ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2020年春の振り返り(3)近所の歴史散歩  国内旅行

コロナ感染流行で、自粛がベースの生活をするようになった2020年の4〜5月でした。

そんな時期だからこそ、長年住んでいても全然足を向けなかった近所の公園や神社仏閣、宿場町跡といった所に、運動不足を補うべく歴史散歩してみました。

現在は、JR常磐線亀有駅があり、道路では環状七号線が走る住宅地という立地ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代は

クリックすると元のサイズで表示します

いくつもの村には分かれていますが、田園が広がる地帯でした。

村の鎮守として信仰された神社、お寺が、現在までいくつも残っているということのようです。

この自粛期間に亀有周辺で訪れた神社は9社、お寺は12寺となりました。


1.神社

(1)香取神社

千葉県香取市にある香取神宮は、皇室とかかわりが深い神(香取神宮は経津主神が祭神)を祀る格式が高い神宮であり、全国に約400社の末社があり、亀有香取神社もその中の一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

創建は鎌倉時代の1276年。

クリックすると元のサイズで表示します

由緒がある一方、境内にはスイーツ屋さんがあったり、神社のHPもしっかりしています。

亀有香取神社 HP → コチラ

神社の横は大型ショッピングモールのアリオ亀有でもあり、今回の散歩前から何回かお参りしていた神社でした。

(2)中川氷川神社

埼玉県大宮にある武蔵国一の宮である氷川神社は、東京・埼玉・神奈川の荒川流域を中心としたエリアに280社の末社があり、その中の一つです。

クリックすると元のサイズで表示します

由緒はよくわかりませんが、中川のほとりに建つこじんまりした神社です。

(3)南水元 富士神社

上記の氷川神社とは、中川を挟んだ対岸にある神社です。

クリックすると元のサイズで表示します

対岸からも見える富士塚が

クリックすると元のサイズで表示します

ある神社です。

鎌倉時代末期1332年創建の歴史ある神社ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

神社境内は

クリックすると元のサイズで表示します

本殿も

クリックすると元のサイズで表示します

新しいです。

富士塚は

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら上ることができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山信仰の神社としては、全国各地に約1300の末社がある浅間神社が有名ですが、そうでない富士山信仰の神社もあるのですね。

(4)長門八幡神社

創建年代は不明。

クリックすると元のサイズで表示します

お隣にあるやはり創建年代不明の、紫雲山西光院安養寺が、江戸時代前期に幕府の命令を受け新田開発をおこなった浅田長右衛門(江戸時代の地図の地名に長右衛門新田があります。)の持仏堂からお寺になったそうです。

神社も長右衛門新田の鎮守だったそうですので、明治期の神仏分離令で現在の形態になったのかもしれません。

とはいえ、現在寺社があるのは江戸時代の大谷田村で、長右衛門新田からは少し離れています。

(5)蒲原神社

現在は足立区東和という地名になり、地名に痕跡はありませんが、江戸時代の蒲原村の鎮守であったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

創建は江戸時代末期の1860年

クリックすると元のサイズで表示します

おそらく村のシンボルの大いちょうの木のそばに村の鎮守として建てられたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

狛犬が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

1860年ころは疫病が大流行し、飢饉にもなり多くの方がなくなった時期ですので、魔よけの意識が強かったのかもしれません。

(6)新宿日枝神社

水戸街道の宿場町であった新宿(にいじゅく)にある神社です。

クリックすると元のサイズで表示します

2008年に改修されたので新しい造りですが、

クリックすると元のサイズで表示します

この鳥居は山王信仰の神社によくみられる鳥居だそうです。

江戸城鎮守の日枝神社がここにあるのは、水戸街道を整備したのが御三家の水戸徳川家であり、将軍が鷹狩りに訪れていた地でもあったことと関係があるのかもと思いましたが、一方で創建は室町時代という説もあり、比叡山麓の日吉大社より生じた山王信仰が古くからあったということかもしれず、その辺を勝手に想像するのが歴史散歩の楽しさです。

(7)水元 日枝神社

葛飾区東水元にも日枝神社があります。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居が同じ形態ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

大山咋神という大きな山の所有者の神様が祀られるのは山が全くないこの地域で不思議に思っていたら、農耕、治水を司る神でもあるそうで、色々興味深い成り立ちです。

クリックすると元のサイズで表示します

(8)水元 熊野神社

和歌山県の熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)の祭神である熊野権現の勧請を受けた神社は全国に約3000社あるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代は日枝神社と並んで大きな神社であったようですが、

現在は水元公園の向かいに

クリックすると元のサイズで表示します

ひっそりとたたずむ風情の神社です。

クリックすると元のサイズで表示します

(9)水元神社

この地に江戸時代からあった香取神社と、水元公園内にあった浅間神社が

クリックすると元のサイズで表示します

公園整備のために移転してきて合祀され、水元神社となったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


2.寺

コロナ自粛期間で、私も在宅勤務前後の朝早くか夕方遅くに散策していて、門が閉じられ境内の中にすら入れないところも多かったです。

(1)俊光山正法庵

1700年ころ元禄年間創建の曹洞宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

このお寺の門前の和菓子屋さんのおこわが好きで、今回以前から門前には来ていました。

(2)紫雲山西光院安養寺

創建年代不明ですが、江戸時代前期に幕府の命令を受け新田開発をおこなった浅田長右衛門(江戸時代の地図の地名に長右衛門新田があります。)の持仏堂からお寺になった真言宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

(3)直指山見性寺

1620年創建の曹洞宗寺院です。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ横に鳥居があるのが、ある意味日本らしいです。

(4)香取山明王院恵明寺

鎌倉時代1276年ころ創建の古刹の真言宗寺院です。

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代には亀有小学校の校舎として使用されたことがあるそうで、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな寺院だったのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

(5)紫雲山瑞泉院光明寺

1596年創建の真言宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

亀有香取神社の並びにあり、大きな本堂は中華風の造りに思えました。

(6)宝積山正憶院善応寺

1583年創建の浄土宗のお寺。

クリックすると元のサイズで表示します

本堂の向かいにお地蔵さんが並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

草餅寺とも呼ばれているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

(7)普明山観音院慈眼寺

1576年創建の真言宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の水戸街道沿いに位置するので、創建時と場所が違うのかもしれません。

(8)関口山祥雲寺

創建年代不明の臨済宗のお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

(9)長久山地蔵院延命寺

1169年創建の古刹の真言宗寺院。

クリックすると元のサイズで表示します

大きなお堂です。

地蔵菩薩がご本尊ですが、疫病退散の信仰を集めていたそうです。

(10)薬王山宝持院真頂寺

こちらも1145年創建の歴史あるお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

真言宗の此方のお寺、現在では想像もつきませんが、往時は西青戸の大半が境内で江戸時代には末寺30カ所の大寺院だったそうです。

(11)医王山蓮華院宝蓮寺

1532年創建の真言宗寺院。

水戸街道最初の宿場町新宿に中川を渡った宿場の入口にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

(12)宝林山宝樹院西念寺

1532年創建の浄土宗寺院。

新宿の宿場町の中にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代には将軍が鷹狩りの際に立ち寄り、この寺の生け簀の魚を食べたそうです。



3.水戸街道の宿場町跡探訪〜新宿と亀有宿〜(寺社巡りではありませんが・・)

水戸街道は、江戸時代の五街道ではありませんが、徳川御三家の一つがあった水戸への街道であり、奥州街道のバイパスとしての機能もあり、五街道の東海道、中山道、奥州街道に次ぐ、23家が参勤交代に利用する幹線街道でした。

(1)新宿(にいじゅく)宿跡

奥州街道、日光街道の千住宿から分岐して、最初の宿場街でした。

クリックすると元のサイズで表示します

新宿に入る手前の中川の渡し船は、江戸名所図会にも描かれた場所でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

中川橋がかかり、川の流れも往時と変わり、

クリックすると元のサイズで表示します

面影は全くありません。

新宿に入っても、道は往時に近いルートで残っているものの、

クリックすると元のサイズで表示します

常磐線が開通する明治時代前半までは栄えていたらしいのですが、鉄道を拒否してからは凋落してしまった歴史通りで、現在は静かな住宅地です。

栄枯盛衰、歴史の変化が感じられる街ではあります。

(2)亀有宿

その新宿の手前に、亀有宿がありましたが、正式な宿場ではなかったようです。

江戸時代は中川の渡しが荒天で渡れない場合のための小さな宿場だったようですが、現代では新宿よりにぎわっています。

ただ、再開発され現代化されているので、往時の面影はほぼありません。

一里塚が江戸時代にもありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

今ある塚は場所も違うちょっと変わったレプリカです。

(3)千住宿(6月に散策ですが・・)

日光街道、水戸街道の最初の宿場町で、品川、内藤新宿、板橋、千住と江戸時代の五街道の最初の宿場町の中で最もにぎわった宿場が千住だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

駅ビルの中には

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の千住宿の街並みが模型で復元されていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

実際に現在の宿場町を見ることにします。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の日光街道が、宿場町通りになっています。

まずは、本陣跡。

クリックすると元のサイズで表示します

全く面影はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、古い建物の千住街の駅に寄ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

元は鮮魚店であったそうで、

クリックすると元のサイズで表示します

冷蔵庫が残してあったりして、単なる案内所だけではないのがいいですね。

そこで、千住街のガイド本をゲット。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに北へ進んでいくと

クリックすると元のサイズで表示します

千住ほんちょう公園があり、この辺りから

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

古い建物が所々残っています。

千住宿の見所となる、横山家住宅

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

絵馬の吉田屋

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まで見たところで、時間切れ。

クリックすると元のサイズで表示します

お団子屋で

クリックすると元のサイズで表示します

お団子を買ったくらいで、もっと時間が必要な宿場町でした。


0

草加松原お散歩  国内旅行

6月車通勤で通る旧国道4号線である、埼玉県道49号線、足立越谷線。

江戸時代の日光街道沿いルートで、草加、越谷、春日部は宿場町でした。

宿場町であった市街地は、バイパス化しているので、車通勤では宿場町の面影を感じとれません。

ですので、往時の宿場町の雰囲気を味わいたく、今日は草加宿を歩いてみました。

先週土曜日に歩いた日光街道の最初の宿場である千住で買ったハンカチを持ち、

クリックすると元のサイズで表示します

東武伊勢崎線の各駅停車の電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

草加駅の一つ手前の谷塚駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて降りた

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな高架駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

草加市と合併した60年くらい前は、こんな長閑さだったようです。

駅からすぐに、往時の日光街道である県道49号線に出た所にある神社

クリックすると元のサイズで表示します

瀬崎浅間神社が、通勤の時から気になっていたからです。

クリックすると元のサイズで表示します

富士塚があるだろうと思っていたら、

クリックすると元のサイズで表示します

ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

私が見てきた富士塚の中では小さめ、神社は江戸時代からあるものの、今の富士塚は大正時代のもののようです。

雨が降り出す中、県道を北へ草加駅方面にしばらく歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

県道は右へ旧街道から離れていくので、

クリックすると元のサイズで表示します

旧街道を歩き、一旦草加駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅内にある草加市物産観光センターで、観光マップ、パンフをゲットして、駅前の喫茶店で一休み。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなルートを大筋辿ることにします。

草加名物の草加せんべいの考案者とされる、おせん婆ちゃんの像を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

旧街道の宿場町であった道を歩き出すと、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな建物が現存しています。

クリックすると元のサイズで表示します

一方で宿場の中心であった本陣は、

クリックすると元のサイズで表示します

マンションになった大川本陣、

クリックすると元のサイズで表示します

会社の事務所になった



クリックすると元のサイズで表示します

清水本陣は跡形もありません。

かつて草加町役場があった場所が、おせん公園として、

クリックすると元のサイズで表示します

整備されているのは、今様草加宿を標榜するだけはあります。

草加小学校の旧校舎を再利用した、

クリックすると元のサイズで表示します

草加市歴史民俗資料館にも入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

小学校の校舎の雰囲気が残りますが、

クリックすると元のサイズで表示します

入館料無料でありながら、展示品は見て良かったものが多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

資料館を出て、東福寺山門

クリックすると元のサイズで表示します

古民家を再利用したお休み処

クリックすると元のサイズで表示します

神明宮

クリックすると元のサイズで表示します

と見ながら、県道49号線に出ます。

県道が松並木であったそうですが、

クリックすると元のサイズで表示します

県道の横、綾瀬川沿いに伸びる草加松原の遊歩道です。

松尾芭蕉

クリックすると元のサイズで表示します

弟子の河合曾良が

クリックすると元のサイズで表示します

旅したおくのほそ道での

クリックすると元のサイズで表示します

国指定名勝地、おくのほそ道風景地 草加松原に選定されるだけあって、

望楼や

クリックすると元のサイズで表示します

太鼓橋が

クリックすると元のサイズで表示します

往時は無かったはずですが、いい雰囲気を作り出しています。


クリックすると元のサイズで表示します

途中綾瀬川を渡り、

クリックすると元のサイズで表示します

対岸から、草加松原を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

草加市文化会館伝統産業展示室にも寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

これはこれで、

クリックすると元のサイズで表示します

面白い施設でした。

遅い昼食兼早い夕食に、

クリックすると元のサイズで表示します

なぜかニュージーランド産牛肉を食べて、満腹になり過ぎたので、腹ごなしという事で更に歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

蒲生の一里塚まで足を伸ばしました。

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉県内の日光街道で唯一往時の一里塚が残っているとの事ですが、なんとどれがそうなのかわからない始末。

ここで、日光街道草加宿場町散歩はおしまい。

いきなり令和に戻らず、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の商店街を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな高架駅である新田駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅の途に着き、16000歩のお散歩は終了です。

0

海外旅行気分?の東武ワールドスクエア  国内旅行

8時半にホテルを出発、20分くらい歩いて到着したのが、

クリックすると元のサイズで表示します

東武ワールドスクエアです。

日本、世界各地の世界遺産など、有名な建物が1/25で再現されているテーマパークです。

クリックすると元のサイズで表示します

以前から気にはなっていましたが、すごく行く気にはならずという施設。

こういう時期だからこそという事で入ってみました。

現代日本ゾーンでは、スカイツリーと東京タワーが、

クリックすると元のサイズで表示します

山を前に立つのを見ると、おやおやという感じでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

東京駅にスペーシアが新幹線と一緒に入線していくのを見るあたりから、

クリックすると元のサイズで表示します

シュールさみたいな感じが楽しくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

次のアメリカゾーン、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

更にエジプトゾーンは、

クリックすると元のサイズで表示します

割とさらりと過ぎて、ヨーロッパゾーンへ。

昔行った事がある建物で、記憶が蘇ったり、こうだっけなあと、結構時間をかけて見てしまいました。

■イタリア

コロッセオ

クリックすると元のサイズで表示します

サン・ピエトロ寺院(バチカン市国ですが)

クリックすると元のサイズで表示します

サン・マルコ寺院

クリックすると元のサイズで表示します

■フランス

エッフェル塔

クリックすると元のサイズで表示します

凱旋門

クリックすると元のサイズで表示します

この二つは現物を見た時の方が感動でしたね。

ノートルダム寺院

クリックすると元のサイズで表示します

無事修復となるといいのですが。

ベルサイユ宮殿

クリックすると元のサイズで表示します

模型でこれだけ大きいのに、

クリックすると元のサイズで表示します

記憶にはありません、

■イギリス

タワーブリッジ

クリックすると元のサイズで表示します

ビッグベン

クリックすると元のサイズで表示します

バッキンガム宮殿

クリックすると元のサイズで表示します

■ドイツ

ノインシュバンシュタイン城

クリックすると元のサイズで表示します

■ギリシャ

パルデノン神殿

クリックすると元のサイズで表示します

また行ったことがない展示を見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

スペインのバルセロナは、

クリックすると元のサイズで表示します

行きたいなあと思うのでした。

続いてのアジアゾーンは、

アンコールワット

クリックすると元のサイズで表示します

中国の故宮

クリックすると元のサイズで表示します

インドのタージマハルと

クリックすると元のサイズで表示します

すごいなあとは模型でも思いますが、行くことはなさそうかな。

行った事がないけど行く事なさそうアジアゾーンの中で、台湾の展示は2点あり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは見るだけで、

クリックすると元のサイズで表示します

早く行きたくなりました。

最後に日本ゾーンに行くと、

奈良の寺社をちゃんと訪れていないことに愕然

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お城も

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行った事がないだらけでした。

鉄道ジオラマが、私的には、気に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2時間くらい滞在して、三密ではなく満喫。

スタンプもせっせと押して、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

記念のポストカードもGETできました。

世界一周おめでとうございますという言葉をかけられたのですが、北半球だけなんですよね。

南米やアフリカの名所、さらに南極基地があればなあ。

歩いて小佐越駅前のファミレスで、軽い昼食を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

宿に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋のお風呂に入り、のんびり過ごします。
1

2020年春の振り返り(2)公園  国内旅行

コロナ感染流行で、自粛がベースの生活をするようになりました。

そんな時期だからこそ、長年住んでいても全然足を向けなかった近所の公園や神社仏閣に運動不足を補うべく散歩した場所を列記してみます。

まずは公園です。

(1)亀有公園

この公園は駅の行き帰りで通常時にも通っていた公園です。

クリックすると元のサイズで表示します

漫画こち亀の舞台となっている公園で、

クリックすると元のサイズで表示します

亀有駅前の

クリックすると元のサイズで表示します

銅像と合わせて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海外からの方も含めて、両さんファンが訪れる公園ではあります。

電車に乗ることがなくなり、通常時と違い行くことが少なくなった公園です。

(2)都立中川公園&区立大谷田南公園

クリックすると元のサイズで表示します

割と大きな都立公園。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他から来る人はまずいなそうな、周辺住民の憩いの場という公園の横に、区立公園があり

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまりしていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

小さな子供は、

クリックすると元のサイズで表示します

この公園の方が楽しいのかもしれません。

ミニ列車は当然運休。

クリックすると元のサイズで表示します

でも人気が少なくなっているので、お散歩には悪くありません。

(3)東和親水公園と遊水遊歩道

江戸時代から排水路として使われていた用水路が、本来の役目を終えても遊歩道として整備されています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

桜のあとは新緑がきれいで

クリックすると元のサイズで表示します

心和む歩道です。

きれいとは言えない水面ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

鯉に、亀。

クリックすると元のサイズで表示します

カルガモと出会えました。

クリックすると元のサイズで表示します

遊歩道沿いにあるのが、東和親水公園です。

クリックすると元のサイズで表示します

池があるだけの小さな公園ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

カルガモの子供たちが生まれて、

クリックすると元のサイズで表示します

育っていくのをみるのは、

クリックすると元のサイズで表示します

楽しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

(4)都立水元公園

我が家から5キロほどの場所にある公園で、徒歩で行くには遠いけど、わざわざバスに乗っていくほどとは思えず、このような時期だからこそ出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな公園で西側の半分しか歩けず、園内の施設も休業中でしたが、身近にこんなに自然を感じられる場所があるのに、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

素直に驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

明治時代からのレンガ橋も、まだ遊歩道として使われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

1

谷根千散歩  国内旅行

二日家に引きこもっていたら、さすがに腐ってきたような気がしたので、先週の土曜日の休日出勤の振り替え休日の本日は、日暮里駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

千代田線の根津駅の間の

クリックすると元のサイズで表示します

谷中、根津、千駄木の上野界隈の下町エリアを、

クリックすると元のサイズで表示します

約8000歩、5キロほどを5時間かけてぶらついてみました。

まずは日暮里駅そばの天王寺を外から眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

谷中霊園の中を歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

猫がたくさんいるという話通り、猫が現れます。

というものの、とんでもない暑さですので、見かけたのはこの一匹だけでした。

ということで、こんな猫グッズ?を売っているお店に入ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のお散歩でほかにもこういうお店をいくつか見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あとで行った谷中銀座の商店街のお店の屋根の上には、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

猫の置物がいて、猫の街なのでした。

谷中堂というそのお店では、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなものを購入。

さらに歩くと、帆布のお店があり、

クリックすると元のサイズで表示します

江戸ではなく、山形のお店なのですが、台南の合成帆布で買ったかばんを愛用するようになっていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

帆布のお財布を購入。

と、買い物ばかりで、次に現れた商店街では、

クリックすると元のサイズで表示します

九州堂という九州の物産を販売するお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなレトルトカレーを買い、お散歩というよりショッピング三昧です。

ようやく、谷中銀座に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

短い商店街ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本人もさることながら海外観光客の方も多いのにはびっくりです。

この商店街では行列しているお店もありましたが、暑い中並ぶ気は全く起きず、空いているお店で、かみさんはアイス、私はなぜか田沢湖ビールしかないので、田沢湖ビールを飲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、ベジタリアンというスペイン人がお雑煮を頼むのを手伝ったりして、スマホの翻訳機能をお互いに使いながらの会話をして、海外旅行気分まで味わいました。

夕やけだんだんとか呼ばれる谷中銀座を見下ろす眺めをしばし見てから、

クリックすると元のサイズで表示します

上野桜木を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

由緒があるお寺や、

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物がある表通りもいい雰囲気ですが、そこから入った路地裏も

クリックすると元のサイズで表示します

またいい風情があります。

クリックすると元のサイズで表示します

上野桜木に着くと、古民家をリノベーションした三軒が並ぶ場所に足を踏み入れます。

クリックすると元のサイズで表示します

左奥が貸しスペース、右奥にはオリーブと塩の専門店。

クリックすると元のサイズで表示します

そこでは、店主お勧めの

クリックすると元のサイズで表示します

オリーブ油と塩を購入。

勤め人をリタイアしてからこのお店を開けたという店主から聞く話はなかなか面白いものがありました。

そして手前のお店は谷中ビアホールということで、

クリックすると元のサイズで表示します

日本人、海外観光客半々くらいのお客がいる中、二階にあがり、

クリックすると元のサイズで表示します

谷中ビールと、懐かしい味わいのナポリタンを

クリックすると元のサイズで表示します

いただき、古き江戸〜東京の日本の歴史文化の雰囲気を満喫しました。

と駅に向かって歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールの瓶が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します

台湾のデザートがずばり店名になっている古びたお店があります。

ということで入ってみると、古く雑然とした店内。

そんな店内には

クリックすると元のサイズで表示します

店名にもなっているデザートの説明が額に入っています。

台湾では見かけた記憶がなく、注文してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールはなく、青島ビールというのは拍子抜けですが、肝心の愛玉子はレモン味のさっぱりした味わいで暑い日にはぴったりです。

次回台湾に行ったときは探して食べてみなくては。

店主と台湾話も盛り上がり、楽しいひと時でした。

家が近くにありながら初めての谷根千散策でしたが、古いもの好きには満喫できる雰囲気のある街で、それでいながら海外旅行気分も味わえて、楽しい散策でした。

2




AutoPage最新お知らせ