ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
富山県・黒薙温泉旅館  その他中部地方の温泉

2009年5月に一泊しました。

富山地鉄線の終点宇奈月温泉駅に隣接する宇奈月駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

黒部峡谷鉄道のトロッコ列車で

クリックすると元のサイズで表示します

25分の黒薙駅から、徒歩15分ほどの山の中の一軒宿です。

この宿には車では行けません。行くには宇奈月駅で車を止めてトロッコ列車で行かなくてはなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

宇奈月駅に出ている看板にうそ偽りはありません。

黒薙駅でトロッコが右にカーブして鉄橋を渡っていくのを見送ると、

クリックすると元のサイズで表示します

左に線路が分岐してトンネルに吸い込まれていくのが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

このトンネルを抜けて行くと宿への近道だそうですが、私たちが行った時は通行禁止。

山道をわけ入り歩いていきます。

途中、谷底に宿が遠くに見えて、

クリックすると元のサイズで表示します

結構いい運動になった状態で、ようやく宿に到着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

川と山しかありません。

部屋は、そんな環境ですので至って簡素な部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋があるだけありがたいといった感じです。

お風呂は3か所あります。

カランがあるのは内湯だけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

ここではなんといっても、ここでは大露天風呂に入るに限ります。

クリックすると元のサイズで表示します

女性専用時間もありますが、基本的には混浴ですが水着着用の女性の方がいたりして、少し興ざめですが(こちらが裸で入っていると、プールに一人だけ裸で間違って入っているみたいな気分になるので)、区切ってしまうと解放感が落ちるでしょうし、いたしかたないところです。

岩風呂の横には、

クリックすると元のサイズで表示します

源泉槽の看板があったりして、お湯の鮮度は抜群です。

女性専用の露天風呂「天女の湯」は大露天風呂とは宿の建物を挟んだ離れた場所にあります。こじんまりした作りですが、風情は満点のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

食事は食事処でいただきますが、結構ぎゅう詰め状態でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

山、川の幸をおいしくいただきました。

環境は秘境ですが、沢山の人が訪れる開放感あふれる素晴らしい露天風呂のある宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.kuronagi.jp/top.html
【泉質】 弱アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 PH不明 96.7℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜15:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1




AutoPage最新お知らせ