ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2021年夏休み 最終日  只今、旅行中

本来なら個室夜行バスで朝8時には家に着いて、旅はおしまいでしたが、ドーミイン和歌山に宿泊し、
朝風呂に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

ご当地朝食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

朝8時を迎えました。

せっかくの後泊なので、ローカル線で鉄分補給に努めることにします。

まずは、和歌山駅から、和歌山電鉄で貴志という駅までを、

クリックすると元のサイズで表示します

往復します。

普通の電車が水戸岡鋭治さんデザインの車両で、終着駅の貴志駅はネコ駅長と、色々頑張っているローカル鉄道です。

往路は、おもちゃ電車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

外観も目立ちますが、

クリックすると元のサイズで表示します

車内がおもちゃコンセプトです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな景色の中を走りますが、乗っているだけで楽しい。

鉄道ファンではない大人たちが楽しそうに写真を撮っています。

30分ほどで終着駅の貴志駅に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんとも楽しい雰囲気のおもちゃ電車を見送り、

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎の中へ。

クリックすると元のサイズで表示します

初代たま駅長は亡くなり、現在は二代目のニタマ駅長です。

まあ、ストレスは溜まるんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、イラストの方が圧倒的に可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎自体だけで

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なごみの空間になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

駅内のショップでお買い物。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎を眺めようとして外にいたら、暑かったし。

クリックすると元のサイズで表示します

でも30分くらいがあっという間に過ぎました。

帰りは、ズバリたま電車に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

耳がついたネコ顔の遊び心があるデザインが、楽しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外観だけではなく、車内も楽しい雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

往復するだけで、童心に戻れた時間となりました。

すれ違っただけで、乗れなかったうめ星電車も

クリックすると元のサイズで表示します

この日は走っていました。

楽しかった和歌山電鉄の次はJR西日本の電車で和歌山市駅に移動して、南海加太線に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、ななの名前が付いた電車で加太に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鯛がモチーフになっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

縁起を担ぎまくっています。

が、このイラストに、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ほっこりさせられました。

案外海は見えないまま、終着駅の加太駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駅周りには、見たいものはなく、

クリックすると元のサイズで表示します

バスもタクシーもないので、駅で30分くらいぼんやりして、和歌山市行きで引き返します。

今度は、さちという電車です。

クリックすると元のサイズで表示します

ななより、めでたさ具合が控えめ?

クリックすると元のサイズで表示します

ほっこり度合いも控えめ?

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山市駅に戻り、鉄分補給は終了。

新しい駅ビルで、

クリックすると元のサイズで表示します

イタリアンの昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

マルゲリータピザに、パスタ

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山ならではの感じがしませんが、パスタは、紀州豚バラ肉ときのこの地元湯浅醤油を使った和風パスタで、おいしくいただけました。

和歌山市駅から、特急サザンに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

昨日も乗り換えた泉佐野で、空港急行に乗り換え、海を渡って、

クリックすると元のサイズで表示します

関西国際空港へ。

クリックすると元のサイズで表示します

空港急行も、ターミナル内も、

クリックすると元のサイズで表示します

閑散としています。

お店もほとんど開いておらず、

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、

クリックすると元のサイズで表示します

黒づくめの

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

スターフライヤーの機内から、今回旅した伊勢志摩を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

羽田空港に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

旅はおしまいです。
1

2021年夏休み8日目  只今、旅行中

朝は大浴場の温泉にゆっくり漬かりました。

いやはや、良いお湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は大広間ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とてもまともで美味しい。

テニスコート、体育館もある大きなホテルで、

クリックすると元のサイズで表示します

私が選ばないタイプのホテルですが、湯の山温泉グリーンホテルには満足できました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅まで送っていただき、駅前の案内板を見ると、新湯の山温泉になっているようですが、充分湯の山温泉を満喫できた気分です。

四日市まで湯の山線の各駅停車で引き返して、

クリックすると元のサイズで表示します

四日市から昨日乗ったアーバンライナー車両の特急宇治山田行きに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します
東京から遠ざかります。

昨日はデラックス車両でしたが、今日はレギュラー車両。



ゆったり感はちゃんとあります。

三重県県庁所在地の津市の表玄関である津駅からは、

クリックすると元のサイズで表示します

特急ひのとりに乗車します。

がいかんもカッコいいし、

クリックすると元のサイズで表示します

プレミアム車両に乗りましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

しまかぜより、いい車両だなあという感想です。

大阪難波まで1時間20分ほどの快適乗車で到着します。

益々西へと東京から遠ざかっています。

緊急事態宣言が出る前は、難波から東京に向かう全室個室の豪華夜行バスを予約してありました。
ところが、宣言発出で運休となり、それなら湯の山温泉から名古屋に出て新幹線で帰ればいいのに、予約が取れていたひのとりに乗りたくて、大阪まで来ました。

マイレージのマイルがあったので、関西国際空港から飛行機でと思ったら、神戸、大阪伊丹空港も含めて、チケットが取れず、明日の便は取れたので、今度は後泊でもう一泊することにしました。

すると、大阪在住の温泉友達であるぐっちさんが、時間を作れるということで急遽難波駅近くでお会いしました。

7年ぶりという、そんなに会っていなかったかという気がしますが、楽しい再会となりました。

当初予定から3時間ほど遅くなりましたが、南海本線で和歌山に向かいます。

乗ったのは関西国際空港行きの特急ラピート。

クリックすると元のサイズで表示します

独特な外観、

クリックすると元のサイズで表示します

おおっ、車内もいい雰囲気で、テンションが上がります。

しかし泉佐野までの乗車で、そこからは特急サザンの有料指定席で、

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山に到着。

そこからはJR西日本紀勢本線の支線状態区間の和歌山市駅から和歌山駅行きに乗車し、

クリックすると元のサイズで表示します

和歌山駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

19時にドーミイン和歌山にチェックインします。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は前泊、後泊がドーミインとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの大浴場で

クリックすると元のサイズで表示します

ひとっ風呂浴びてから、近所に和歌山ラーメンを食べに行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、戻れば、

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルで無料サービスの夜鳴きそば。

こうして、この旅最後の夜は更けていくのでした。
0

2021年夏休み7日目  只今、旅行中

昨夜は22時と早寝したら、3時半に目が覚めてしまう始末。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで?日の出が見られました。

クリックすると元のサイズで表示します

明るくなってから、宿の上の方にある、

クリックすると元のサイズで表示します

めだかの学校なる場所に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

独特の世界観です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山から海を見下ろせる眺望はいいですね。

朝食はビュッフェ。

クリックすると元のサイズで表示します

伊勢うどん

クリックすると元のサイズで表示します

伊勢海老の味噌汁、出汁茶漬け

クリックすると元のサイズで表示します

味噌汁と茶漬けは美味しくておかわりしてしまいました。

昨日の夕食といい食事に満足。

眺望にも満足して、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の露天風呂に入って、

クリックすると元のサイズで表示します

「扇野の宿 扇芳閣」をチェックアウトします。

宿の送迎車で送っていただいた鳥羽駅から、特急近鉄名古屋行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この旅で近鉄特急には、しまかぜ1回、二階建てのビスタカーには二階座席と一般席の両方に乗って2回、ACEという普通の特急に乗っていますので、5本目で今日はアーバンライナーという車両。

クリックすると元のサイズで表示します

しかもJRのグリーン車に相当するデラックス車両を奮発しました。

クリックすると元のサイズで表示します

奮発といってもレギュラー車両にプラス320円で、この座席ですから、関東のこ鉄から見れば羨ましい感じです。

初めて足を踏み入れた伊勢志摩は、観光こそ堪能できましたが、ここまで宿泊した宿に温泉はあり入湯税を支払ってましたが、どちらかというとオマケのような存在でした。
ですので、今日は温泉メインの宿に宿泊します。

1時間乗った名古屋の方にだいぶ戻った近鉄四日市駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから分岐する湯の山線に乗って湯の山温泉に向かうのですが、その前に鉄分補給をします。

日本ではほとんどないナローゲージ、軽便鉄道の四日市あすなろう鉄道に乗ります。

1日乗車券を購入して、

クリックすると元のサイズで表示します

ホームへ。

クリックすると元のサイズで表示します

うわっ、細い電車です。

クリックすると元のサイズで表示します

路面電車のような雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは内部線の終点内部まで乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

すごく観光したいという場所ではないかな。

クリックすると元のサイズで表示します

折り返しの四日市行きで引き返しましたが、二つ手前の日永で下車し、

クリックすると元のサイズで表示します

八王子線という支線に乗り換えますが一駅で終点の西日永駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

なんで八王子線という路線なのかと思っていたら、駅前に案内板がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

災害で不通になったまま廃線されたのですね。

四日市に1時間後くらいに戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

300円のグッズ3点を購入しました。

鉄分補給完了し、湯の山温泉行きの各駅停車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなヘッドマークが付いていて、

クリックすると元のサイズで表示します

湯の山温泉が歴史のある温泉地であることを初めて知るのでした。

のどかな住宅地から田園風景が広がったと思うと山が迫ってきて、30分かからずに終着駅でもある湯の山温泉駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎はそれなりの大きさですが、

クリックすると元のサイズで表示します

駅構内には案内所や売店がありません。

宿の送迎車で五分、温泉街という感じはせず、大型施設があるなあという外観印象の宿に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気も少し昭和っぽい。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉は大浴場で入りますが、

クリックすると元のサイズで表示します

自家源泉掛け流しは、やはり最高です。

アルカリ性単純温泉ならではの柔らかい浴感。

今回の旅の中では、圧倒的な第一位のお湯です。

今日の夕食は、なんとバーベキューコースです。

クリックすると元のサイズで表示します

この小屋の横はテニスコートで、多分中学生が練習しているのを見ながらテラスで、

クリックすると元のサイズで表示します

二人バーベキューです。

クリックすると元のサイズで表示します

屋外で月を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

肉などを焼きながら、

クリックすると元のサイズで表示します

ビールを飲んではいい気分です。

1時間半くらいかけて飲んで食べると、

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり日が暮れて、月がよりきれいに見られました。

お湯が良いので、食後も大浴場温泉に入り、部屋に戻ればオリンピック男子サッカーの日本ー南アフリカ戦を見始めます。

クリックすると元のサイズで表示します

この旅最初で最後のいつもの自分のスタイルに戻せた1日でした。
0

2021年夏休み6日目  只今、旅行中

今朝も早起きして四時起床。

部屋のお風呂で禊をして、

宿の無料サービスのかたぱんをいただき、

クリックすると元のサイズで表示します

五時前に宿を出発。

人気のない参道を歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

伊勢神宮の内宮へ。

クリックすると元のサイズで表示します

早朝のお伊勢詣りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは宇治橋で五十鈴川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

境内を進んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

五十鈴川の御手洗場で禊。

クリックすると元のサイズで表示します

森のなかを進む感じで、

クリックすると元のサイズで表示します

正宮へ。

クリックすると元のサイズで表示します

神々しい想いがします。

クリックすると元のサイズで表示します

その後は高床式建物を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

荒祭宮

クリックすると元のサイズで表示します

五十鈴川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

風日祈宮

クリックすると元のサイズで表示します

とお詣りして、神楽殿で

クリックすると元のサイズで表示します

お守りと

クリックすると元のサイズで表示します

神杯を

クリックすると元のサイズで表示します

買って、早朝のお伊勢詣りは終了。

良い経験ができました。

宿に戻り、お風呂に入り、朝食。

連泊して、初めてのお伊勢詣りを堪能できました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食のみプランでしたが、美味しかったし、ドーミーイン系列の宿だけあって無料サービスの夜鳴きそばや湯上り牛乳など、居心地がいい宿でした。

チェックアウトして、宿の送迎車で送ってもらった五十鈴川駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

4回目の近鉄特急に10分乗り、鳥羽駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

港まで歩いて、そこから鳥羽湾を周回する観光船に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

竜宮城がモチーフの船です。

クリックすると元のサイズで表示します

この浦島太郎は

クリックすると元のサイズで表示します

変なインパクトがあります。

15分でイルカ島に上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

時間帯でアトラクションが決められていて、

クリックすると元のサイズで表示します

私が行った時間帯は、イルカの頭に1秒タッチというアトラクションでした。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真をすぐ撮り、鼻のあたりをちょっと触っておしまいでしたが、昨日に引き続きイルカと触れ合えて嬉しいです。

イルカ池では、二匹のイルカがひとり遊びしていて、

クリックすると元のサイズで表示します

それをしばらく見てから、ビーチへ。

クリックすると元のサイズで表示します

島で買った缶ビールを飲んで、

クリックすると元のサイズで表示します

海を見ていると、

クリックすると元のサイズで表示します

なんちゃって南国リゾート気分です。

1時間島で過ごして、再び竜宮城船に

クリックすると元のサイズで表示します

今度は30分ほど乗り、鳥羽水族館船着場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ミキモト真珠島の最寄りでもありますが、鳥羽水族館へ直行します。

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみて思ったのは大きな水族館です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魚の種類も多く、

クリックすると元のサイズで表示します

丁寧に見きれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

魚でないのもいました。

一番面白かったのはセイウチのショーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

間近で600キロの体重があるセイウチをそばで見られるのは楽しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

2時間ほどいましたが全然見きれていませんが、昨日も乗ったCANバス乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

鳥羽駅へ出て、宿の送迎車で

クリックすると元のサイズで表示します

この旅5カ所目の宿に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

二間の和室で、掘り炬燵付き。

そして、露天風呂が部屋に付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし三度、温泉ではありませんので、入浴剤を入れての入浴になります。

ただ海を見下ろせる大浴場と、

クリックすると元のサイズで表示します

庭園露天風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

榊原温泉運び湯ではあります。

今日は夕食が付いていて、しかも部屋食です。

クリックすると元のサイズで表示します

鮑の踊り焼きをメインに、

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいのですが、わたしには多すぎました。

オリンピックの開会式まだですが、女子サッカーの日本ーカナダのゲーム観戦。

初戦だから硬いという感じではなく、選手起用も含めて疑問が多い試合でした。

お伊勢詣りを中心に、初めての伊勢志摩観光と宿泊もタイプが違う宿を転泊できて楽しかったです。

ただ、温泉らしい温泉には入れていません。

明日は温泉らしい温泉に入れるかな?


0

2021年夏休み5日目  只今、旅行中

今朝は4時半に目が覚めてしまったので、昨日入らなかった大浴場で入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気はいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

貸切風呂同様、新三里温泉の運び湯の温泉ですが、アルカリ性の柔らかい浴感はあるものの塩素がそれなりに投入されているようです。

ですので、部屋の温泉ではないお風呂にも入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

このお風呂も雰囲気が良いですし、先週入浴した吉川温泉ゆあみで購入した

クリックすると元のサイズで表示します

この入浴剤はティーパック状で、長持ちするし、悪くない浴感です。

朝食は、和洋選択できて、和食を選択。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでビュッフェ朝食だったので、しっかりした朝食が嬉しい感じです。

今回の旅、最初で唯一の連泊ですが、9時に宿を出て、宿の送迎車で五十鈴川駅へ出て、今日も料金不要の急行列車に乗ります。。

外観は年季が入った感じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

車内は、クロスシートにもロングシートにもなる座席に

クリックすると元のサイズで表示します

更新されていました。

二駅乗り、伊勢市駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ、生まれて初めてのお伊勢詣りです。

駅からお店が並ぶ参道をぶらぶら歩くと、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外宮が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

参道も神宮の入り口も何やら拍子抜けの感じがしましたが、初のお詣りに行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居をくぐり、すぐに左側に匂玉池とせんぐう館という博物館?があります。

クリックすると元のサイズで表示します

更に奥に進み、

クリックすると元のサイズで表示します

正宮へ。

クリックすると元のサイズで表示します

横に遷宮の為の土地が本当に空けてあるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、多賀宮

クリックすると元のサイズで表示します

土宮

クリックすると元のサイズで表示します

風宮にも、

クリックすると元のサイズで表示します

遷宮のスペースがあるのに驚きました。

自然の恵みに感謝して参詣は1時間弱で終了しました。

外宮からは、バスのフリー切符を使い、

クリックすると元のサイズで表示します

CANバスという、宇治山田駅と鳥羽水族館を観光地経由で結ぶバスに乗りこみます。

外宮から満席になるくらいの人が一緒に乗りましたが、ほぼ全員が内宮で下車するものの、私達はそのまま乗り続けて、復元安土城天守閣などがある

クリックすると元のサイズで表示します

伊勢キングダムで降りるか少し迷いましたが、バスから復元天守閣が見えたので、

クリックすると元のサイズで表示します

通過して、降りたのは伊勢シーパラダイスです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水族館とお土産屋さんなどがメインの商業施設の横に長い建物です。

まずは水族館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

普通の水槽もありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

すごく距離がない場所で、見ることができる場所もあります。

柵越しではありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

間近にペンギン。

柵がないすぐそばで、

クリックすると元のサイズで表示します

アザラシ。

そして、イルカと

クリックすると元のサイズで表示します

キャッチボールが出来たのは、

クリックすると元のサイズで表示します

感激の極みです。

アシカショーも近くで楽しみ、

クリックすると元のサイズで表示します

最後はドクターフィッシュに、コロナ禍なので足湯ではなく、手湯になるという少しわからない変更がありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

手をお掃除してもらい、結局水族館で1時間以上楽しんでしまいました。

水族館の後は、松阪牛の串焼きの軽めの昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、二見興玉神社の前にある、

クリックすると元のサイズで表示します

夫婦岩を見物。

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物が残る二見表参道を歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

JR東海の参宮線の二見駅まで歩きますが、列車ではなく、駅から少し戻った観光案内所から、

クリックすると元のサイズで表示します

今度は可愛らしい座席デザインの

クリックすると元のサイズで表示します

CANバスに乗り、内宮まで戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、参詣はせずに、門前のおはらい町の商店街を歩いてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

人がそれなりに出ていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

うまく江戸時代の街並み的な雰囲気が出ているので、無理もありません。

赤福の本店で、

クリックすると元のサイズで表示します

赤福を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに支店があり、駅でも売られていますが、折角なので本店で購入。

クリックすると元のサイズで表示します

その赤福の向かいのおかげ横丁では、

クリックすると元のサイズで表示します

はじめての伊勢うどんをいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかい今まで食べたことがないうどんの食感に感動してしまうのでした。

宿に戻ったのは16時。

暑い中、昨日は12000歩、今日は15000歩も歩き疲れたし、夕食は宿では食べないプラン選択なので、おはらい町で買ったてこね寿司などを

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

軽く食べて、部屋のお風呂に入って早寝します。

0




AutoPage最新お知らせ