2007/5/15  11:33

独走に入る  1996〜97原付日本一周

1996年6月28日

水戸の友人宅に2日ほど世話になった。
ユーモアを忘れない中にもまじめな好人物の彼とは、思い出話や、自分のこれからのこと、共通の趣味のカメラや写真の事、仕事の悩みなど、色々話し合った。

朝10:00頃、友人と別れる。

これからが本当の一人旅の始まり。
余程の事がない限り、あらゆる事は全て自分で対処しなければならない。
これこそが自分の望むところだった。

1日目の雨で、カメラのウエストバッグのレインカバーは著しい性能不足が認められたので、友人宅に居るときに、近くのスーパーで防水スプレーを買い、ガンガンに吹きまくった。
でも、これではだめだろうな・・・

さて、ひたすら国道6号線を走った。
宿泊予定にしていた、テント場のある福島県の平(たいら)ユースホステルに行ったら、工事中・・・

仕方ないので近くの民宿に泊まった。
宿ではなんだか頭がモヤモヤしていた。

荷物のパッキングがいまいち良くない。
たった94kmしか走っていないのに、えらく疲れたなと感じる。

雨対策と言い、未熟さが露呈する。何か手を打たねば・・・
布団にもぐったら、いつの間にか眠っていた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ