2007/5/31  20:45

日本一周回想録 北海道編 2  1996〜97原付日本一周

知床のカムイワッカに向かう途中での出来事。
土手の方を見ると、なにやらグレーのカタマリが・・・
ゴソゴソと動いています。

なんとヒグマじゃありませんか!!

大きさは巨大と言うほどでは無かったので、まだ子供だったのでしょうか?
距離は40メートルくらいだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

怖いという感じはなくて、むしろ珍しい物を見たと言う感じでした。
さすがに目の前を「ちょいとごめんよ」と通り過ぎるわけにもいかず、引き返しましたが。
たまたまカメラを持っていたので、撮りました。
この時は、望遠レンズがあったらもっと大きく撮れたのになあと、のんきに考えていましたっけ。
危険なことではありますが、貴重な体験でした。

この年は、山のえさが不足していたようで、あちこちで熊出没の看板やニュースを見かけました。
0

2007/5/29  22:09

日本一周回想録 北海道編 1  1996〜97原付日本一周

MSNの旧ブログ「★☆旅の回想とプラモ作りと★☆」に、日本一周の回想録を書いていました。

その続きをこちらで書きたいと思います。
今までは日記でしたが、今回から日付順路関係なく書きたいように書くことにします。

クリックすると元のサイズで表示します

列車食堂。
その名の通り、列車が食堂になっています。
内部は、座席の代わりにテーブルと普通のイスが並んでいます。
店構えが列車なだけで、普通の食堂です。
建物と違って、下は車輪なので、サスペンションが生きているので、人が歩くと揺れます。
ここでは丼物が売りだったので、北海道らしい物をとウニ丼など注文。
北海道に入ってカニ飯以来の贅沢メニュー。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、頼んでみたものの、自分はウニが特別好きと言うわけでもない。
いくら丼にしておけば良かったかなあとちょっと後悔。

お店の名誉の為にも言っておきます。ウニ丼美味しかったですよ。

でもイクラ丼食べたかったなあ・・・(まだ言ってる)
0

2007/5/27  21:52

教会オルガンコンサート  オルガン

昨日に引き続き、オルガン演奏会に行きました。
横須賀小川町教会のオルガンです。
今日は町でお祭りがあったので、駅から会場までは出店が並んでいて、とてもにぎやかでした。

さて、オルガンは須藤オルガン工房の作品。
透明感のある、スッキリした響きでした。
今日の演奏も椎名雄一郎さんで、偶然にも2日連続で聴くことになりました。
会場はほぼ満席。

曲の合間に椎名さんの解説があって、演奏するバッハのオルガン小曲集や北ドイツの作曲家にまつわる興味深い話を聞くことが出来ました。
オルガン小曲集がなぜ45曲のみだったのかといった話はなかなか面白かった。
解説を聞きますと、単に企画倒れだったと言えないような気がしてきます。
まあ、この辺は研究者達の探求とロマンなのかも知れません。

クーナウの「聖書ソナタ」もまとめて聴いたのは初めてで、ダビデとゴリアテの戦いの様子を音でどう描写したのかが、おぼろげながらに見えた気がします。
確かこの曲はチェンバロで演奏される事が多いようですが、オルガンの演奏も良かった。

全体として、適切なレジストレーションと洗練された演奏技術もあって、なかなか良い演奏会だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

どのジャンルでもそうですが、楽器を弾ける人はすごいなあと思います。
自分はオタマジャクシは読めませんし、楽器も何も演奏できないので、本当にうらやましいです。
0

2007/5/27  9:43

帆船のある夜景  日々雑記

先日のことですが、偶然通りかかった横須賀の浦賀港に、帆船が停泊していました。

日本を代表する大型帆船、「日本丸」と「海王丸」です。
浦賀で「咸臨丸祭り」という催し物があったそうで、そのためにここに寄港したようです。

自分が見たのは夜だったので、船体にイルミネーションが施されていて、夜の港を光で彩っておりました。

カメラを持っていたので、帆船のある夜景を撮りました。三脚を据えて・・・はいチーズ。
確か10秒位露出をかけたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

帆船なんて滅多に見れないので、ちょっと得した気分でした。
0
タグ: 写真  夜景

2007/5/26  11:28

teacup.ブログ START!信濃町教会のオルガン  オルガン

はじめまして。
風箱「かざばこ」と申します。

MSNのブログから引っ越してきました。
http://a6m2b-mkja71-11v.spaces.live.com/

容量一杯になるまで、更新していきたいと思います。よろしくお願いします。

さて、手始めは、自分の興味の対象の一つであるオルガン話など。
日本オルガン研究会という、いわゆる「パイプオルガン」が好きな人達の集うマニアックな組織がありまして、自分もその会員です。

今日はその会合でした。

東京の信濃町教会のオルガンです。
オランダのライル兄弟社というメーカーの作品。
2段の手鍵盤と1段の足鍵盤です。
礼拝堂を包み込むような、程良い音量で、心地良い音色でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

音のことを文字で表すのは難しいので、この位にしておきます。
この教会で演奏会があったら、また聴きに行きたいなと思いました。
0

2007/5/25  10:27

猫仙人(?)のシロ  1996〜97原付日本一周

1996年7月
白金温泉キャンプ場には、長らくそこに居ついているネコがいた。
Tさんの話によればその名はシロと言い、歳はなんと22歳だという。

野良で22年も生きているとは驚きだ。
うわさをしたら、シロがキャンプ場のどこからか現れた。
力なくニャーニャー鳴きながら、ヨタヨタとキャンプ場を練り歩いている。
クリックすると元のサイズで表示します

真っ白な毛だからシロか。
ふふーん。実に解りやすい。

ヨタヨタと歩くネコ仙人シロも、鳥を見ると急にシャッキリする。
獲物を狙う猫独特の低い姿勢になって、先ほどからは信じられないほど素早く動く。
Tさんと二人でその様子を眺めて、そのギャップを面白がった。

・・・あれから10年になる。さすがにシロはいないだろうな・・・
0

2007/5/24  10:31

丘の町から白金温泉キャンプ場へ  1996〜97原付日本一周

1996年7月
札幌大自然オートハウスを出発し、丘の町美瑛に向かう。
絵のような景色の広がる場所と言うのはどんなものなのかを見たかった。
まあ観光気分半分と言ったところだ。

来て見ると、まあこんなもんかなといったところか・・・
さほど感激はなかった。
すんなりとパスして、20km離れた白金温泉キャンプ場に向かう。

保養センターの風呂300円、キャンプ場は一泊200円。
唯一の難点はスーパーが無いこと。
そのため20km下の町まで下りていかなくてはならない。が、北海道にとって20kmというのは近い距離。
何しろ信号がほとんどないので、(無論町にはある)走り出すとスイスイ行っちゃう。

さて、白金キャンプ場で、旅慣れた人と出会う。
Tさんとしておこう。年が同じだったのと、とても気さくな人柄で、話しやすかったので、楽しい時間過ごせた。
Tさんは16歳の頃から北海道に旅しにきていたそうだ。筋金入りである。

驚いたことがある。
キャンプ場のゴミ捨て場だ。
焼き網とか、ジンギスカン鍋とか明らかに1回しか使っていないのに捨ててあるのだ。
Tさんは
「これ洗えば使えるねえ」
と言ってひょいと鉄板を取り出した。
夜はそれを使って一緒に焼肉をやった。
外で食べると美味い。
腹いっぱい食った。
クリックすると元のサイズで表示します

何するわけでもないのだが、こんな時間が本当に楽しい。
0

2007/5/23  10:35

でっかい焚き火  1996〜97原付日本一周

1996年7月
ライダーハウスに連泊をする。
ライダーハウスの中。
クリックすると元のサイズで表示します

長い人は半年近くも居て、ここからアルバイトに通ったりして、生活費を稼いでいるらしい。
自分はそこまでやる気はないが、こんな生活もあるんだなと感じた。
ライダーハウスの前は廃材置き場になっていて、薪には困らない。

この日の夜、オヤジが来て、この廃材の山の一つに火をつけた。
ものすごいでっかい焚き火だ。

「そりゃ〜!でっけえクリスマスツリーだー!!」
「このまま山を一つ燃やしちまえ!!」

大声ではしゃぐオヤジが面白い。
しかしオヤジにとっては今の焚き火は小さいらしい。え〜!?
前に、物凄い大きい焚き火をして、電線を燃やした事があったといっていた。
呆れるやら感心するやら。

誰かがこの焚き火にいたずらで、空になったキャンプ用のガス缶を放り込んだ。
うわ〜なんてことするんだ!
数分後、ボン!!という鈍い音がした。
缶が破裂したらしい。

ちょっと怖かったが、缶を火に付けたらどうなるかがわかったので良い体験ではあった。
まあ、自分から進んでやりたいとは思わないが・・・

焚き火を前にして皆好き勝手にワイワイやりながら夜は更ける。
北海道だと7月でも夜はけっこう冷える。
まだ数人がワイワイやっていたが、自分は寒くなってきたので部屋に戻り、シュラフにもぐりこむ。
こうして、盛大な焚き火の夜は終わった。
0

2007/5/22  10:42

札幌のライダーハウスに泊まる  1996〜97原付日本一周

1996年7月
支笏湖を一周して次に向かうは札幌。
ここから50km位の距離。
そのため樽前荘を出たのは昼過ぎ。

サッポロ大自然オートハウスというライダーハウスに向かっていた。
国道230号線札幌駅を背にして走る。
つりぼり」という看板が乱立している上り坂を登っていく。
荷物満載の50ccにはちとつらい。
すると左に大屋根のログハウスが見えてきた。
ペンキで殴り書きのように描かれた場所案内。入り口のオヤジの顔の落書き。
鹿の剥製の顔がヌッと待ち構える。

中は真ん中に階段、右には壊れたコインロッカー、壁には所狭しと落書き。
自分の心中はややたじろぎ気味であった。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらくじっとしていると、青いJOGに乗ったおやじが来た。ここのオーナーさんらしい。
まずは五右衛門風呂に入れという。
では後で入れさせてもらおうと思っていたら、オヤジさんがとっとと火をつけてしまった。
よほど入ってほしいらしい。
火のつけ方を教えてくれた。
見事な火付けだった。雑誌を破いたやつと、ちょっとした木っ端で、あっというまにメラメラと燃え出した。

「まあ、20分もすればいい湯加減になっからな。」

そして水周りやドラム缶のカマドなど、どれも自由に使って良いとのこと。
水道は常に流しっぱなしだった。

「こいつはとめるな。止ちまうと川からひいたパイプの継ぎ目がおっぱずれちまうんでな。」

川から引いた水?

エキノコックスは大丈夫なのかな?と心配になるが。
「大丈夫だぁ。おれぁここの水をずっと飲んでいるが、この通りぴんぴんしとる。」

カマドにも火をいれてくれたので、米でも炊くかとコッヘルと米を出す。
その前にちょうど良い湯加減になった五右衛門風呂に入る。
こんな風呂釜に入るの生まれて初めてだ。
親から聞いたことはあったが、これがそうだったのか。
浮いているスノコを踏み、沈めて入る。
感激である。

夜は他の泊まり客と一緒に焚き火を囲み、オヤジさんの面白い話を聞く。
キャンプ場情報や、ライダーハウス情報、札幌、小樽情報などを聞く。

ここ、なかなか気に入った。一泊800円は安いなあと思った。
0

2007/5/21  10:53

ニセコから支笏湖へ  1996〜97原付日本一周

1996年7月

ペンション街にあるこのライダーハウス。
ペンション「ミルキーハウス」が経営していた。
ペンションで受付を済ませる。1泊1000円。
部屋の前には広いベランダもある。丘のような感じの所にあるので、とにかく見晴らしが良かった。
有線放送も聴け、函館のライダーハウスとはまた違った特徴があった。

このライダーハウスから5~6キロ離れた所に薬師温泉という温泉がある。
夕食の後で入りに行く。宿泊施設もあるがもちろん日帰り入浴もできる。
入浴料は300円。
鉄鉱泉なので、浴場は赤錆のようになっている。
お湯はちょっとぬるめだったが、ひなびた感じの良い所だった。

居心地の良いライダーハウスだったので、翌日の出発は昼過ぎになった。
次の行き先は支笏湖。さらばニセコよ。

支笏湖までの道は、ひたすら畑の景色が続き、その後は谷と登り坂と峠だった。
美笛峠にある道の駅「フォーレスト276」は世界最大のログハウスらしい。

室内にはコンピュータ制御の自動演奏ピアノが鳴っていた。
誰もいないのに鍵盤がピョコピョコ動いているのはちょっと不気味ではあったが、演奏はうまい。(笑)

さて、そこを過ぎると下り坂となる。
10分位走ったら湖が見えた。どうやら支笏湖らしい。
湖を左に見ながらひたすら走る。
カルデラ湖ということだが、なんと大きいことか。

「モーラップキャンプ場」の看板が見えたので、そこを入るとすぐ先にそれと分かる場所が見えた。
キャンプ場の手前にライダーハウス「樽前荘」があった。
珍しい町営のライダーハウスだ。

感じの良いおばあちゃんにあいさつして受付を済ませる。
1階は売店とシャワー室。
ギーギーいう階段を上がると、廊下を挟んで左右に部屋がある。

廊下の奥はテレビのある縁側になっている。
自分は5番の部屋に入る。
隣の部屋とは襖で仕切られているだけの和室だ。
シーズンになると、にぎやかになるのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
(これは樽前荘の旧舎。現在は新しくなっています)

午後18:00過ぎ、腹が減ってきたので、外にある別の食堂でラーメンを食べ、頭痛薬を飲む。

前日の疲れのせいか、朝から頭が痛かった。
ライダーハウスに戻り、100円のシャワーを浴びる。
蛇口をひねると、蒸気機関車のようなけたたましい音とともに湯が出てくる。
止めると、今度は水道管がうなってボイラーが止まる。

午後21:00過ぎにはシュラフにもぐり、とっとと寝た。
0

2007/5/20  10:59

ニセコに行く  1996〜97原付日本一周

1996年7月

土砂降りで散々な目にあった東大沼キャンプ場を後に、新天地を目指してベンリイ号と共に走る。
地図でニセコ町を探し、そこに向かうことにした。
毎週土曜に走行展示しているというC62 3号機が目当てである。

当初は曇りがちだったが、北上するにつれ天気が良くなってきた。
途中、長万部でカニ飯を食べる。
道路沿いに「カニ飯」の看板が立ち並んでいる所があって、ならば食ってみようじゃないかというわけだ。

しかし1000円払った割には感激は薄い。
所詮はドライブインの飯なのか?
カニ飯街道長万部と聞いたが?いや、たまたま入った店が悪かったのだろう、と言い聞かせることにする。

とっとと立ち去り、さらに北上を続ける。
北海道は道が広い。
そのため車もよう飛ばす。ペースが上がり勝ちになるがこっちは原付。
おさえておさえて。
現に、ねずみとりがレーダーで待ち構えている事もあった。

さて、さらに走ると前方に存在感のある山が見えてきた。
羊蹄山だった。
さすがエゾ富士と言われているだけのことはある。美しいシルエットの山だ。
いつかきっと登ってやる。(その後1998年に登りました。その話はまたいつか・・)

ニセコ駅についたがどうも様子が変だ。
シロク二(C62の愛称)の姿が見えない。
観光案内所のお姉さんに聞いたら、もう走っていないという。

ええ〜!?

なんと、1995年の11月20日を最後に中止になってしまったそうだ。
蒸気機関車は、一回走らせるのに膨大な費用がかかってしまうのだそうだ。
札幌の隣の駅苗穂の機関庫で休んでいるらしい。
残念だがこれが現実とあきらめる。
クリックすると元のサイズで表示します

ニセコの町はけっこう起伏が激しい。
荷物満載のベンリイ号にはきつい登り坂だ。
冬は良質な雪が積もるためスキーなどでにぎわうらしい。
そのため、ペンションが立ち並んでいる。
その中にライダーハウスの看板があったので、今日の宿泊場所とした。
0

2007/5/19  11:02

東大沼でテント泊  1996〜97原付日本一周

1996年7月

函館から北海道に入ってまず宿泊する場所は、函館のライダーハウスか、東大沼キャンプ場ということらしい。
ライダーハウスに泊まった翌日、天気は曇りだったが、その東大沼とやらに行くことにした。
実は家を出発してから、一泊もテント泊をしていなかった。

程なくして東大沼キャンプ場に到着。
テントを張るが、新品を買ってろくに使っていなかったので、けっこう手間取った。

ダンロップ製で、ツーリング用に開発された、フライシートがとても大きいテントだ。
自転車も収納できるくらいの前室が売り。
雨の日なら調理も可能になるかも、という淡い期待のもとに熟慮の末購入したものだ。

やっとこさ張り終えたと思ったら、土砂降りの雨。
北海道には梅雨がないという話のはずだが?
フライシートの縫い目からはポタリポタリと雨が漏ってくるし・・・
新品で買ったのになあ。

初日のテント泊がこれである。
先が思いやられる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ