ看板がこれ。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱ、北方領土から近い人達にとっては、切実な問題なんだなあと。
0

2007/6/25  22:14


いよいよ知床に入りました。

北海道ならではの自然がたくさん残っている領域として注目の場所です。
ウトロ温泉街のちょいとはずれにあるキャンプ場でテントを張りました。
ここは知床訪問の拠点のため、キャンプ場はテントの華が咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

お隣にテントを張っていたキャンパーさんは、なんと自分の住んでいる所の隣の市に住んでいるというではないですか!
夜はお話しながら一緒に夕食をとりました。
そうしたら、近くの地元ファミリーキャンパーさんが、昼間に海で釣ったという魚の天ぷらをご馳走してくれました。
白身のさかなで、塩をふってサクサクといただきます。いや〜うまいのなんの!
ごちそうさまでした。

翌日はいよいよ知床散策です。
知床五湖を見たのですが、あいにくの天気で知床連山は見えませんでした。
この後に10kmほどのダートを走り、カムイワッカに向かいます。
実はこの時に、先日書いたように、ヒグマと遭遇してしまったのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

カムイワッカは温泉の滝なので、滝壺が天然の湯船です。

クリックすると元のサイズで表示します

上流に行くと適温の滝壺がありますが、滝を登らないと行けません。
入り口に、ちゃっかりというか、滑り止めのワラジをレンタルしている露店があります。
一足500円を高いと見るか安いと見るか・・・。

一応上流まで行きましたが、自分はタオルなどを用意していなかったので、足をつけただけ。
今思うと、なんともったいないという感じです。(汗)
0

2007/6/24  22:02

サロマ湖から網走へ  1996〜97原付日本一周

サロマ湖の特産品はシバエビだそうで、以前美瑛で出会った旅人さんから教えてもらった、藤屋というお店に寄りました。
とても感じのよいおじさんとおばさんが、「いらっしゃい」といって迎えてくれました。
味見にと、シバエビの塩茹でを4匹もくれました。
とても美味しかったので、家に送ることにしました。他に毛ガニも送りました。

この日は珍しく良い天気で、走行も快調。
オホーツクの海はとても穏やかでした。
網走に到着。網走と言えば刑務所でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

刑務所が観光地のようになっているのも不思議な感じですが、(正確には観光地ではない)門の近くにある受刑者の作った製品を売っている店で、ニポポ人形のキーホルダーを購入。

ニポポ人形を模った電話ボックスです。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、網走は輪行する人にとっては一つの拠点のようで、荷物満載の自転車を多く見かけました。
8月だったので、大学のサークルらしき自転車軍団もいました。
30〜40人はいたと思います。

網走を過ぎて、斜里の町に入りました。
知床はもう目の前です。
0

2007/6/23  18:19

旅人の宿  1996〜97原付日本一周

宗谷岬からはクッチャロ湖、ウスタイベ千畳岩とテント泊をし、広大な牧場風景と、オホーツク海を眺めながらサロマ湖へ向けて走りました。

北海道には、無料のキャンプ場や、「ライダーハウス」のような独特の宿泊施設があって、値段も安いので、これが実に助かる存在でした。
特に走行中に雨が降ってきていまい、テントを張るのが難しい時などは、助かりました。
もちろん丁度良いところにあったらの話ですが・・・。

自分が北海道を走った時は、どうも雨雲を追っかけてしまったようで、天気にはめぐまれませんでした。
朝、キャンプ場を出発して、30分ほど走っていたらいきなりどしゃ降りの雨・・・
雨具を着ていても、下着までグッショリなってしまいました。

そんな時、サロマ湖の近くにある工藤食堂がやっている、「旅人の宿」という無料宿泊所があり、本当に助かりました。
これは、食堂でご飯を食べるという条件で、無料で宿泊できるという所でした。
食堂の隣の古い建物が宿泊所でした。

クリックすると元のサイズで表示します

自分が入ってからも後にどんどん入ってきて、ついには満室状態。
天気が悪い時は、みな考えることは同じですね。(笑)
こんな時は、束の間の交流です。
皆、様々なところから来るので、知らない土地の事など互いに情報交換をしたりしました。
翌日には皆方々に旅立っていくので、本当に束の間の出会いといった具合。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、自分も東に向かって走って行くのでした。
0

2007/6/21  20:32

チビヘリ  日々雑記

最近ちょっとしたブームらしい、おもちゃ系ラジコン。

量販店では「ハニービー」という名前で売られている、ラジコンヘリコプターです。
電波ではなく、赤外線で誘導しています。

手のひらに乗っちゃうほど小さい。
クリックすると元のサイズで表示します

自分の父は、そんなブームに乗っかって、オークションで購入。
形は全く同じですが、「チビヘリ」という名前で売っていました。

始めは懐疑的な目で見ていましたが、飛ばしてみるとこれがなかなか面白い。

基本的にホバーリングのみ。縦横無尽な操縦はできません。
しかし、その「操作して浮かす」のが良いのです。
クリックすると元のサイズで表示します

手のひらに載せて、そこから飛ばすなんて小粋な(?)テクニックもありです。
クリックすると元のサイズで表示します

内臓のバッテリーは一回の充電で5〜8分飛行可能です。
バッテリー残量が少ないと浮かなくなるので、そうしたら充電。
充電はプロポから電力をもらいます。20分くらいでしょうか。
発泡スチロールとプラスチックの部品というシンプル過ぎる構成に、華奢な印象を持ちますが、けっこう丈夫です。

しかし、うちの父も、こんなの好きよねえ・・・と言いたい。
0

2007/6/20  22:00

ライカ  写真とカメラ

知り合いが、カメラを貸してくれました。

しかもライカであります。

バルナック型のUfというタイプです。
レンズはsummitar50mm f2。

突然だったので驚きましたが、もちろん飛び上がらんばかりに嬉しかった。
デジカメで撮る事が多くなりましたが、やっぱりライカは別格です。
憧れのカメラですから。

クリックすると元のサイズで表示します

早速巻き上げやら、距離計やらをいじくりまわします。

うーん、さすが本家のカメラの作りは一味違います。
何と言うか、機械の精度はもちろんなのですが、シャッター音とか、巻き上げの感触が実に心地良いのです。
クリックすると元のサイズで表示します

これは、ライカのコピー版、「ゾルキー」では味わえないです。
同じ敷居で比べるのは失礼かも知れませんが・・・。

特に、ソフトでささやくようなシャッター音は、たまらなく良いです。
不思議とカメラさげてお出かけしたくなります。

リバーサルフィルムを詰めたので、summitar50mm f2の味を早く知りたいです。

まあ、ゾルキーのチープさは否めませんが、induster50mm f3.5レンズ、これはこれで味があるんですけどね・・・。
0

2007/6/19  21:41

最北端の地  1996〜97原付日本一周

島を離れ、再び大地を走ります。
天気は曇り。

最北端の地、宗谷岬に到着。
最北端と言う以外、特に何があるわけでもありません。
記念碑が建っていて、道沿いにお土産屋が軒を連ねている位のものです。

晴れていれば、水平線の彼方に樺太が見えるそうですが、あいにくの天気のため見えず。

駐車場には、日本各地からやってきた旅人のバイクや車が、次々とやってきます。
鹿児島から、50ccスクーターで来た人もいました。
自分も50ccなので、不思議と親近感が湧きまして、話をしました。
「お互い頑張りましょう」なんて言ってみたり。
様々な目的でここに来るんですね。

北の果てに立ってみて、つくづく遠くに来たなあと。

宗谷岬の記念碑の前で記念写真。
クリックすると元のサイズで表示します

近くには間宮林蔵の銅像もあって、そこでもパチリ。
クリックすると元のサイズで表示します

最北端のバス停は待合小屋になっています。壁と言う壁は落書きだらけ。
「今から日本縦断するぞ」とか「九州から出発して到着した」などの書き込みが壁にびっしりと書かれています。
最北端のバス停だから、つい書きたくなっちゃったんでしょう。

土産物屋に入り、適当に購入。
最北端に行った証明にと、宗谷岬とか最北端といった文字が印刷された100円ライターやら、キーホルダー、ステッカーを買いました。
0

2007/6/18  21:15

不思議な飲み物  1996〜97原付日本一周

ユースホステルの落書帳に書かれていた、なぞの飲み物。

「ミルピス」

一体これは何ぞや?

当然探します。

沓形から鴛泊へ向かう途中で、それの売っている店を発見!

早速寄って店に入りましたが人は無し。
壁には少しばかりのポスターと写真、おしながきがあり、食堂風にテーブルとイスがありました。
そしてカウンターの隅に「ミルピス」の入ったガラス戸の冷蔵庫がありました。
1本250円。
持ち帰りだと瓶代含めて300円。
代金は救急箱の引き手に金を入れ、それから冷蔵庫から取り出す。
すなわち無人販売です。
オーナーが居る時もあるようですが、今回は居ませんでした。

一見牛乳瓶なので代用かなと思いきや、ちゃんと「ミルピス」と印刷されていました。
物をポケットに押し込み、そそくさと店を出て、テントに戻りました。

昼食のインスタントラーメンを食べた後、例の「ミルピス」を試します。

クリックすると元のサイズで表示します

さてそのお味は・・・?

あくまで自分の印象ですが、飲むヨーグルトとヤクルトを混ぜて、まろやかにした感じ、と言ったら良いでしょうか。

なかなか美味しかったです。

また機会があったら飲んでみたい、ご当地飲料でした。 
0

2007/6/17  19:02


利尻グリーンヒルユースホステルを出発し、利尻北麓野営場に移動。
天気はイマイチでした。

テントを張り、利尻岳登山を目指します。
翌日早朝テント場を出発。天気はまあまあ。
約4時間かかって山頂に到着しました。
雲が多く、雲海とガスの境目といった具合。

山頂には、燕が飛び回っていました。
山頂には北方と南方があって、北方1719m、南方1721mとのこと。
南方は非常に険しく登頂が困難なので、自分は北方に登頂しました。

高度計付きの時計をしていたのですが、山頂で1690mを表示していました。
約30mの誤差。

山頂には小さなお宮があり、漁師さんも登ったのでしょう、「豊漁祈願」と刻み込まれた船のスクリューが献納されていました。

山頂で食べた菓子パンが実に美味しく感じました。

山頂です。
クリックすると元のサイズで表示します
別に飛び降りようとしているわけではありません。

この時はなぜか白黒フィルムを詰めていました。
カラーフィルムを入れておけばよかった・・・

さて、下りは約2時間50分。
途中の泥道には辟易しましたが、無事テントまでたどり着きました。
かなりきつかったですが、気持ちよく登れました。

翌日筋肉痛になったのは、言うまでもありません。
0

2007/6/16  22:08

利尻島へ  1996〜97原付日本一周

礼文島を後にして、次は利尻島に向かいました。

雨だった為、ユースホステルへ泊まる事にしました。
連日のテント泊のせいか、疲れが出たようで、他のホステラーさん達とあまり交流をする事も無く、ほとんど寝ていたように思います。
まあそんな事もあります。

利尻グリーンヒルユースホステルは、ヘルパーさんがけっこう活動的で、ミーティングもしっかりやっていました。
夕食の後、泊まりに来たホステラーさん達を集め、ヘルパーさんがフォークギターを弾きながら、オリジナルソング「風来坊」を歌うのです。
もちろんみんなの手拍子入りで。

この時自分は体調が芳しくなくて、部屋で寝ていました。
ヘルパーさんの一人に呼ばれましたが、丁重にお断りしました。
部屋に聞こえてきた、ミーティングルームからの歌声と手拍子が、どこか寂しく聞こえたのはなぜなのでしょうか・・・


さて、旅先から自分は生きているという事だけは家族、友人に報告しないといけません。
当時はネットや電子メールは一般化していませんから、自分ような貧乏キャンパーはもっぱらハガキです。「新聞」と称してテントの中などで書きました。

イラスト混じりに、出来る限りの情報をぶち込んでいます。
こんな細かい字を、果たして受け取り人は読んでくれていたのかは分かりません・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/14  21:41

礼文島 2  1996〜97原付日本一周

礼文島は実はけっこう大きいです。
その中から、礼文林道とスコトン岬に行きました。

まず礼文林道。
クリックすると元のサイズで表示します

スコトン岬です。
クリックすると元のサイズで表示します
最北端は宗谷岬で、最北限がここ、スコトン岬と言うことらしい。
向こうに写っている島影は、トド島という。
本当はあちらが北限の島と言うことですな。
看板にはなぜか10円やら5円やらの硬貨がたくさん挿さっている。願掛けだろうか?

礼文島は緯度が高いため、標高0メートルで高山植物が見れる、と言うのも特徴のようです。
残念ながら、自分が行ったのは7月だったので、シーズンは終わっていました。

その他観光で有名なのは、「愛とロマンの8時間コース」と言われている散策コース。
何が愛とロマンなのかはよく知りませんが(笑)。
8時間も歩くというのはけっこうハードな気がします。
やりませんでしたが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ