ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
旅も後半戦へ  只今、旅行中

第15回目となる台湾旅。

初日は関空乗り継ぎでの12時間かけて台北に移動

2日目は、旧山線のレイルバイクに乗り、苗栗に宿泊

3日目は、泰安温泉へ移動

4日目は、宿泊した湯悦温泉会館でのんびり

5日目は、泰安温泉から新幹線と高速バスを乗り継ぎ、6時間半かけて墾丁へ移動

6日目は、宿泊しているシャトービーチホテルから、水族館と恒春の街散策で6時間お出かけ

という行程でした。

雨にはさほど降られませんが、快晴にはならないというお天気でした。

今日は高雄に移動します。

天気予報では、

クリックすると元のサイズで表示します

雨。

天気図を見ても、

クリックすると元のサイズで表示します

明日と

クリックすると元のサイズで表示します

熱帯低気圧が滞留し、明後日には

クリックすると元のサイズで表示します

台風になるようです。

天気が下り坂になる中、

クリックすると元のサイズで表示します

海のリゾートを離れます。

0

飛行機乗り継ぎ  只今、旅行中

7年ぶり二回目のスターフライヤーに、

クリックすると元のサイズで表示します

乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

気持ちゆったりした黒革の座席から、

クリックすると元のサイズで表示します

富士山を眺め、海に浮かぶ

クリックすると元のサイズで表示します

関西空港に1時間くらいで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

空港からは出ずに、出国審査を通過して、

クリックすると元のサイズで表示します

15回目となる台湾に向かいます。
1

夏休みの始まり  只今、旅行中

7月に長野県白骨温泉一泊し、奥飛騨温泉郷湯巡り、8月には渋御殿湯と増富温泉転泊という温泉宿泊旅に出かけ、日帰り温泉では、成田、三郷、手賀沼、阿字ヶ浦、松之山温泉&水上温泉、近所の大谷田と6回出かけてはいました。

一方で休日出勤が炎天下で3回あったりもしましたが、今年は熱中症に何とかならずに済んで、ようやくの夏休みが始まります。

まずはリムジンバスで、

クリックすると元のサイズで表示します

羽田空港へ向かいます。葛西インターから入った高速道路は渋滞気味ですが、乗り換え無しのゆったりリクライニングシートに座って1時間ほどで空港に到着です。

国際線ではなく、国内線ターミナル。

クリックすると元のサイズで表示します

遅めの昼食を

クリックすると元のサイズで表示します

食べながら出発を待ちます。
1

青春18きっぷ日帰り旅G最後は快速アーバン  只今、旅行中

水上から乗った高崎行きは

クリックすると元のサイズで表示します

新潟からの接続はないので、見送った列車よりは空いていますが、帰りもロングシートに1時間乗ると嫌になって、新前橋で降りてしまい、両毛線に一駅乗り、前橋駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

前橋駅始発の快速アーバン、上野行きに乗ります。

高崎での待ち時間を考えれば、そんなに変ではないかな。

帰りは事前にグリーン券を購入したので、余計な250円は払わず上野駅に向かい、旅はおしまいです。

松之山温泉、水上温泉と久々の入浴となる温泉に入り、それを18きっぷでなければ辿らない行程での日帰り旅でした。

極私的感想ですが、サッポロクラシック、静岡麦酒といい、今回の

クリックすると元のサイズで表示します

新潟県限定の風味爽快ニシテといい、サッポロビールの地域限定販売は好きだなあ。

それはさておき、18きっぷで5000円近いお得な旅となりました。
1

青春18きっぷ日帰り旅F水上温泉  只今、旅行中

見送ったものの次の電車まで1時間くらいあるので、立ち寄り湯することにします。

駅前の案内所で一番近くで日帰りできる所を聞いて、やって来たのが、

クリックすると元のサイズで表示します

松葉屋です。

自家源泉ではあるが、温度が低く加温しているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

くせも特徴も無いけど、悪くありません。

日帰り入浴料金800円ですが、1000円で生ビール付きになるとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りいただこうとすると、生ビールなくなったということで、

クリックすると元のサイズで表示します

大瓶ビールになりましたが、これまた良し。

多分世代が変わって、若い亭主が頑張っているのでしょう。

狙っては行かないのですが、ふらりと立ち寄ったにしては、面白い立ち寄り湯でした。

1




AutoPage最新お知らせ