ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
板室温泉 湯宿きくや  栃木県の温泉

昨年8月以来2回目の宿泊は2泊しました。

きくや一望館が、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2019年8月に移転リニューアルした宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宿の名前が出ていない外観です。

クリックすると元のサイズで表示します

外に足湯がある

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーから、

クリックすると元のサイズで表示します

階段を上がった2階に

クリックすると元のサイズで表示します

三つの部屋があるだけのこじんまりした宿です。

今回は、藍という部屋に宿泊しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全ての部屋に半露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

2種類の板室温泉のお湯が、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

惜しみなく掛け流しされています。

クリックすると元のサイズで表示します

二人入っても余裕のある広さで、

クリックすると元のサイズで表示します

山の中の温泉気分が満喫できます。

前回宿泊したのは、山吹というお部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの部屋お風呂はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場はありませんが、温泉は充分に堪能できます。

そして、食事も美味しいです。

夕食は、

クリックすると元のサイズで表示します

このような献立です。

先付、前菜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お造り

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

煮物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

焼物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蓋物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

肉料理

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯、汁物で食事はおしまいとなり、食後のデザートが出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、食事以外の地酒飲み比べセットも楽しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食だけではなく、朝食も素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

野菜が美味しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

食後のデザートも充実。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

家族経営ならではの温かいおもてなしと、全てが満足できる宿です。
1

大金グランドホテル  栃木県の温泉

今回一泊しました。

2015年3月に宿泊したことがあり、その時の印象は、とにかく大きい、なんだかB級感が強いでした。

今回、宇都宮で餃子を一緒に食べようと、温泉のある宿を探したら、他に見当たらず、ここになった経緯があります。

さて来てみると、

クリックすると元のサイズで表示します

おおっ、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり大きい。

今回の部屋は、こたつの間と、

クリックすると元のサイズで表示します

布団がひいてある寝室の間の

クリックすると元のサイズで表示します

二間で、夕食付きで8000円。

夕食はバイキングですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

値段を考えれば、

クリックすると元のサイズで表示します

悪くありません。

そして、温泉も、

クリックすると元のサイズで表示します

ナトリウム・カルシウムー塩化物泉が、

クリックすると元のサイズで表示します

ほんのり濁り湯で40℃くらいで、ゆっくり入っていられる、

クリックすると元のサイズで表示します

いい温泉でした。
0

日光温泉 日光ステーションホテルクラシック  栃木県の温泉

2014年11月に立ち寄り湯しました。

クラシカルな外観のJR日光線の終着駅である日光駅の

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ前に立つ「日光ステーションホテルクラシック」は

クリックすると元のサイズで表示します

駅舎と同じような欧風クラシカルな雰囲気の外観のホテルですが、こちらにはなんと日帰り入浴も可能な温泉風呂が

クリックすると元のサイズで表示します

あります。

クリックすると元のサイズで表示します

館内に入っての雰囲気も、従業員の方の対応もよく、フロントで入浴料金を支払いお風呂に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂はクラシカルな雰囲気ではなくて、機能的な感じのお風呂です。

クリックすると元のサイズで表示します

あつめとぬるめの二つの浴槽が向かい合い、どちらも浴槽内循環で室内には塩素の香りがそれなりにします。

そういくら自家源泉でも、

クリックすると元のサイズで表示します

立地的には無理もありません。

ということで、和風の屋根がついている露天風呂へ。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯よりは塩素の匂いはしません。

こちらも

クリックすると元のサイズで表示します

湯口からの投入はなく、浴槽内循環ではあります。

しかし静かに駅の真ん前で温泉に入れるわけですので、ありがたいことではあります。

しかもその駅が、開業120年の歴史を感じさせる日光駅ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.nikko-stationhotel.jp/day_use.html
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH8.8 45.1℃ 
【立ち寄り営業時間】 11:00〜23:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆
【備考】
0

川治温泉 柏屋  栃木県の温泉

2014年4月に立ち寄り湯しました。

川治温泉の「川じい」の像が立つ

クリックすると元のサイズで表示します

野岩鉄道会津鬼怒川線の川治湯元駅から

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩10分ほどの場所に立つ大きなホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーもゆったりした空間で、

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーの隅には喫茶コーナーもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂はロビーから廊下をそれなりの距離を

クリックすると元のサイズで表示します

歩いていった場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣場もきれいでゆったりした空間です。

浴室に入ると、右にシャワーが並び、左に大きな浴槽があります。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室の奥から露天風呂に出ると、まず東やの下に浴槽があり、加温なしのぬるい温度です。

かけながしかわかりませんが、源泉に近い状態が味わえます。

そして、川を見下ろす岩風呂の浴槽がどんと広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影禁止とのことで、宿のポスターの写真です。

野岩鉄道の車窓からも、柏屋の露天風呂ははっきり見えますので、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂からの眺めは中々のものです。

まあ、塩素臭もしますし、元々特徴のある泉質ではないのでお湯自体にはあまりどうこうないのですが、開放的な気持ちのいい露天風呂ではあります。

ただ、私は加温なし浴槽が一番気に入って、そこでゆっくりと漬かっていました。

施設や接客はさすがに川治温泉を代表する宿だけのものがありました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.kashiwaya-kawaji.jp/
【泉質】 単純温泉    
【PH・泉温】 PH8.0 36.3℃
【立ち寄り営業時間】 14:00〜17:00 
【立ち寄り料金】 1200円 
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆
【備考】

0

湯西川温泉 共同浴場  栃木県の温泉

2014年4月に立ち寄り湯しました。

温泉街の中を流れる湯西川にかかる「ゆぜん」橋の

クリックすると元のサイズで表示します

たもとにある共同浴場です。

橋の上から見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

丸見えという状態ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、共同浴場とは気づかないような地味な浴舎です。

サッシのドアを開けると

クリックすると元のサイズで表示します

目の前が脱衣棚、そしてすぐに石の浴槽が

クリックすると元のサイズで表示します

目に飛び込んできます。

男女別ではなく、混浴になっています。

浴舎のすぐそばを川が流れていますが、浴槽に漬かってしまうと

クリックすると元のサイズで表示します

こんな具合です。

クリックすると元のサイズで表示します

おそらく投入する湯量で温度調節をしているだけのシンプルな造り。

熱めのさっぱりした浴感の温泉をじっくり味わうことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】     
【PH・泉温】 PH9.3 51.6℃
【立ち寄り営業時間】 不明
【立ち寄り料金】 寸志
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ