ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
旅の終わりはスペーシア  只今、旅行中

鬼怒川温泉駅で

クリックすると元のサイズで表示します

レンタカーを返却。

ここからは特急きぬ号で帰るだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

月曜日なので、鬼怒川温泉駅も車内も空いています。

クリックすると元のサイズで表示します

鬼怒川の眺めや

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大桑駅で

クリックすると元のサイズで表示します

SL大樹と行き違いながら、

クリックすると元のサイズで表示します

下今市駅に停車。

クリックすると元のサイズで表示します

日光線に入るとスピードが上がりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

酔うスピードも上がり、

クリックすると元のサイズで表示します

車で臨機応変に動けるのもいいけど、飲み鉄はもっといいなあという帰り道です。

相変わらず、呼びかけばかり、しかも訴える順番すら間違った都知事のもと、まん防適用の初日となりましたがとりあえず、いいリフレッシュが出来ました。

0

本日も立ち寄り湯  只今、旅行中

宿を出て、昨日来た道を引き返して、野岩鉄道の湯西川温泉駅であり、道の駅であるこちらの

クリックすると元のサイズで表示します

湯の郷にて

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

何回も来ている私のお気に入りの温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯と露天風呂がある

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂の造りは普通ですし、

クリックすると元のサイズで表示します

特徴があるお湯というわけではありませんが、私的には好きなお湯です。

30分くらい、ゆったりしてレンタカー返却場所の鬼怒川温泉駅に向かうのでした。
0

川治温泉を出発  只今、旅行中

こんな夜景だった

クリックすると元のサイズで表示します

川治温泉。

朝お部屋の温泉にも入りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場にも行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は女湯であった大浴場で、こちらの方がいい雰囲気でした。

板室温泉に続いて、川治温泉でもアルカリ性単純温泉を満喫しました。

鬼怒川、伊豆下田に続いて川治のリブマックスリゾート。

3箇所の中では一番良かったような気がします。

川治温泉を出発します。
0

川治温泉に宿泊  只今、旅行中

国道400号線から会津西街道に入り、三寄、

クリックすると元のサイズで表示します

湯西川を過ぎて、

クリックすると元のサイズで表示します

川治温泉へ。

クリックすると元のサイズで表示します

公衆浴場の薬師の湯に数回、柏屋に一回立ち寄り湯し、登隆館、白井屋と二回宿泊した事がある川治温泉に三回目の宿泊をします。

今回の宿は、

クリックすると元のサイズで表示します

元々は、源泉の宿らんりょうであった、

クリックすると元のサイズで表示します

リブマックスリゾート川治です。

全72室の大きな宿ですが、鬼怒川、伊豆下田と過去2回宿泊したこのホテルチェーンの特徴である部屋に温泉付きお風呂がありながら、お手頃価格が選択の理由です。

大きなフロント、

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーから、お部屋に向かうと、

クリックすると元のサイズで表示します

川治温泉のお湯が楽しめる

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂があります。

更に

クリックすると元のサイズで表示します

洗面兼用のユニットバス風の浴室があり、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも温泉のようで、豊富な自家源泉を持つだけはあります。

お部屋もまあ広さが担保されています。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず大浴場にも行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

この時間、男湯は

クリックすると元のサイズで表示します

こんなお風呂でした。

クリックすると元のサイズで表示します

広々しているし、5、6人しかいないので、まあ寛げますし、お湯使いも悪くありません。

素泊まりプランなので、早めにホテル近くのラーメン屋で、

クリックすると元のサイズで表示します

ロースラーメンの夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

和風ラーメンというだけあって、あっさりですが美味しいラーメンでした。

食後は温泉街を少しお散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

倒産した大型旅館が散見され、寂しさを感じさせる光景もありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

手が加えられている場所も

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あり、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の力はあるので、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

再生して欲しい温泉街です。

肉屋さんで買った

クリックすると元のサイズで表示します

コロッケをつまみに

クリックすると元のサイズで表示します

部屋飲みすると、

クリックすると元のサイズで表示します

いい気分になってくるのでした。

昨日までと比べると格段に狭くはなりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋で温泉を満喫することにします。
0

立ち寄り湯〜塩原元湯温泉 ゑびす屋〜  只今、旅行中

行きは黒磯駅に迎えに来ていただきましたが、帰りは那須塩原駅まで送っていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線には乗らず、レンタカーを借りて国道400号線を西へ向かいます。

この道、11の温泉地が国道沿い、箒川沿いに点在する塩原温泉郷ルートです。

クリックすると元のサイズで表示します

これまで、福渡と門前以外は宿泊もしくは立ち寄り湯したことがあるのですが、車で走っていくと混んでいそうだったり、日帰りを受け付けていない宿だったりでどんどん通過していきます。

今回も福渡、門前温泉には入らず、そこで久しぶりの元湯温泉に行ってみることにしました。

国道から左折して、狭い山道をくねくね走り、まずは大出館に着くと、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰りは本日していません。

そこから少し山道を走り、元泉館と2軒並ぶゑびす屋さんに、

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代までは隆盛を極めた塩原温泉発祥の地でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

大災害で現在は山中の秘湯風情となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

塩原最古の梶原の湯はぬるめ、間欠泉の弘法の湯は熱めで、どちらも白濁硫黄泉で、いいお湯です。

狭い木造浴室に5人くらいいましたが、いい立ち寄り湯となりました。
0




AutoPage最新お知らせ