2008/3/21  11:06

1997年を迎える  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年平成9年
近くにテントを張っている、自分と同い年のK君に起こされ、最南端の高那崎へ初日の出を見に行った。
天気はイマイチだったが、太陽の出るところはかろうじて雲が切れていた。
クリックすると元のサイズで表示します

「最南端の島で、初日の出か・・・」

こんな所で、正月を迎えるなんて想像しただろうか。
1ヶ月前まで、ここにくる事すら想定していなかったのだから。
良いのか悪いのかと言うのは、全く野暮な疑問だろう。

とにかく、どんなにつらくとも、ここで金を稼ぎ、無事家に帰ることだ。
そして、旅する者として、豊かな時間を過ごす事。
これが今自分にできる事だ。

太陽が上がってから、高那崎でのんびりした。
岩はすべて珊瑚の化石で、エッジが立っているので、転んだら怪我をする。
クリックすると元のサイズで表示します

険しい崖に荒々しく波がぶつかり、飛沫となって砕け散る。
釣り好きの人には、絶好のポイントだそうで、大物が釣れるらしい。

そして最南端の碑の前で。
右のが古くからある碑で、左の日の丸入りは、後にどこかの団体が設置したらしい。
クリックすると元のサイズで表示します


テント場に戻ると、キビ刈りのアルバイトでお世話になるOMさんが来た。
これから海に潜るので来るか?という誘い。

自分は泳げないので断った。
K君が付いていく事になった。
浜から、彼らが獲っているのを見ていた。

しばらくしたら戻っきた。
K君が「やったゾー!!」と言って、大きなタコを持ち上げて見せてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します

水ダコと言うらしく、大きさは120cmくらい、5kgはあっただろう。
この他にも貝とかたくさん獲れていた。
これらを炭火で焼き、醤油をたらして食べた。
クリックすると元のサイズで表示します

シャコ貝もあった。
すし屋だったらいったいいくらするのだろう?
貝柱はとても美味しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

缶詰やインスタント食品ばかりだったので、こういった新鮮な魚介類は、とても贅沢な御馳走だ。
OMさんK君、どうもありがとう。
0
タグ: 沖縄 一人旅 波照間



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ