ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
富士吉田市 旅館不動湯  山梨県の温泉

2017年2月に宿泊しました。

2011年7月に富士吉田駅から改称された富士山駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

車で、富士吉田の街中から、ちょっと走ると、

クリックすると元のサイズで表示します

山中の細道となり、15分ほどで

クリックすると元のサイズで表示します

一軒宿の風情の宿に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は思いのほか

クリックすると元のサイズで表示します

大きい印象です。

昔の不動湯の写真が館内にありましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

ロケーションが山中の一軒宿という感じですからね。

ロビーから

クリックすると元のサイズで表示します

廊下を歩いていき、

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋に入ると、実にシンプルな和室です。

床暖房になっていて、こたつやヒーターはありませんでしたが、2月の寒い日でもとても暖かかったです。

お風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

男女別の内湯のみの浴室があります。

このお風呂以外にも、

クリックすると元のサイズで表示します

昔から皮膚病に効くお湯であるということで、療養者専用の浴室もあります。

浴室はとてもシンプルで、

クリックすると元のサイズで表示します

男女とも

クリックすると元のサイズで表示します

細長い浴槽が2つに区切られ、

クリックすると元のサイズで表示します

この時は冷水までではありませんが、とてもぬるい30℃くらいのお湯が小さいほうに、40℃くらいのお湯が大きいほうの浴槽でした。

無色透明、無味無臭、柔らかい浴感がするなあという、特徴は感じられないお湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

成分が極めて薄い鉱泉ということのようですが、長湯できることもあり、湯上りもぽかぽかしている不思議な鉱泉です。

1泊朝食付き4000円ほどの宿泊でしたが、夕食は館内の食堂でいただくことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

券売機で食券を購入する仕組みで、メニューが多いわけではありませんが、好きなものを選べるし、お値段も良心的です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二人でこんなチョイスで、味、量とも満足のいくものでした。

朝食は同じ食堂で、

クリックすると元のサイズで表示します

このようなメニューでした。

宿の裏手は

クリックすると元のサイズで表示します

湧水が神社として祀られ、

クリックすると元のサイズで表示します

水汲み場があります。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂も常時2,3人が本を読みながらずっと漬かっている人がいて、さらに地元の方が入っている混雑ぶりでしたが、水汲みに来る方も多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

私は1リットルだけ汲んで、帰りました。

不思議な鉱泉です。

今度は夏場に行ってみたいものです。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.fudouyu.jp/
【泉質】 不明   
【PH・泉温】 PH7.2 
【立ち寄り営業時間】 8:00〜16:30
【立ち寄り料金】 1000円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】


0

河口湖温泉 丸弥荘  山梨県の温泉

2016年12月に宿泊しました。

富士急行線の終点河口湖駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩15分ほどの場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

全11室の民宿です。

スポーツ合宿の受け入れにも積極的なようで、宿泊した日は翌日のマラソン大会?に参加する学生の団体さんが同宿でした。

ですので、

クリックすると元のサイズで表示します

館内の雰囲気は、学生時代の下宿を連想させますし、お部屋も

クリックすると元のサイズで表示します

簡素な和室です。

河口湖は宿から見えませんが、窓からは

クリックすると元のサイズで表示します

富士山がよく見えます。

富士山を見るには邪魔?な建物もあったりしますが、

クリックすると元のサイズで表示します

時間帯によって、

クリックすると元のサイズで表示します

違う雰囲気を醸し出す

クリックすると元のサイズで表示します

富士山を満喫できるのは、それだけでありがたいことです。

温泉民宿ですので、温泉の浴室があります。

クリックすると元のサイズで表示します

入口はいかにも民宿のお風呂という感じ。

浴室は、男湯も

クリックすると元のサイズで表示します

女湯も

クリックすると元のサイズで表示します

こじんまり、簡素な造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉は、5種類の源泉があるらしい河口湖温泉の中の「秀麗の湯」という温泉が浴槽に注がれています。

クリックすると元のサイズで表示します

少し茶色がかった、心持ち金気臭のようなにおいがするような、ちょっとギシギシした浴感の温泉です。

まあ、加温循環といったお湯使いですが、悪くはない印象です。

食事は、広間?でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食

クリックすると元のサイズで表示します

朝食とも

クリックすると元のサイズで表示します

素朴な献立ですが、味は民宿であることを考えれば十分です。

野菜は自家製無農薬のものだそうです。

富士山の眺めを堪能できる上に、

クリックすると元のサイズで表示します

民宿価格で温泉にも入れる宿なのでした。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.maruyaso.jp/index.html
【泉質】 カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉   
【PH・泉温】 PH7.2 25.6℃
【立ち寄り営業時間】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

三富温泉郷 一之橋館  山梨県の温泉

2016年3月に宿泊しました。

笛吹川沿いに、温泉宿が点在する三富温泉郷の中の、一之橋温泉の一軒宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

一軒宿ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

今は営業していないようですが売店で1つの建物になっていたり、新しい別棟があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

結構建物が大きいのでした。

宿泊した部屋は、本館?の2階にあるお部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

和室と

クリックすると元のサイズで表示します

洋間の

クリックすると元のサイズで表示します

2間のお部屋です。

窓のすぐ下は渓谷で、

クリックすると元のサイズで表示します

眺めはいいのですが、洋間の雰囲気がなんともB級な感じです。

館内も

クリックすると元のサイズで表示します

何やら

クリックすると元のサイズで表示します

B級な雰囲気です。

お風呂はフロント階から、階段で1階降りていくのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じです。

男女別の2つの内湯がありますが、この日は2組だけの宿泊ということで、空いていれば貸切で入ることができました。

男湯は、

クリックすると元のサイズで表示します

壁に岩がはめ込まれた岩風呂風。

女湯は、

クリックすると元のサイズで表示します

窓のすぐ向かいが道路というためか、男湯に比べて窓は小さ目でこもった感じの浴室でした。

自噴の自家源泉使用なのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

私的には、さっぱりしたお湯かなあという印象で、温泉らしい浴感を感じませんでした。

夕食は個室で

クリックすると元のサイズで表示します

いただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食も個室で、

クリックすると元のサイズで表示します

いただきましたが、食事はどちらも量、味とも満足のいくものでした。

温泉よりも、宿の雰囲気が印象に残ったような気がします。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://fruits.jp/~ichinohashi/
【泉質】 単純温泉   
【PH・泉温】 PH8.0 26.5℃
【立ち寄り営業時間】 不明
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0

塩山温泉 中村屋旅館  山梨県の温泉

2016年3月に宿泊しました。

駅前に歴史公園「甘草屋敷」がある、

クリックすると元のサイズで表示します

中央線塩山駅北口から、徒歩10分ほどの場所にある塩山温泉街の中にある宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉開湯は室町時代とされ600年以上の歴史があるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、こちらの宿は江戸末期開業の150年以上の歴史がある宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

中庭があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

和風の雰囲気の宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

3月だったのでひな人形が飾られていました。

全14室あり、私たちが宿泊したのは、

クリックすると元のサイズで表示します

新しい建物の2階の6畳のお部屋でした。

1泊朝食付きのプランでしたので、お布団は引きっぱなしです。

お風呂は1階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

男女別内湯のみの浴室です。

クリックすると元のサイズで表示します

清潔で開放感のある浴室です。

ジェットバスになっていたのが、落ち着かないなと思っていたら、夜は

クリックすると元のサイズで表示します

どういうわけかジェット噴射が止まっていて、かけ流し状態でしたので、とろりと柔らかい浴感を楽しめました。

ちなみに、女湯は檜風呂だったようで、

クリックすると元のサイズで表示します

ただこじんまりした浴室だったそうです。

夕食は、温泉街のお店で

クリックすると元のサイズで表示します

馬刺しなど

クリックすると元のサイズで表示します

食べたいものを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は宿の食堂で、

クリックすると元のサイズで表示します

いただきました。

ふらっと思い立って宿泊するには、立地も含めていいようです。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.nakamuraya-enzan.com/
【泉質】 単純温泉   
【PH・泉温】 PH10.0 23.6℃
【立ち寄り営業時間】 立ち寄りは原則受付していません。
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0

湯村温泉 弘法湯  山梨県の温泉

2016年3月に立ち寄り湯しました。

甲府駅からバスで15分ほどの場所に約10軒ほどの宿がある湯村温泉

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の奥の方にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

湯村ホテルB&B」に宿泊した際にもらった「湯巡り手形」で

クリックすると元のサイズで表示します

500円で入浴できました。

クリックすると元のサイズで表示します

左側の建物が入り口で、親切な感じのおかみさんに案内されながら、道路にかかる橋を渡って、

クリックすると元のサイズで表示します

右側の建物へ移動し、お風呂は1階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

弘法大師が杖をついて発見したとされる開湯伝説があるだけあり、

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所に、ちゃんとお祀りしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

入ったのは、こじんまりした岩風呂。

写真は撮れませんでしたが、雰囲気は落ち着ける感じ、お湯もおそらくかけ流しと思われるいい浴感でした。

全11室ということで、こじんまり、昭和の湯宿という雰囲気がいいなあと思った宿でした。

クリックすると元のサイズで表示します

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.koubouyu.com/
【泉質】 ナトリウム-塩化物泉    
【PH・泉温】 PH8.4 37.6℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜20:00
【立ち寄り料金】 700円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1




AutoPage最新お知らせ