ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2日目の筈だったのに  只今、旅行中

宿をチェックアウトすると、白骨温泉街へ。

クリックすると元のサイズで表示します

街と言っても、

クリックすると元のサイズで表示します

宿が数軒集まった山中の秘湯風情です。

クリックすると元のサイズで表示します

泡の湯に満足しきっていたので、立ち寄り湯はせずに、白骨温泉を後にします。

安房峠を長いトンネルで抜けて、長野県から岐阜県に入り、奥飛騨温泉郷へ。

平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高と大きく言うと五つの温泉地があり、約170の露天風呂があるそうです。

新穂高温泉には来ましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

まずは温泉ではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

ロープウェイに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

結構高額な往復チケットを買い、足湯につかり、

クリックすると元のサイズで表示します

飛騨牛串焼きを食べてから、まずはこんなゴンドラに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

ぐんぐん上昇して、

クリックすると元のサイズで表示します

4分くらいで鍋平高原に到着し、隣接するしらかば平からは、

クリックすると元のサイズで表示します

日本で唯一の二階建ゴンドラに乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

西穂高口駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の上の展望台から、

クリックすると元のサイズで表示します

しばし眺めを楽しんで、麓まで戻りました。

空中散歩の後は、温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

秘湯を守る会の槍見館にて立ち寄り湯します。

500円で、槍見の湯と、

クリックすると元のサイズで表示します

まんてんの湯に入れますから、

クリックすると元のサイズで表示します

ありがたいことです。

朝食の時、泡の湯の若女将(多分)に、平湯温泉に行くと言ったら、昼食に勧められた「奈賀瀬」という新平湯温泉にある食堂にて、昼食とします。

勧められたとおり、もつ鍋にしたら、

クリックすると元のサイズで表示します

なんとも美味しい!

更に勧められたラーメンも、

クリックすると元のサイズで表示します

絶品なのでした。

そのあとは、福地温泉へ。

15年ぶりくらいで、3回くらい行った事がありますが、その時に入らなかった公衆浴場である「石動の湯」に

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯。

以前行った印象と違い、

クリックすると元のサイズで表示します

茶褐色の、

クリックすると元のサイズで表示します

いい温泉でした。

そして、平湯温泉へ。

クリックすると元のサイズで表示します

「ひらゆの森」という大型日帰り施設です。

本来は立ち寄り湯ではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

囲炉裏と

クリックすると元のサイズで表示します

ロフトと、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉風呂がある、

クリックすると元のサイズで表示します

コテージに泊まる筈でした。

ところが、2週間前になり仕事でどうしても月曜日が休めなくなり、私だけが今日帰ることになり、宿泊料金は払い、キャンセルにはしなかったので、宿泊者専用内風呂から、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り客が沢山いる露天風呂には入りました。

平湯温泉バスターミナルから、

クリックすると元のサイズで表示します

特急松本駅行きのバスに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉おやじ達とお別れです。

新宿行きの高速バスも同じ時間帯にありますが、新宿到着時刻は変わらず、値段も2000円ほど高くなりますが、松本から、あずさ号に乗ることにしたのは、こ鉄であり、狭いバスに四時間乗りたくないからという理由です。

更に寄り道して、途中の新島々で降りて、

クリックすると元のサイズで表示します

アルピコ交通が正式名称も、社名変更前の松本電鉄の方がとおりやすい上高地線に乗ります。

もう一駅先にあるも廃止になった島々駅舎が、保存されていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

リバイバル塗装電車が駅にいて、

クリックすると元のサイズで表示します

下がるテンションを、こ鉄的にフォロー?

クリックすると元のサイズで表示します

走り出して、すぐ暗くなってしまいましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほどローカル線気分を味わい、松本駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

締めは、あずさ号です。

クリックすると元のサイズで表示します

日付けが変わる前に帰宅できました。

実に久々の白骨温泉と奥飛騨温泉郷の旅は温泉、食べ物ととても良かったです。

ただ明日、予定では、富山駅に抜けて、駅近くで美味いご飯を食べて、酒を飲んでという筈だったのに、というのが残念です。
1


6時半に起きて、お風呂に行くと誰もいません。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気はいいのですが、内湯でゆっくり。

朝食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉粥に満足。

クリックすると元のサイズで表示します

泊まってよかったという

クリックすると元のサイズで表示します

宿でした。

クリックすると元のサイズで表示します

1

宿にて  只今、旅行中

風呂に入り、夕食を食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

追加注文の馬刺しを食べているうちに

クリックすると元のサイズで表示します

酔っ払い、料理の写真はここまでしかなく、でも宿のカラオケルームで2時間騒ぎ、1時間くらい入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

38℃加温なしかけ流し浴槽の泡付きに感動。

充実のおやじ温泉旅初日なのでした。
1

昼食をとり宿へ  只今、旅行中

松本駅からはレンタカーです。

松本電鉄上高地線の波田駅から3、4キロほど走った果樹園の中にポツリとあるお蕎麦屋さんで、

クリックすると元のサイズで表示します

昼食です。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで始まり、肝心な蕎麦の写真を撮り忘れましたが、うまかったです。

結構出来上がりながら、

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅に寄るくらいで、白骨温泉の宿へ。

まずは、一風呂へ。

クリックすると元のサイズで表示します

宿の有名な露天風呂よりも、

クリックすると元のサイズで表示します

内風呂の方が泡付きがあり、いいかな。

以前立ち寄り湯したことがありますが、宿泊となるとテンションが上がります。
2

久々のおやじ温泉旅に出発  只今、旅行中

6時半に家を出て、五人が集合。

新宿から、あずさ号に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

2分前の8時ちょうど発のあずさ号比較すると、四駅余計に停車するだけなのに、所要時間は41分も余計にかかる臨時列車のあずさ号なので、とても空いています。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

夜まで持つのでしょう?
2




AutoPage最新お知らせ