ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
富山県 境鉱泉  その他中部地方の温泉

2014年11月に立ち寄り湯しました。

越中宮崎海岸近く、国道8号線沿いに


クリックすると元のサイズで表示します

建つ日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

鉱泉自体は100年近い歴史があるそうで、元々は旅館だったそうです。

そういわれると、旅館のような落ち着きがある外観に思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関入ってすぐの床に湯上がり処があり、お風呂は廊下を進んだ少し奥にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな造りの浴室に茶褐色のお湯がはられています。

クリックすると元のサイズで表示します

入ると少しギシギシしたような浴感で、鉄分が多そうですが、温泉分析書は見当たらず、泉質は不明。

鉱泉ということで加温循環され、やや塩素臭がするのは残念ではありますが、温まり感があり、雰囲気も含めて悪くはありませんでした。

すぐ近く国道8号線沿いにある「たから温泉」とは違う泉質で、入り比べてみて良かった感じです。

(おまけ)

越中宮崎海岸の名物に、たら汁があります。

クリックすると元のサイズで表示します

出すお店は何軒もあるようなので、食べ比べも楽しそうです。


●施設のデータ

【施設のHP】 なし
【泉質】【PH・泉温】 不明
【立ち寄り営業時間】 9:00〜21:00
【立ち寄り料金】  500円
【宿泊】 なし
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

富山県 たから温泉  その他中部地方の温泉

2014年11月に立ち寄り湯しました。

当時はJR西日本の北陸本線、北陸新幹線開業後の現在は、あいの風富山鉄道線となる越中宮崎駅周辺に温泉宿がいくつかあります。

クリックすると元のサイズで表示します

その中の1つで、越中宮崎海岸に並行して走る国道8号線沿いにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

旅館であり、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉、食事処も兼ねた業態なのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど宴会の団体さんがいたようで、中々宿の方が出てきませんでした。

建物自体は新しいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気は少しB級的な感じがします。

お風呂は内湯と

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂があり、

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも結構広い造りでした。

もっともこの時は露天風呂の2つある浴槽の内1つはお湯が入っていませんでしたが・・

食塩泉ならではの、あたたまり感のあるお湯でした。


●施設のデータ

【施設のHP】 なし
【泉質】 ナトリウム・カルシウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH7.59   49.7℃
【立ち寄り営業時間】 8:00〜21:00
【立ち寄り料金】  500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0

富山県 ふくみつ華山温泉  その他中部地方の温泉

2017年6月に宿泊しました。

散居村地域の平野部と世界遺産である白川郷・五箇山の合掌造り集落がある

クリックすると元のサイズで表示します

南砺市の平野部にある一軒宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

一軒宿ですが、5階建て全22室の割と大き目な宿です。

2015年に全面リニューアルしたとのことで、館内に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

広いだけではなく、

クリックすると元のサイズで表示します

新しくきれいで、浴衣や枕を選べる場所や、

クリックすると元のサイズで表示します

お土産屋コーナーも和モダンな雰囲気です。

大浴場は1階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいで広々した脱衣所

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も開放感のある造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂も広々していますが、

クリックすると元のサイズで表示します

眺望はありません。

ちなみに女湯の露天風呂には、

クリックすると元のサイズで表示します

壺風呂もあるようです。

緑色の濁り湯は

クリックすると元のサイズで表示します

見た目もいいのですが、かけ流しで柔らかい浴感が気持ちいいお湯です。

露天風呂付のお部屋が7室あり、今回は5階の

クリックすると元のサイズで表示します

展望露天風呂付のお部屋に宿泊しました。

クリックすると元のサイズで表示します

こ上がりに布団がひかれた和風のお部屋です。

ちなみにお部屋の鍵は

クリックすると元のサイズで表示します

野球バットがついています。

玄関にもバットが飾られていて、

クリックすると元のサイズで表示します

宿のある旧福光町は野球バットの産地として有名だからだそうです。

最上階5階からは、

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな福光の平野の眺望が広がります。

そんな眺望が広がるテラスに、

クリックすると元のサイズで表示します

源泉かけ流しの

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂があります。

ずっと温泉が注がれていて、いつでも新鮮な状態の温泉に入れるのはうれしいことです。

割と近くに建物があったりして、外から見えるのではないかと気になるのであれば、

クリックすると元のサイズで表示します

窓を

クリックすると元のサイズで表示します

自分の好みで閉めることができます。

部屋に露天風呂がないタイプのお部屋よりも5000円程度高い料金ですので、大浴場も良かったのですが、もっぱらお部屋の露天風呂に何回も入りました。

温泉、お部屋には大満足ですが、食事も良かったです。

2階の食事処でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

鍋をメインにしたコースにして、4人なので肉と

クリックすると元のサイズで表示します

海鮮蒸しと

クリックすると元のサイズで表示します

あえて2種類にしてみました。

席にあいさつにまわっていた若い感じの料理長の

クリックすると元のサイズで表示します

お料理は

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったです。

夕食も良かったのですが、もっと良かったのが朝食です。

クリックすると元のサイズで表示します

牛肉のせいろ蒸し

クリックすると元のサイズで表示します

こぼれ海鮮盛りと

クリックすると元のサイズで表示します

夕食と見紛うほどのメニューでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ごはんとみそ汁は、自分で取りに行く仕組みですが、

クリックすると元のサイズで表示します

食べるタイミングや量を自分で選択できるので、私的にはこういう仕組みはいいなあと思いました。

朝あった五穀米のお粥もおいしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

4つの宿泊者サービスは

クリックすると元のサイズで表示します

アイスキャンディーだけ

クリックすると元のサイズで表示します

いただきましたが、こういうサービスもいいですよね。

宿泊してみて、とても満足できた宿でした。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.hanayama-onsen.com/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH8.2 不明  44.8℃
【立ち寄り営業】 なし
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1

富山県 庄川峡湯谷温泉 湯谷温泉  その他中部地方の温泉

2017年6月に立ち寄り湯しました。

富山県を流れる庄川沿いの国道156号線沿道に、いくつか点在している温泉地の中の1つが湯谷温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

待合室のあるバス停がありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

バスはやってきません。

バス停の横の郵便ポストの脇から狭い坂道を降りていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな建物が現われました。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると、人はおらず、

クリックすると元のサイズで表示します

籠に料金を入れて、館内に入っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

張り紙に従い、廊下を歩いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は宿泊は受付しておらず、日帰り入浴のみですが、

クリックすると元のサイズで表示します

湯治宿の往時を偲ばせる

クリックすると元のサイズで表示します

自炊室があり、その先は、

クリックすると元のサイズで表示します

現在は使われていない客室が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

一番奥まで進み、

クリックすると元のサイズで表示します

小牧ダムを見上げて、階段を降りていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

浴室に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

コンクリートむき出しの壁を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

階段を降りていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーはもちろん、カランもなく、ただ浴槽があるだけの浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴槽の中でに管からドバドバ温泉が出ています。

柔らかいぬるいお湯に漬かっていると、全身に気泡があっという間にびっしり付きます。

30分ほど漬かっていました。本当に素晴らしいお湯です。

●施設のデータ

【施設のHP】 なし
【泉質】 カルシウム・ナトリウムー塩化物泉   
【PH・泉温】 PH 不明  39℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜17:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 なし
【極私的評価】 ☆☆☆☆☆
【備考】






1

富山県 庄川峡長崎温泉 民宿ながさき家  その他中部地方の温泉

2017年6月に宿泊しました。

富山県を流れる庄川沿いの

クリックすると元のサイズで表示します

国道156号線沿道に、いくつかの温泉地が点在し、その中で有名なのが船でしか行くことができない

クリックすると元のサイズで表示します

1軒宿の大牧温泉がありますが、そこから近く、国道156号線から橋を渡ったところに

クリックすると元のサイズで表示します

6軒の宿があるのが、長崎温泉です。

その中の1軒、古民家をリノベーションした宿が「ながさき家」です。

クリックすると元のサイズで表示します

看板は、

クリックすると元のサイズで表示します

新大牧温泉となっていて、ネットで調べていた時に大牧温泉から引き湯しているというのを読んだ気もしますが、脱衣所に掲出の温泉分析書には、

クリックすると元のサイズで表示します

庄川峡長崎温泉とあるので、長崎温泉と思われます。
(宿のおかみさんに聞いてみようと思っていたのに、忘れました。)

正面だけではなく、横から見ての外観もさることながら、

クリックすると元のサイズで表示します

そして、館内が

クリックすると元のサイズで表示します

古民家の風情を

クリックすると元のサイズで表示します

感じさせてくれますが、掃除が行き届き、きちんと手入れがされていて、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋も快適です。

基本的におかみさん1人で切り盛りされているそうで、感心するしかありません。

浴室は廊下でつながる新しい建物にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯+露天風呂の浴室が2つありますが、宿泊したのが私たち夫婦だけであったので、男湯のみを家族風呂使用ということになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

残念であったのが、湯口からの湯の投入がなく、浴槽内循環であったことと、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂にお湯が張られていないことでした。

アルカリ泉らしい、つるすべした柔らかい浴感はありました。

食事は囲炉裏のある

クリックすると元のサイズで表示します

古民家という雰囲気の強いお部屋でいただきました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食とも

クリックすると元のサイズで表示します

目を引くようなものはありませんが、どれも素朴でとてもおいしい。

食事には大満足でした。

朝、宿のまわりを散歩してもそうですし、

クリックすると元のサイズで表示します

夜寝ていても蛙の鳴き声以外一切音がない、静かな環境です。

クリックすると元のサイズで表示します


●施設のデータ

【施設のHP】 なし
【泉質】 アルカリ性単純温泉   
【PH・泉温】 PH 不明  26℃
【立ち寄り営業】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ