2008/2/19  0:14


思い出の地、宮崎市内に入った。
1993年以来で1996年当時、3年振りの訪問だった。

見慣れた町並みが懐かしい。
駅前はかなり整備も進んだ。
懐かしくて、懐かしくて胸がいっぱいだった。

思い出す限りのありったけの場所を回った。
約半年の滞在中に住んでいた、タイヤ屋さんの2階の家。
広島通りにある、ゼロ戦のカウリングが目印の模型屋「とやま」。
クリックすると元のサイズで表示します

滞在中に遊びに来てくれた友人が泊まった旅館。

若草通り、ボンベルタ橘、寿屋、サンリブ、ジョイフル、
もう一件の模型屋「ホビーショップ宮崎」etc...

ほとんど変わっていなかったが、無くなった店もあった。
何度か通った銭湯は、駐車場になっていた。
当時潰れかけていたコンビニは、案の定潰れていた。

自分が滞在中、よく現像に出していた店も、携帯電話の店に姿を変えていた。
セルラーショップがやたら目に付く。
携帯電話なんざこっちには無縁だね。
(しかし、この数年後、自分も携帯電話を持つようになるとは・・・)

市内にあった南海部品は健在で、店に入ってみた。
パンクで使い果たしていた、ゴムのパッチを買った。

最後に、絶対外せない場所。

宮崎県立芸術劇場

今のところ、人生の中で最も強烈な体験だった思い出の場所。
本当は中に入ってホールの大オルガンを拝みたかったのだが・・・
芝生の広場で、どうしようか非常に悩んだ。
クリックすると元のサイズで表示します

「こんな薄汚い格好では、門前払いがオチかな・・・」

結局あきらめた。
本当に残念だったが。

宮崎芸術劇場の大オルガンには、とても思い入れがある。
これについては、また次回書きましょう。

さて、宮崎市内で宿が取れたらもっとゆっくりと見れたのにな。残念だが仕方無い。
大淀川の河原にテントを張っても良かったが、銭湯が潰れてしまっていた為、風呂にありつきたいので、さらに前へ進む事にした。

青島まで行くのが良いところだろう。
飛び込みは嫌がられるのだが、青島のユースホステルに泊まる事にした。

ともかく風呂にありつき、部屋で地図を眺める。
次の行路は都井岬に鹿屋・・・はむりかなー。
ああ、金がほしい。

どっちにしろあと少しで鹿児島だ、そして沖縄への可能性が見えてくる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ