ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第13回流鉄旅&日帰り温泉  こ鉄の部屋

今年3回目。ここ数年で定番になってきました。

馬橋12:18発の流山行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

久々のオレンジに白いラインの流星号に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の平日昼間なので、空いていてローカル線気分が味わえます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中の小金城址駅で、若葉号と行き違い、12分で流山駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

雨足が強いし、折り返しの電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

幸谷駅に引き返し、

クリックすると元のサイズで表示します

隣接する新松戸駅から武蔵野線に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

三郷駅で降りて、

クリックすると元のサイズで表示します

行きつけの、

クリックすると元のサイズで表示します

早稲田天然温泉めぐみの湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場にも入りますが、初めて1時間2500円の個室風呂に入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

掛け流しの温泉は大浴場と同じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

よりじっくり味わえろのが、いいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りビールがより一層美味しく、素晴らしいプチ湯治となるのでした。

帰りは、イタリア旅行に行ったばかりのかみさんが、イタリアンレストランチェーン店のサイゼリヤに行きたいというので、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食べてから、三郷駅前からバスに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

所要時間では30分以上、運賃は200円ほど余計支払い、金町駅へというルートで帰宅しました。
1

第12回流鉄旅&日帰り温泉  こ鉄の部屋

妙に疲れた週末の土曜日、昼寝を取り、U-22チームのトゥーロン国際大会ポルトガル戦をビデオで見ました。

ふーむ、U-20ワールドカップ韓国戦、フル代表トリニータドバコ戦と今週見た試合は全てコレクティブに試合を進めているのに点が取れずという試合。

中身は悪くないけどという試合ばかり。

夕方になり、お出かけ。

亀有16:55発我孫子行きに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

馬橋で下車。

今年2回目、通算12回目の流鉄流山線に乗り換えます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は赤に白帯のあかぎ号です。

クリックすると元のサイズで表示します

景色は住宅街の中を走りますが、ゴトゴト揺れが大きいローカル線のリズムで走る電車に10分ほど乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

終着駅の流山駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

車庫にいる電車を見るくらいで、

クリックすると元のサイズで表示します

折り返しは、さくら号で、

クリックすると元のサイズで表示します

幸谷駅まで引き返して、

クリックすると元のサイズで表示します

幸谷駅に隣接する新松戸駅から武蔵野線に二駅乗り、三郷駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

バスに10分ほど乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

彦川戸2丁目バス停で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

久々の「湯快爽快ゆけむり横丁 みさと店」という日帰り温泉施設へ。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の街並み風の

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食事処の雰囲気が好きで、時折きます。

30分ほど入浴してから、

クリックすると元のサイズで表示します

2時間ほど飲み食いして、

クリックすると元のサイズで表示します

バスで三郷駅に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは武蔵野線から

クリックすると元のサイズで表示します

新松戸で常磐線に乗り換え、まっすぐ帰宅しました。

今回の収穫?

クリックすると元のサイズで表示します

スタンプと硬券の入場券。
1

新型特急ラビュー初乗車  こ鉄の部屋

2019年3月16日から運行を開始した西武鉄道の新しい特急車両ラビューに、運行開始から3週間たって初めて乗ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

前面デザインの独特さもさることながら、

クリックすると元のサイズで表示します

側面の大きな窓

クリックすると元のサイズで表示します

色、形態と列車の座席とは思えない

クリックすると元のサイズで表示します

車内の雰囲気も

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい車両なのでした。

池袋から飯能までの38分間の乗車があっという間でした。
2

2019年3月のこ鉄  こ鉄の部屋

3月は、山梨県湯村温泉1泊と、栃木県板室温泉3泊の2回の宿泊旅と、埼玉県東鷲宮百観音温泉日帰りと、近場温泉お出かけでした。

湯村温泉への往復時には、大月から分岐する富士急行に行きも帰りも寄り道しました。

2日間有効の、

クリックすると元のサイズで表示します

吉田のうどんきっぷを購入し、

初日は、大月から河口湖駅まで

クリックすると元のサイズで表示します

左の元京王5000系という通勤型車両を改造した「富士登山電車」に乗車。

青富士車両と

クリックすると元のサイズで表示します

赤富士車両の

クリックすると元のサイズで表示します

2両編成。

またしても赤富士車両に

クリックすると元のサイズで表示します

乗ってしまいました。

河口湖駅では何もせずに、

クリックすると元のサイズで表示します

「富士山ビュー特急」で大月に引き返しました。

クリックすると元のサイズで表示します

3回目の今回は初めて一般車両に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

この「吉田うどんきっぷ」では、300円の料金がかかる特急は料金なしで乗車できますが、200円の快速「富士登山電車」では料金を支払わなくてはいけないのが、

クリックすると元のサイズで表示します

少し不思議です。

私的には車内でくつろげる感じになるのが、特急よりも富士登山電車ですので、まあそうかなとも思いましたが・・・

2日目は、大月から料金不要の快速電車で、

クリックすると元のサイズで表示します

都留文科大学駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから歩いて、松尾芭蕉が句を詠んだ

クリックすると元のサイズで表示します

田原の滝を眺めて、

クリックすると元のサイズで表示します

一駅先の十日市場駅まで

クリックすると元のサイズで表示します

歩き、各駅停車の電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

葭池温泉前駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

駅からすぐの

クリックすると元のサイズで表示します

温泉に立ち寄り湯してから、更に各駅停車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

3本のJRから来た通勤型電車を改造した

クリックすると元のサイズで表示します

電車に乗り継ぎながら富士山駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

うどん引換券を使って

クリックすると元のサイズで表示します

駅から数分歩いた

クリックすると元のサイズで表示します

ふじやで、肉うどんをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしくて、またお店により味が違うのも楽しく、吉田うどん食べ歩きはこれからもしてみたいものです。

富士山駅からは、「フジサン特急」で

クリックすると元のサイズで表示します

大月へと戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

天気が悪く富士山を車窓から見られなかったのが、残念ではありましたが、富士急行線を満喫できたのでした。

大月-甲府間は、

クリックすると元のサイズで表示します

各駅停車での往復。

東京-大月間は、行きは通勤型車両の快速電車でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは特急かいじ号に乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

初めての新型車両でした。

クリックすると元のサイズで表示します

とこ鉄的には堪能した山梨行きでした。

栃木への湯治旅は、宇都宮餃子を食べることも

クリックすると元のサイズで表示します

旅の目的でしたので、

クリックすると元のサイズで表示します

宇都宮ー黒磯間をJR東北線の各駅停車で往復。

クリックすると元のサイズで表示します

通勤型車両で

クリックすると元のサイズで表示します

旅気分にはなりにくいですね。

宇都宮へは行きは、北千住から杤木まで特急けごん号の

クリックすると元のサイズで表示します

スペーシアに

クリックすると元のサイズで表示します

乗り、東武宇都宮線の各駅停車に乗り換え

クリックすると元のサイズで表示します

東武宇都宮駅へと

クリックすると元のサイズで表示します

いう運賃節約ルート。

帰りは、宇都宮駅からJR日光線の観光車両タイプの各駅停車「いろは」に

クリックすると元のサイズで表示します

初めて乗車。

今回も宇都宮ー黒磯間で乗った通勤型車両205系電車を改造した車両です。

クリックすると元のサイズで表示します

4つあるドアの内真ん中二つはふさぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

クロスシートに車内を改造。

それだけでも印象が変わるものです。

荘厳な造りのJR日光駅から

クリックすると元のサイズで表示します

少し歩いたところにある東武日光駅から

クリックすると元のサイズで表示します

特急きりふり号で

クリックすると元のサイズで表示します

北千住へ。

クリックすると元のサイズで表示します

リクライニングしない

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の香りがする

クリックすると元のサイズで表示します

古い車両ですので、いつなくなってもおかしくなく、こういう機会に乗っておきたく、変な遠回りで帰るというルートにしました。

この2回の宿泊旅以外では、春日部ー大宮間で東武野田線に乗ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

西武鉄道のレッドアローに乗ったり、

クリックすると元のサイズで表示します

新たに登場した東武東上線の「川越特急」に乗ったりという具合でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

川越特急の白いラッピングが登場するにあたり、青い鳥ラッピングが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なくなったのは残念な感じです。

今月も地味に近場のこ鉄でした。
0

2019年2月のこ鉄  こ鉄の部屋

2月は東京、埼玉、千葉、神奈川の4県が行動範囲でした。

昨年3月に20年以上ぶりに乗った青梅線に乗りました。

今回は小作駅

クリックすると元のサイズで表示します

東青梅駅

クリックすると元のサイズで表示します

二俣尾駅

クリックすると元のサイズで表示します

御嶽駅

クリックすると元のサイズで表示します

白丸駅

クリックすると元のサイズで表示します

奥多摩駅

クリックすると元のサイズで表示します

と6つの駅に乗り降りしました。

走る電車はE233系という中央線快速電車の通勤型車両ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

中には青梅線観光風に

クリックすると元のサイズで表示します

手が加えられている車両もありました。

車窓から多摩川の渓流の眺めを

クリックすると元のサイズで表示します

楽しめて、身近にローカル線気分を味わえます。

青梅市にある岩蔵温泉に宿泊するのに東青梅駅が玄関駅なので青梅線を利用しましたが、岩蔵温泉もう一つの玄関駅飯能駅から行きはバスに乗りました。

寄り道ルートで羽生駅から

クリックすると元のサイズで表示します

200円の急行料金を支払い、

クリックすると元のサイズで表示します

急行秩父路号で

クリックすると元のサイズで表示します

秩父鉄道全線に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

三峰口駅へ。

折り返して武州中川駅で

クリックすると元のサイズで表示します

アルフィーの

クリックすると元のサイズで表示します

櫻井さんの実家の酒屋に立ち寄り、

クリックすると元のサイズで表示します

御花畑駅に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

隣接する西武秩父駅から

クリックすると元のサイズで表示します

西武秩父線の各駅停車で

クリックすると元のサイズで表示します

飯能駅に出るという遠回りですが、

クリックすると元のサイズで表示します

旅気分を味わえたルートでした。

西武秩父線の各駅停車電車は

クリックすると元のサイズで表示します

ボックスシート車両で

クリックすると元のサイズで表示します

山中を走るので、案外楽しかったです。

日帰りでは通算11回目の乗車となった、千葉県の流鉄流山線

クリックすると元のサイズで表示します

法事で横浜に出かけた際には、開業してから90年くらいの日本最古の地下鉄銀座線に

クリックすると元のサイズで表示します

久々に乗り、各駅のリノベーションが進むのに、

クリックすると元のサイズで表示します

素直に驚き、渋谷-代官山間が地下化されてから多分初めての乗車というくらい、久々の東急東横線と

クリックすると元のサイズで表示します

新型車両になって多分初めて乗るJR横浜線と

クリックすると元のサイズで表示します

久々に行く横浜行きと

クリックすると元のサイズで表示します

地味ですが、こ鉄的には悪くはない一か月でした。
1




AutoPage最新お知らせ