2008/3/31  23:42


ある日の夜、夕食を終えてから、Uさんを呼んで、二人で西の浜に行った。

そして、Uさんに自分の思いを打ち明けた。
好きになったこと。心の苦しみのこと。つきあいたいこと。ずっと考えていたことを、自分自身に語るようにUさんに話した。


ダメだった・・・


Uさんにとって、僕は、キビ刈りで知り合ったよき仲間であり、そして、道は違っても、挫折と喜びと悩みを経験した者同士と言う事だった。

とにかく自分の気持ちは全て打ち明けた。
ダメだったにしても、良い友達としての付き会いが始まった事になった。
Uさんも喜んで受け入れてくれた。そして握手をした。

「Kくんは十分に良いものを持っているよ。あまり自分を責めないで、『ダメだ、ダメだ』と言わないほうがいいよ。そう言う事が心にどんどん溜まってきて、本当にダメになってしまうから・・・」
と言うのが、僕の一番心に残る言葉だった。

そうか、そうだったのか。
古い劣等感を捨てて、もう少しのびのび生きてもいいのかな?と感じている。

寮に帰り、T君に言った。
彼は残念そうに僕を見ていた。

スッキリしたが、でもフラれるというのはやっぱりつらい。

いまはポッカリと穴が開いたような感じがして、苦しさが残る。
ま、いずれこの傷も癒えるだろう。



翌日、昨夜の事が強烈にブリっかえしてきて、飯ものどを通らなかった。
フラれたと言う事がものすごくつらくて、悲しくて涙が自然に出てきてしまった。
どうしようもないので、テーブルから外れて、自分の寝床に行って落ち着くまで泣き崩れた。

この日は働いた。目一杯働いた。
そうすれば吹っ切れるかもしれないと思ったから。

キビを倒し、葉っぱを取り、キビを積み上げるこのキツイ作業を夢中でやっているうちに、気が楽になってきた。
T君が心配そうに、しかし、どこか面白そうに
「だいじょうぶッスか〜?」
と聞いてきた。
「今はダメ。落ち着くまでもう少し時間がかかりそうだよ。」
と言っておく。

苦しい。苦しいんだけど、言って結果が出たから楽になった。
残念だったけど、でもいいじゃないか。
自分にとって大きく前進できたじゃないか。
0
タグ: 沖縄  キビ刈り



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ