ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
鉄分補充の日帰り温泉  只今、旅行中

昨日は家で静養し、ようやく風邪は治ってきた感じ。

今朝4時半過ぎに目が覚めてしまったので、早起き日帰り温泉に行くことにしました。

いつもなら、朝6時半営業開始の百観音温泉に行くところですが、二週間前に百観音方面の行田に行ったばかりであり、今日は寄り道こ鉄をして、温泉に行くことにしました。

まだお月様がきれいに浮かぶ

クリックすると元のサイズで表示します

五時半くらいに自宅を出発し、常磐線各駅停車で、我孫子まで乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

快速取手行きに乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

明るくなってきて、利根川を渡り茨城県に入って、取手駅で常磐線とお別れ。

こんな切符を買って、

クリックすると元のサイズで表示します

取手ー下館51.1キロの関東鉄道常総線に乗ることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

電化されていない路線なのでディーゼルカーが走り、2両編成の下館行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

朝日を浴びながら、

クリックすると元のサイズで表示します

ディーゼルエンジン音を聞きながらという列車に乗っていると、旅気分です。

つくばエクスプレスの乗り換え駅守谷駅でほとんどの人が降り、30分ほど乗った水海道駅で下館行きとなっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

1両のディーゼルカーに、

クリックすると元のサイズで表示します

乗り換えとなりますか、10人くらいしか乗っていないので、空いている状態。

クリックすると元のサイズで表示します

筑波山を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

列車に揺られているのは、至福の時間です。

縁起が良さげな駅名が気になっていた大宝駅で、

クリックすると元のサイズで表示します

急に思いだって降りてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

フリー切符ならではの途中下車です。

無人駅ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

小ぶりですがきれいな駅舎がたたずむ雰囲気はいいですね。

次の列車まで30分ほどあるので、駅周辺をお散歩してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

城跡とは思えない道端の標識の横を少し坂を上ると、大宝神社が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

造りが立派なだけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

由緒ある神社のようです。

そして、神社のあたりが城でもあったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

この季節なので菊の花の展示が

クリックすると元のサイズで表示します

あるだけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

相撲の土俵があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

神楽殿があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか本格的な神社です。

クリックすると元のサイズで表示します

君が代の詞にあるさざれ石や、

クリックすると元のサイズで表示します

おがたまの木が説明板と一緒にあるので、勉強になりました。

神社では見ない

クリックすると元のサイズで表示します

鐘があっても由緒がきちんと説明されていて、大宝という名前に惹かれて来てみただけでしたが、思いかけず素晴らしい参拝となりました。

再び大宝駅から各駅停車の1両のディーゼルカーで、

クリックすると元のサイズで表示します

下館駅まで行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

乗ってきた常総線以外に、JR水戸線、真岡鉄道が

クリックすると元のサイズで表示します

集まる駅ですが、折り返しの快速守谷行きで

クリックすると元のサイズで表示します

引き返します。

途中、下妻、石下だけ停車し、10駅通過で水海道駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

各駅停車の取手行きに乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

快速通過駅の小絹駅で

クリックすると元のサイズで表示します

下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄分補充は充分出来たので、

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは温泉です。

国道を歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

鬼怒川を渡り、20分ほどで、

クリックすると元のサイズで表示します

きぬの湯に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

PH7.9、源泉温泉40.5℃、ナトリウムー塩化物泉が、掛け流しされる浴槽が内湯で一つ、露天風呂に三つあります。

他にも加温循環されたり、炭酸泉の浴槽もありますが、掛け流し浴槽だけ全部で40分ほど漬かりました。

ぬるめで長湯できるし、絹のような優しい浴感なので、じっくり漬かれました。

湯上りは、

クリックすると元のサイズで表示します

一週間ぶりのビールに、

クリックすると元のサイズで表示します

常陸牛の串焼きに、つくば美豚の豚カツと、

クリックすると元のサイズで表示します

昼食にも満足。

また20分ほど歩いて小絹駅に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

取手駅へ、そして常総線で

クリックすると元のサイズで表示します

8時間ほどの日帰り温泉旅はおしまい。

これで風邪が完治すれば、言うことなしです。
2

あっという間におしまいですが  只今、旅行中

今朝も大浴場で朝風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の温泉露天風呂にも入って、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉はたっぷり堪能できましたが、いつもの事ながら楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

行田市駅までは3キロほど、バスが走っていますが、帰りもお散歩がてら歩いていきます。

歴史を感じさせる造り酒屋があり、

クリックすると元のサイズで表示します

お詣りした

クリックすると元のサイズで表示します

天満宮にも

クリックすると元のサイズで表示します

歴史があり、

クリックすると元のサイズで表示します

きれいにされている蔵にも

クリックすると元のサイズで表示します

歴史があり、

クリックすると元のサイズで表示します

楽しいお散歩です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年4月には外から見るだけであった

クリックすると元のサイズで表示します

忍城に入ってみます。

ちょうど、忍城甲冑おもてなし隊の演舞が始まり、

クリックすると元のサイズで表示します

本物の甲冑、刀より軽いはずですが、間近で見ると迫力があるのに驚いてしまうのでした。

演舞が終わると、気さくな方たちで観光情報を教えていただいたりするのでした。

本丸内にある

クリックすると元のサイズで表示します

行田市郷土博物館に入ってみます。

200円の入館料ですが、古墳、戦国時代、江戸時代、近代と時々の行田について、きちんとした展示がされていました。

さらに歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは土日だけの開館なので、建物を外から眺めただけで、昨日偶然手にしたパンフレットで

クリックすると元のサイズで表示します

気になったこちらのお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

行田古代米カレーなる

クリックすると元のサイズで表示します

前方後円墳の形に古代米が盛り付けられたカレーの昼食。

私的にはとても美味しかったです。

という事で、気分が良くなり、

クリックすると元のサイズで表示します

蔵を使った無料の

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージアムに入ってしまいます。

結構観光案内のパンフレットが充実で、旅の最初に寄るべきでした。

足袋が販売されていて、せっかく足袋の街に来たのだから購入しようとしたら、サイズが合わず。

商工会館でも販売しているとのことで、行ってみると柄とサイズのお気に入りが見つかり購入する事ができました。

商工会館の売店なので、足袋を使って町おこしをしようとする話が聞けて、これまた良かったのでした。

4時間ほど観光して、

クリックすると元のサイズで表示します

年季の入った行田市駅から乗った電車は、

クリックすると元のサイズで表示します

ラグビーワールドカップのラッピング電車。

クリックすると元のサイズで表示します

今しか見られない電車でした。

羽生からは各駅停車

クリックすると元のサイズで表示します

久喜で急行に乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

と、こ鉄的には見所がないまま帰宅ですが、近場でありながら充実の小旅行でした。

1

連泊中日  只今、旅行中

昨夜のラグビーワールドカップ決勝戦で、南アフリカの強さを感じた翌朝。

8時頃、大浴場へ。

茂美の湯は、10〜23時の営業時間ですが、宿泊者は7時から入浴できます。

全23室なので、空いている状態で、

クリックすると元のサイズで表示します

広くて

クリックすると元のサイズで表示します

色々な

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂がある

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂を

クリックすると元のサイズで表示します

満喫できるのは、ありがたいです。

昨日昼間に入った時は混んでいたし、塩素臭が結構しましたが、今朝は塩素臭もなく大満足なのでした。

お部屋の風呂は小ぶりではあっても塩素臭がなく、重曹泉ならではの柔らかな浴感を楽しめるので、この朝風呂はいいボーナスです。

ホテルの向かいにはセブンイレブンがあり、そこで買ったサンドイッチを食べ、二度寝。

13時頃に外に出ます。

向かったのはホテルのすぐ横にある、

クリックすると元のサイズで表示します

10基の古墳がある

クリックすると元のサイズで表示します

さいたま古墳公園です。

まずは

クリックすると元のサイズで表示します

さきたま史跡博物館に

クリックすると元のサイズで表示します

200円払って入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

国宝の銅剣は撮影できませんでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

出土品などの

クリックすると元のサイズで表示します

展示を見るのは

クリックすると元のサイズで表示します

案外楽しいものです。

6基の古墳を見ました。

@瓦塚古墳

クリックすると元のサイズで表示します

古墳と言われないと気付かないかも。

A二子山古墳

昼食を食べた

クリックすると元のサイズで表示します

さんぽ道というお店から

クリックすると元のサイズで表示します

よく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

古墳を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

行田名物ゼリーフライを食べるというのもいい体験です。

B愛宕山古墳

クリックすると元のサイズで表示します

これまた案内板がなければ気付かないだろうなあ。

C丸墓山古墳

クリックすると元のサイズで表示します

忽然と現れた標高19mの小山という外観。

1580年豊臣氏の関東征伐で、忍城の成田氏を豊臣方の石田三成が攻めた際に本陣を置いたのも納得。

登ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

忍城を

クリックすると元のサイズで表示します

見下ろせます。

クリックすると元のサイズで表示します

国内最大の円墳というだけのことはあります。

しかも横の古墳を

クリックすると元のサイズで表示します

見下ろせるのもいいですね。

D稲荷山古墳

クリックすると元のサイズで表示します

歴史的な発見となる銅剣が埋葬されていた古墳。

前方部は取り崩されたものを復元したそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

本当に古墳というのは、パッと見ではわからないからなあ。

E将軍山古墳

クリックすると元のサイズで表示します

レプリカ埴輪が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します

古墳で、古墳内に

クリックすると元のサイズで表示します

資料館があり、

クリックすると元のサイズで表示します

石室が展示されていました。

まだ整備中の公園という事で、その上、半分くらいしかみていませんが、見所の多い公園でした。

ホテルに戻り、部屋の風呂に入り、のんびり。

連泊はやはりいいですね。
2

温泉宿へ  只今、旅行中

正午過ぎて自宅を出発。

北千住から東武伊勢崎線の急行久喜行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

通勤型車両でそれなりに混雑する電車に40分ほどの乗車。

各駅停車の館林行きに乗り継ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

羽生で下車。

Suicaが使えない秩父鉄道の三峰口行きに乗り換えると、

クリックすると元のサイズで表示します

少し旅気分になり、2時間くらいで

クリックすると元のサイズで表示します

行田市駅に

クリックすると元のサイズで表示します

到着します。

昨年4月は日帰りで

クリックすると元のサイズで表示します

蔵が点在する城下町、ドラマ陸王の舞台を散歩しましたが、今日は川沿いに歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

古墳群のすぐそばにある、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設である「茂美の湯」併設の

クリックすると元のサイズで表示します

行田湯本温泉ホテルへ。

クリックすると元のサイズで表示します

素泊まり5600円、

クリックすると元のサイズで表示します

でもお部屋はきれいですし、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り施設の温泉にも無料で入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、部屋にも

クリックすると元のサイズで表示します

温泉露天風呂。

素泊まりですが、食事処もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

行田名物のゼリーフライ

クリックすると元のサイズで表示します

フライも

クリックすると元のサイズで表示します

食べられ、申し分ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

にわかファンの締めでテレビ観戦もします。
1

旅の終わり  只今、旅行中

湯田川温泉では、湯どの庵に宿泊、正面湯、田の湯2つの共同浴場に入浴。

湯野浜温泉では、湯野浜ホテルに宿泊、上区公衆浴場と下区公衆浴場、龍の湯という旅館に立ち寄り湯。

そして、あつみ温泉では、東屋旅館に宿泊し、正面湯、下の湯2つの共同浴場に入浴。

初めての庄内温泉郷湯巡りは、久々に旅館に泊まり共同浴場に入るという、真面目な?温泉旅でした。

ただ今回は、ここまで飛行機1回、バスに8回乗っての移動で鉄道に一回も乗っていません。

宿の朝食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

チェックアウトして、バスに乗りますが、

クリックすると元のサイズで表示します

5分ほど乗っただけの、

クリックすると元のサイズで表示します

あつみ温泉駅で降ります。

特急いなほ号の新潟行きと、

クリックすると元のサイズで表示します

秋田行きを

クリックすると元のサイズで表示します

駅のすぐ前の

クリックすると元のサイズで表示します

日本海を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

この旅初めての

クリックすると元のサイズで表示します

列車の移動となる

クリックすると元のサイズで表示します

各駅停車の酒田行きに

クリックすると元のサイズで表示します

乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

国鉄時代からの古いディーゼルカー、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

来年には廃車になってしまうようです。

三瀬までは、日本海沿いを走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

列車と行き違い、

クリックすると元のサイズで表示します

貨物列車に抜かれるのに、

クリックすると元のサイズで表示します

10分停車したりと、汽車旅気分を味わって、50分ほどで

クリックすると元のサイズで表示します

鶴岡駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

エスモールバスターミナルから、

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅では9回目の庄内交通バスの、庄内空港行きに乗り、旅はほぼおしまいです。
1




AutoPage最新お知らせ