2007/5/6  13:05

旅の原点@  1996〜97原付日本一周

1992年だったと思う。
必要に迫られて、原付の免許を取得した。
初めて買った原付は、ホンダDioだった。
これにした理由は特にない。
この頃は、自動車とかバイクは、事故や公害の元凶だと思って忌み嫌っていた。
本当に仕方なく乗っていたという感じだった。

しかし、心と言う物は気まぐれなものだ。
そのうち、エンジンの可能性というものに気付きはじめる。
ガソリンとオイルが入っていれば、アクセルをひねり続ける限り、どこまでも走っていけるんだという事に。
いたって単純なことだが、自分には大きな意識の変化だった。


1994年に、仕事の休みの日に何の計画もなく、道を走った事がある。
自分にとっては、この時の出来事が、後の日本一周の旅につながっていったと思っている。

雨具とコンビニのおにぎり、水筒を入れたバッグをDioのメット入れに突っ込んで、
近場の散策でもやるかと、軽い気持ちで出発。

国道17号線だったと思う。
たくさんの車、トラックにヒヤヒヤしたが、移りゆく景色の変化が楽しかった。
この時は地図を持っていなかった。
というより、地図の見方もよく知らなかった。

この道の先はどこにつながっているのだろう?という好奇心が手伝って、ひたすら走り続けた。

そのうち日が傾き始め、引き返そうか続けるか迷うが、さらに先へ進んでいく自分だった。
5〜6時間走っていただろうか。
尻が痛くなってきて、肩もこってきた。
オマケに寒くなってきた。
持参した雨具を着込み、それでもなお前に進む。

日はとうに落ち、道はトラックが多くなってきた。
夜のトラックは、飛ばしているので実に怖い。

辺りが真っ暗なので、どこを走っているのか検討がつかない。
何だか上り坂を登っているようだ。
看板を見て、ここが三国峠だと知る。
ガソリンは半分より少ない。
随分走った物だ。
体は、かなり疲れていた。
休みたいが、どうしたらよいやら考えが浮かばない。

つづく・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ