ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
三依温泉「まるみの湯」  栃木県の温泉

2012年7月に立ち寄り湯しました。

野岩鉄道中三依温泉駅から徒歩5分ほどの会津西街道と呼ばれる国道沿いに看板が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

正式には「蕎麦の宿みより荘 まるみの湯」というようです。

クリックすると元のサイズで表示します

蕎麦屋と宿がつながった長屋風?の平屋があり、そのさらに奥に湯小屋があります。

日帰り入浴は蕎麦屋の横で料金を支払うようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

さて湯小屋に入ると下駄箱があり、男女別の浴室の入口が分かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所から浴室に入ると、とても雰囲気がいい浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

男性浴室の浴槽は数か月前に新しくしたばかりとのことです。

クリックすると元のサイズで表示します

窓からは川を見下ろしながら、静かに入浴を楽しむことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉は冷鉱泉なので加温され、かつ循環されていますがしっとりしたお湯で悪くはありません。

湯上りには蕎麦屋で、

クリックすると元のサイズで表示します

昼食を済ませた後だったので、栃餅をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

素朴な味わいですがおいしくいただきました。

今度はそばも食べてみたいし、宿泊もしてみたい宿でした。


●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 カルシウムー硫酸塩泉     
【PH・泉温】 PH7.4 13.5℃
【立ち寄り営業時間】 要問合せ
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0

板室温泉・勝風館  栃木県の温泉

2012年7月に1泊しました。

黒磯駅からバスで30分の山の中に11軒の宿が並ぶ板室温泉の

クリックすると元のサイズで表示します

バス停の2軒隣に「勝風館」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジ系の明るい外壁の3階建ての宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

家族で切り盛りして30年の明るくきれいな湯治宿です。

この日いたほかのお客さんは年配の何回もここに来られている連泊の方ばかりでした。

6畳一間の簡素ですが、清潔感があるお部屋でした。

クリックすると元のサイズで表示します

お茶うけの辛味噌やきゃらぶきもおいしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は2階の階段を上がってすぐのところにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室も明るくきれいな雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

二つの浴槽には同じ湯口から加温された40℃くらいのお湯が注がれています。

クリックすると元のサイズで表示します

奥の浴室はジャグジーになるようになっていて、一人入れるくらいの小ぶりな手前の浴槽でもっぱらゆっくり漬かっていました。

ヌルトロ感あるやわらかいお湯でした。

欲を言えば加温なしの源泉浴槽があればというところでした。

お食事はお部屋でいただきました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

家族料理ですが、おいしく特に炊き込みご飯は最高でした。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します

常連の方もおっしゃっていましたが食事はおいしかったです。

宿の方も親切でしたし、明るくきれいな湯治宿でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.shoufukan.com/index.html
【泉質】単純温泉    
【PH・泉温】 PH9.6 34.9℃
【立ち寄り営業時間】
【立ち寄り料金】
【宿泊】 有(宿泊しました) 
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

湯西川温泉・湯西川観光センター  栃木県の温泉

*2011年11月19日の記事に加筆しました。

2011年11月、2012年4月に立ち寄り湯しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅であり、

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅でもある「湯の郷 湯西川観光センター」

クリックすると元のサイズで表示します

センターの前からは季節限定ですが、水陸両用バスで行くダムとダム湖探検ツアーがあり、行った時にちょうどその水陸両用バスが発車するところでした。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、センターの2階に日帰り温泉施設があります。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街としての湯西川温泉は、センターからバスで30分ほど入った山の中であり、以前から駅の上にありかつ道の駅であるこちらに温泉があるのは知っていましたが、全く行こうと思うことはありませんでした。

ところが、このセンターができる以前にあった共同浴場と同じ西川源泉を使用しているとのことで、来てみました。

さて、2階に上がり中に入ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな休息所があり、浴室への廊下もとてもきれいな

クリックすると元のサイズで表示します

センター系の施設です。

浴室は岩盤浴専用浴室を挟んで2つあります。

奥の浴室は広々した内湯があります。

クリックすると元のサイズで表示します

併設された露天風呂は、塀がそれなりの高さでついてますが山々が見えるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

一方手前側の浴室ですが、内湯の造りは大差ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯からそのまま行ける露天風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

半露天といった感じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

高めの塀の上からは五十里湖を見ることができます。

このふたつの浴室が男女入れ替えになっています。

さて、肝心のお湯ですが、これがいい温泉です。

PH9.2の重曹泉型のアルカリ性単純温泉であるためか、柔らかくトロリ感があるいい肌触りのお湯です。

しかも湯口の近くだけではありますが、ほのかな硫黄臭もします。

このお湯がかけ流しでこじんまり使われていた共同浴場に入れたら、おそらく極上湯であったものと思われますが、現在のセンター形式でも空いていて、じっくり温泉を堪能できたので、十分満足できた入浴となりました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.yagan.co.jp/eki/yunishigawa_kankocenter.html
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH9.2 41.7℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜21:00
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1

中三依温泉センター男鹿の湯  栃木県の温泉

2011年11月に立ち寄り湯しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線中三依温泉駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩3分くらいの場所にある「なかみより体験村」というキャンプ場の中にある

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ると正面に食事処が目に入りますが、右手すぐのフロントで入浴料を支払い、右側の階段を下りて行くと、お風呂場です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室は内湯のみの、大きな窓がとられたシンプルな造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

大きく貼り紙されていますが、加温循環されていて、少しだけ塩素臭もします。

しかし、平日の水曜日の10時過ぎに行ったためか入館者は私一人で山の中の秘湯気分のようなものを味わうことができて、結構いい気分で入浴できました。

湯上がりに上に上がると、施設のおかみさんがゆっくりしていきなさいよと、声をかけていただいたのですが、次に行きたいところがあるのでというと、水を飲んで行きなさい、とわざわざ水を飲ませてくれます。

おいしいよとのことですが、本当においしく、3杯くらい立て続けに飲んだら、ご丁寧に空のペットボトルを引っ張り出してくれて、それに水を詰めておみやに持たせてもらいました。

そんな親切も含めて、満足のいく一浴となりました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www29.atwiki.jp/ojikayu/
【泉質】 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉    
【PH・泉温】 PH8.9 23.3℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜19:30
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 無(別に貸切キャビンはありますが)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

塩原塩釜温泉・彩つむぎ  栃木県の温泉

2011年6月に立ち寄り湯しました。

といっても基本的には立ち寄り湯は受け付けていないのですが、「明賀屋本館」に宿泊した時に明賀屋グループ姉妹館特典で立ち寄り湯しました。

姉妹館とはいえ、塩の湯温泉と塩釜温泉と源泉は全く違うし、車で10分ほど移動にかかる別の場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

明賀屋本館の太古館から来ると、いきなり平成の世にワープした感じがするモダンな雰囲気の宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宿の朝食の1時間目に来たのであわただしく、2か所あるお風呂に入りました。

内湯は「大石風呂」という名前がついています。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は名前の通り、大きな岩が特徴になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

箒川側は畳敷のちょっとした休息場所になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、よく見ると湯口の跡がなぜかあります。

クリックすると元のサイズで表示します

元々は、明賀屋別館山水荘であったのを改装したようです。

こちらの温泉は山水荘源泉となっていて、溶存物資1370mgの単純温泉に限りなく近いくせのない温泉です。

露天風呂は本館から外に出たところにあります。

クリックすると元のサイズで表示します

改装前の現在使用されていない建物と、

クリックすると元のサイズで表示します

池を見ながら歩いて行くと、現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所の建物はいかにも現代風です。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は露天の岩風呂があるだけのシンプルなものですが庭園の中にある眺望はないのですが、落ち着ける雰囲気になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは内湯と違う源泉を使用しているようですが、溶存物質1120mgと泉質名は長いのですが、単純温泉に近い温泉です。

朝の光の中で、くつろぐことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

全く違う雰囲気の宿と温泉が楽しめるので、自分の好みに宿泊して違うタイプの温泉に入ることができるのはいいと思いました。

ちなみに私は、明賀屋本館の方に部屋、お風呂、温泉とも圧倒的に軍配をあげてしまいますが・・

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.ayatsumugi.com/
【泉質】
  内湯(山水荘源泉)ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉
  露天(塩釜左岸・親抱源泉混合泉)ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素泉    
【PH・泉温】
  内湯 PH6.8 52℃
  露天 PH6.8 67℃
【立ち寄り営業時間】 不可
【立ち寄り料金】
【宿泊】 有(明賀屋グループ特典で立ち寄り湯.)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ