ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
沖縄県琉球温泉 瀬長島ホテル 龍神の湯  九州・沖縄の温泉

2015年1月に立ち寄り湯しました。

那覇空港から6キロ、車で15分ほどの場所にある、沖縄本島とは陸続きの小さな瀬長島の

クリックすると元のサイズで表示します

リゾートホテル「瀬長島ホテル」にある

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉も受け付けている温泉施設が「琉球温泉 龍神の湯」です。

クリックすると元のサイズで表示します

海が見えるフロント、ロビーの

クリックすると元のサイズで表示します

右手の廊下を進んでいった場所に

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

私が入浴したのは

クリックすると元のサイズで表示します

「金龍の湯」です。

とても混んでいたので写真は撮れませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂からの眺めが面白い。

岩風呂からは、那覇空港が見えて

クリックすると元のサイズで表示します

次々着陸する飛行機を

クリックすると元のサイズで表示します

眺められるのは面白い。

また立湯の正面が特にそうですが、慶良間諸島の島影が遠くに見えて、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂の眺望はとにかく素晴らしいお風呂です。

地下1500Mから掘削の強食塩泉は、循環されていますが茶緑の濁り湯の色合いも浴感も悪いものではありません。

那覇に宿泊することがある時には、宿泊してじっくりお風呂を楽しみたいホテルでした。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.senagaspa.jp/jp/hotbath/index.html
【泉質】 ナトリウム−塩化物強塩泉
【PH・泉温】 PH
【立ち寄り営業時間】 6:00〜24:00
【立ち寄り料金】 平日1,330円 土日祝1,540円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0

沖縄県宮古島 シギラ黄金温泉  九州・沖縄の温泉

2014年12月に立ち寄り湯しました。

宮古島の南部、
クリックすると元のサイズで表示します

広告が出ている

クリックすると元のサイズで表示します

宮古空港から車で20分弱ほどの場所にある「ザ シギラ」はじめ4種類のリゾートホテルがある「シギラリゾート」の中にある日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

訪れたのは冬ですが、さすが南国の雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

館内に入ると、受付があります。

クリックすると元のサイズで表示します

受付のすぐ奥に、紺とえんじののれんがかかった男女別の大浴場がありますが、私たち夫婦は係りの方に案内いただき、温泉プールの

クリックすると元のサイズで表示します

横を歩き、個室ヴィラが並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します

「温泉個室 プライベートルーム」である

クリックすると元のサイズで表示します

「ランタナ」という名の温泉付きヴィラにて入浴しました。

こちらのプライベートルームは1時間半で4320円ですが、普通の大浴場が2000円で二人分と考えると、大差ない金額で二人でゆっくりできる方がいいだろうということでプライベートルームを選びました。

室内はこじんまりしていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

リクライングシートと

クリックすると元のサイズで表示します

もう一組椅子が置かれ、さすがリゾートホテルの経営という感じです。

室内にトイレとシャワーもついていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

肝心な温泉は外の

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂です。

浴槽の前にはデッキチェアが置かれ、

クリックすると元のサイズで表示します

とにかくくつろげるようになっています。

黄金温泉という名前のとおりの

クリックすると元のサイズで表示します

琥珀色の濁り湯が

クリックすると元のサイズで表示します

加水加温なしのかけ流しで浴槽に湛えられています。

地下1250Mから掘削した食塩泉ですが、刺激は少な目、やわらかい感触の浴感です。

冬であっても、湯上りは汗が中々ひかない温まり感があります。

ルームサービスでパイナップルジュースを頼んで飲んだりしながら、のんびりくつろいでいるとあっという間に1時間半が過ぎてしまいました。

お湯も満足で、南国リゾート気分が味わうことができる温泉施設でした。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.nanseirakuen.com/onsen/
【泉質】 ナトリウム-塩化物泉   
【PH・泉温】 PH不明 49.6℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜22:00
【立ち寄り料金】 2000円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

沖縄県 宮古島温泉  九州・沖縄の温泉

2015年1月に立ち寄り湯しました。

宮古島の玄関である宮古空港、平良港から車で20分ほどの島の真ん中あたりにある、2006年12月にオープンした日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

入口ではシーサーが迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

1階はこじんまりしていて、受付で入浴料金を支払いロッカーキーをもらうと、

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ横が浴室の入口です。

お風呂は

クリックすると元のサイズで表示します

内湯と塀に覆われ眺望はなく外気に触れるだけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

露天風呂があります。

お湯は地下1500M掘って湧出の強食塩泉の濁り湯。

少しギシギシ感のようなものがありますが、強食塩泉にありがちな妙な刺激はない感じでした。

2階には、家族風呂が8室あります。

クリックすると元のサイズで表示します

檜風呂、岩風呂、大理石風呂とパターンも違うようですが

クリックすると元のサイズで表示します

私たちは岩風呂に入ってみました。

小さな脱衣コーナーと、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな岩風呂があります。

60分1000円ですが、温まり感の強いお湯で、部屋の中でゆったりスペースまではないので、60分はいられない感じです。

南の島の宮古島で、本格的な温泉に入れるとは思っていなかったので、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっといい意味でびっくりでした。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://miyakojima-onsen.co.jp/index.html
【泉質】 ナトリウム−塩化物強塩泉   
【PH・泉温】 PH7.5 49.7℃
【立ち寄り営業時間】 11:00〜22:00
【立ち寄り料金】 900円
【宿泊】 無(隣接して「宮古島温泉メディカルホテルRIGHT」があります)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

沖縄県 エナジック天然温泉アロマ  九州・沖縄の温泉

2012年12月に立ち寄り湯しました。

普天間基地の近く、宜野湾にほど近い場所に立つ日帰り温泉施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

もともとはJAつまり農協の日帰り施設だったそうですが、2010年6月から経営母体が変わったようです。

那覇に一泊し、レンタカーで美ら海水族館に行き那覇に戻る途中に寄ったのですが、近くまで来ると渋滞気味。

もしかして温泉も激混み?と思いきや、隣に立つドンキホーテの買い物客渋滞で施設内は適度な混み具合でした。

フロントでタオル、館内着をもらい脱衣所へ。

クリックすると元のサイズで表示します

入口までは素朴な雰囲気の造りでしたがロッカーは中々ご立派な感じです。

タオルと館内着がついているとはいえ1500円は割高という感じは少し払しょくされました。

内湯にはいくつか温泉利用の浴槽がありますが、循環されているとの先人の方々のルポを読んでいたので、体を流すと源泉かけ流しの露天風呂へまっしぐら。

クリックすると元のサイズで表示します

少し肌寒い日でしたが、41〜42℃くらいの適温という感じで、源泉が40℃とのことですので加温していたのかもしれません(未確認)。

ほんのり緑かかったお湯は、やわらかくまろやかな肌さわりの中々のお湯です。

温泉は地下深く掘削した化石海水型の食塩泉ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

中々のいい温泉です。

海のそばですが眺望はない庭園を眺めての入浴となる露天風呂ですが、開放感もあり思いのほか満足な一浴でした。

内湯の温泉浴槽にも一応入りましたが、お湯は明らかに露天のほうがいいと思います。

施設の雰囲気は東京近郊の日帰り施設と大差ありませんが、お湯は化石海水型としてはいい温泉だと思います。

温泉イメージが全くなかった沖縄で、思いがけない良湯?と出会うことができました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://aroma1126.com/
【泉質】 ナトリウム−塩化物泉   
【PH・泉温】 PH8.2 40℃
【立ち寄り営業時間】 6:00〜24:00 
【立ち寄り料金】 1500円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
0

沖縄県 りっかりっか湯  九州・沖縄の温泉

2012年12月に立ち寄り湯しました。

那覇の目抜き通り国際通りから少し脇に入ったところに立つ那覇セントラルホテル併設の入浴施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉だけの利用も積極的に受け入れているようです。

ホテルの裏側に温泉施設専用の出入り口が設けられています。

暖簾をくぐると下駄箱に靴を入れ、

クリックすると元のサイズで表示します

休息コーナー兼レストランがあるフロント前の券売機で入浴券を購入します。

日曜日の朝6時に行ったので人気はありませんが、入浴料が1200円!

クリックすると元のサイズで表示します

割高感がありますが、階段を上がり2階の浴室に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この日の男湯は、紫雲泉という浴室でした。

こちらの浴室の内湯にはいくつもの浴槽がありますが温泉ではなく、温泉が使用されているのは壁に覆われた露天風呂の岩風呂のみです。

クリックすると元のサイズで表示します

加温循環され、ほぼ無色透明、若干の塩素臭もして温泉らしさはあまり感じられません。

まあ、温泉が希少価値の沖縄県の、唯一最大の繁華街那覇の国際通りで温泉に入ることができるというのが魅力といえるというところです。

浦添の湯」に入浴した翌朝の入浴だけにそう感じてしまったのかもしれません。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.nahacen.com/rikka/
【泉質】 ナトリウムー塩化物泉    
【PH・泉温】 PH7.98 26.6℃
【立ち寄り営業時間】 6:00〜24:00
【立ち寄り料金】 950円(日祝日1200円)
【宿泊】 有
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0




AutoPage最新お知らせ