2008/1/9  22:11


高校の時に修学旅行で山口を訪れて以来、久しぶりの訪問。

カルスト地形の津和野も久しぶり。
羊が草原に点在しているように見えるカルスト地形は、不思議な眺めだった。

クリックすると元のサイズで表示します

秋吉台の駐車場で休憩していると、4人のライダーが来た。
何でも皆北海道で知り合って、夏はシャケバイをした仲だそうな。
今回は九州まで行くとの事。
クリックすると元のサイズで表示します

とても明るくて爽やかな人達だった。
束の間の出会い。

この後、ここも以前訪れた秋芳洞に再び来て見たものの・・・
入場料が1240円と高かったのであきらめる。
修学旅行の時は集団で入ったから分からなかったが、けっこう高かったのね。

夕方、菊川温泉「華陽」にて風呂にありつく。
冷え切った体には良く効いた。

この当時季節は11月も半ばで、バイクで走るのはけっこう寒い。
夕方には時計の温度計は8.0℃を表示していた。

河原にテントを張り、シュラフの足先の方にカイロを放り込む。
自分は足先が冷えると眠れなくなってしまうから。

日が落ちるとさらに気温が下がる。
6.8℃まで下がった。

夕食が済んで、シュラフにもぐりこんでしばらくしたら、パトロールの警官が職質してきた。
旅行中だというと、特に疑うでもなく難なくパス。

「んじゃ、ま、気を付けて。」

と、あっさりしたものだった。


さてさて、本州の端っこまで来た。
九州までもうすぐだ。
冬が来る前に、南に行きたいという気持ちだった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ