ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
台湾で入浴した温泉  温泉雑記帳

台湾は、日本と同じく環太平洋活火山帯に位置する島国で、九州と同じくらいの面積の島に150か所くらいの場所で温泉が湧き出ているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

古くから温泉に入る人々はいたようですが、温泉地としての開発は1895〜1945年の日本統治時代に進みました。

中華民国統治時代となり一時寂れていく時期もあったものの、1999年の台湾温泉観光年実施あたりから、現在の温泉ブームとなっているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

水着で入る温泉プール型の施設も多いのですが、日本と同じく裸で入ることができる温泉も数多くあります。

温泉宿では大浴場がある施設が多いのですが、1泊の内1ないし2回しか利用できないパターンが多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、部屋のお風呂が温泉で、そちらで何回も楽しむという形態です。

日帰り温泉施設の多くに、

クリックすると元のサイズで表示します

個室風呂もしくは家族風呂があり、

クリックすると元のサイズで表示します

裸で入りたい場合はそちらを利用することが多くなると思います。

台湾の温泉巡りの魅力は、異国情緒と日本の温泉地の雰囲気が入り混じった風情と、

クリックすると元のサイズで表示します

良質な泉質の温泉があちこちにあるということだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私にとっては温泉巡りが、台湾の旅の大きな楽しみとなっています。

2020年5月現在 23温泉地 47ヶ所に入浴しています。


1.台湾北部

クリックすると元のサイズで表示します

(1)北投温泉

*通算5回(宿泊×2回、宿泊+立ち寄り湯×1回、立ち寄り湯×1回)

云わずと知られる台湾を代表する温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

1896年に日本人が開業した「天狗庵」という旅館開業から、温泉開発が進みました。

クリックすると元のサイズで表示します

台北駅からMRTで30分ほどと

クリックすると元のサイズで表示します

交通の便が良い場所で、本格的な硫黄泉を味わえるのが魅力の温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

@熱海飯店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A山水楽会館【宿泊】2回

クリックすると元のサイズで表示します

B瀧の湯 2回

クリックすると元のサイズで表示します

C龍泉温泉
*現在は廃業

クリックすると元のサイズで表示します

D北投青磺名湯

クリックすると元のサイズで表示します


(2)陽明山温泉郷

*立ち寄り湯×1回

日本統治時代に「草山温泉」と呼ばれていた台湾四大温泉地の一つです。

陽明山はいたるところで温泉が湧き出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯は酸性硫黄泉が多いようです。

六窟温泉

クリックすると元のサイズで表示します


(3)行義路温泉

*通算4回(立ち寄り湯×4回)

台北市北部の行義路沿いに、温泉付きのレストランが点在しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルはありませんが、台北駅からMRTとバスの乗り継ぎで行くことができる、酸性硫黄泉が日帰りで楽しめる温泉地です。

@川湯

クリックすると元のサイズで表示します

A山之林  (仮)

クリックすると元のサイズで表示します

B湯瀬

クリックすると元のサイズで表示します


(4)烏來温泉

*通算3回(宿泊+立ち寄り湯×2回、宿泊×1回)
 

台北駅から南東30キロ、ウーライという地名は、タイヤル族の言葉で温泉を意味していて、日本統治時代以前からの歴史がある

クリックすると元のサイズで表示します

川沿いの温泉街です。お湯は優しい浴感のアルカリ性温泉です。


@烏來名湯温泉会館 【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A烏來温泉 烏來温泉山荘【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します
  
B烏來温泉 湯布苑温泉館【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

C烏來温泉公共浴池 2回

クリックすると元のサイズで表示します

D烏來温泉 山珍飯店

クリックすると元のサイズで表示します


(5)金山温泉

*通算2回(宿泊+立ち寄り湯×1回、立ち寄り湯×1回)

1867年の金山大地震の際に湧出した金包里温泉を中心に、

クリックすると元のサイズで表示します

水尾温泉、加投温泉、新金山温泉と4地域に分かれて発展してきた温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

酸性泉、硫黄泉が楽しめます。

@(加投温泉)喜凱亜温泉酒店【宿泊】
 *経営が変わりました

クリックすると元のサイズで表示します

A(金包里温泉)金山浴池

クリックすると元のサイズで表示します

B(加投温泉)加投社区公共浴室

クリックすると元のサイズで表示します

C(加投温泉)金湯温泉  (仮)

クリックすると元のサイズで表示します

D(水尾温泉)舊金山総督温泉

クリックすると元のサイズで表示します

E(加投温泉)大鵬村
 *経営が変わりました

クリックすると元のサイズで表示します


(6)淡水温泉

*通算3回(宿泊×3回)

MRT淡水駅の一駅手前の紅樹林駅から徒歩10分ほどの場所にあった温泉付きホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します

ツロトロした重曹泉は良い温泉でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

廃業してしまいました。

福容温泉会館【宿泊】
 *現在は廃業

クリックすると元のサイズで表示します


(7)礁渓温泉

*通算2回(宿泊+立ち寄り湯×1回、宿泊×1回)

開墾中の畑の中から温泉が湧き出して、温泉地になったという山梨県の石和温泉を思わせるような台湾では珍しい平野部の温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

優しい浴感のアルカリ性温泉です。

@蘭陽温泉大販店【宿泊】
 *経営が変わりました

クリックすると元のサイズで表示します

A東旅湯宿【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

B焼水溝

クリックすると元のサイズで表示します


(8)鳩之澤温泉

*立ち寄り湯×1回

仁澤温泉とも呼ばれる大平山中の一軒宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

現在は宿泊は受け付けておらず、日帰り入浴のみの受付です。

クリックすると元のサイズで表示します

熱めのさっぱりした浴感のお湯です。

鳩之澤温泉

クリックすると元のサイズで表示します


(9)蘇澳冷泉

*通算2回(立ち寄り湯×2回)


世界でも有数の炭酸冷泉がある

クリックすると元のサイズで表示します

温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

@蘇澳冷泉公園

クリックすると元のサイズで表示します

A金華冷泉旅館

クリックすると元のサイズで表示します



2.台湾中部 

クリックすると元のサイズで表示します

(1)泰安温泉

*宿泊+立ち寄り湯 1回

1908年にタイヤル族の酋長が発見したとされ、1911年に警察の療養所である現在の警光山荘が作られて上島温泉と命名されたことに始まる温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

泰安温泉は、汶水溪流域にある3つの温泉の総称で、上流にあり最も早くから開けた上島温泉、そこから少し下流に降りたところにある騰龍温泉、騰龍温泉からさらに3.8km下流にある虎山温泉があります。

優しい浴感の重曹泉の温泉です。

@(騰龍温泉)湯悦温泉会館【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A虎山温泉

クリックすると元のサイズで表示します



(2)谷関温泉

*宿泊+立ち寄り湯 1回


1907年に発見された当時は、明治温泉と呼ばれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

大甲渓沿いに温泉宿が並びます。優しい浴感の重曹泉の温泉です。


@谷関飯店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A神木谷大飯店

クリックすると元のサイズで表示します



(3)盧山温泉

*宿泊 1回

海抜1300メートル、台湾最高所の温泉地です。

1940年に、富士温泉として開発され、のちに蒋介石により、現在の温泉名に改称されました。

クリックすると元のサイズで表示します

天下第一泉と呼ばれ人気のある温泉地でしたが、2008年の水害で大きな被害を受けて、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街自体が山崩れに巻き込まれる可能性があるとして南投県政府により温泉街の廃止が進められています。

玉池温泉会館【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します



(4)日月潭温泉

*宿泊 1回

1934年に完成したダム湖が日月潭で、台湾八景と呼ばれる景勝地です。

クリックすると元のサイズで表示します

湖沿いに建つホテルの中には、温泉を掘削したところが何軒かあります。

雲品酒店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します



(5)東埔温泉

*宿泊+立ち寄り湯 1回

台湾最高峰玉山の登山口となる標高1200メートルに位置する山の中の温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本統治時代は、トンボ温泉と呼ばれていました。

@帝綸温泉飯店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A景祥温泉民宿

クリックすると元のサイズで表示します



3.台湾南部 

クリックすると元のサイズで表示します

(1)関子嶺温泉

*通算2回(宿泊+立ち寄り湯×1回、立ち寄り湯×1回)

1898年に温泉が発見され、1904年に吉田屋、元龍田屋(現在の関子嶺大旅社)、警察の保養所(現在の警光山荘)が開業し、現在に至ります。

クリックすると元のサイズで表示します

泥湯が特徴的な温泉です。

@関子嶺大旅社【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A警光山荘

クリックすると元のサイズで表示します


(2)四重渓温泉

*宿泊+立ち寄り湯 1回

台湾四大温泉の一つで、日本統治時代に、山口旅館(現在の清泉温泉会館)や亀山旅館(現在の新亀山別館)などが開業し、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和天皇弟の高松宮宣仁親王がハネムーンに訪れて一躍有名になった温泉地です。

優しい浴感の重曹泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

@清泉温泉会館【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A新亀山別館

クリックすると元のサイズで表示します


(3)宝来温泉

*宿泊1回


高雄市の北東70キロの山の中にある温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本統治時代に開発され、自然を仙境である蓬莱山になぞらえて命名されたそうです。

2007年に発生した八八水災により温泉街は重大な被害を受けたものの、復興してきた温泉地です。

山澤居【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します


4.台湾東部 

クリックすると元のサイズで表示します

(1)瑞穂温泉

*立ち寄り湯 1回

日本統治時代に開発された温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

後述の紅葉温泉が内温泉(約1.5キロ山の中に入った場所になるのですが台湾では内とします)に対して、瑞穂温泉は外温泉と呼ばれることもあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

茶色く濁る鉄分含有のお湯です。

瑞穂温泉山荘

クリックすると元のサイズで表示します



(2)紅葉温泉

*立ち寄り湯 1回

昭和初期建造の母屋が使われている

クリックすると元のサイズで表示します

一軒宿の温泉です。

お湯は無色透明、さっぱりした浴感です。

紅葉温泉旅社

クリックすると元のサイズで表示します



(3)安通温泉

*宿泊 1回

1904年の安通温泉飯店開業からの

クリックすると元のサイズで表示します

歴史がある温泉地です。

クリックすると元のサイズで表示します

安通温泉販店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します



(4)鹿鳴温泉


*立ち寄り湯 1回

鹿野の大型ホテルの温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿鳴温泉酒店

クリックすると元のサイズで表示します



(5)知本温泉

*通算2回(宿泊+立ち寄り湯×1回、立ち寄り湯×1回)


知本渓沿いに伸びる温泉地で、外温泉と内温泉(内の方が山の方に入ります)に分けられます。

クリックすると元のサイズで表示します

プユマ族が使用していた温泉が、日本統治時代に開発され、台湾でも有数の大きな温泉街となっています。

2009年の台湾で大きな被害が出て、現在でもその爪痕が残っていたりしますが、復興を遂げています。

@(外温泉)新知本温泉飯店【宿泊】

クリックすると元のサイズで表示します

A(内温泉)雲山湯屋(2回)

ほのかな硫黄の香りがするいいお湯です。

クリックすると元のサイズで表示します



(6)太平洋鹹水温泉

*立ち寄り湯 1回

2003年開業の日帰り温泉施設がある温泉です。

太平洋鹹水温泉

クリックすると元のサイズで表示します
2

ブログ開始10年  温泉雑記帳

2008年4月8日に開始した当ブログは10年経過しました。

ブログ開始時点で、26都道府県373か所の温泉に入浴していて、入浴していた温泉の記録を書きながら、47都道府県すべての県での温泉入浴と、1000ヶ所入浴を目標に温泉旅をして、その旅の模様も書いていこうというのが、ブログを始めたきっかけでした。

2014年9月に、鹿児島県の温泉に入浴して47都道府県全ての県での温泉入浴達成、2018年3月に群馬県松の湯温泉「松渓館」で1000湯入浴達成と、数量目標は達成。

日本だけではなく、韓国、台湾、インドネシア、タイでも温泉に入り、現在1045湯入湯。

ここ2年で新たに入浴したのが45箇所になっています。

気に入った温泉に行くことが増えているので、数が増えていくペースは低いままになるでしょう。

ただ当ブログ、最初の5年間は我ながら真面目に温泉記事を書いていましたが、直近5年はダラダラぐたぐた日記が専らになってしまいました。

奇しくも、今日は緊急事態宣言が出て、否応なく外出制限しなくてはならず、生活スタイル自体考え直すのにいい機会にはなりました。

これからも零細ブログを細々続けていきますので、よろしくお願いします。
3

2019年の振り返り  温泉雑記帳

ブログ開始の2010年から、温泉に入浴した年間日数は、

87→104→92→72→75→83→74→61→56日と三年連続の減少から上昇に転じて、今年は66日。

入浴施設数も

153→204→119→136→163→93→61→52→46箇所と四年連続の減少から上昇に転じて55か所となりました。

3回の台湾温泉旅と、初めての山形県庄内平野温泉郷湯巡りが濃厚で今年のハイライトでしたが、あとの近場もやはり楽しくありがたいことです。

◆2019年 入浴温泉一覧

13県+台湾  44温泉地 55箇所 (うちは33か所)

【山形県】10か所

湯田川
・湯どの庵(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・正面湯

クリックすると元のサイズで表示します

・田の湯

クリックすると元のサイズで表示します

湯野浜
・湯野浜ホテル(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・下区公衆浴場

クリックすると元のサイズで表示します

・上区公衆浴場

クリックすると元のサイズで表示します

・龍の湯

クリックすると元のサイズで表示します

あつみ
・東屋旅館(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・正面湯

クリックすると元のサイズで表示します

・下の湯

クリックすると元のサイズで表示します

【宮城県】2か所

・女川 ゆぽっぽ

クリックすると元のサイズで表示します

・松島元湯 霊泉亭

クリックすると元のサイズで表示します

【東京都】4カ所

・岩蔵ままだや(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・奥多摩荒澤屋旅館(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・蒲田弘城HOTEL 和 3回入浴

クリックすると元のサイズで表示します

・大谷田明神の湯

クリックすると元のサイズで表示します

【千葉県】3か所

・成田大和の湯

クリックすると元のサイズで表示します

・成田龍神の湯

クリックすると元のサイズで表示します

・手賀沼満天の湯

クリックすると元のサイズで表示します

【埼玉県】7か所

・西武秩父駅前祭りの湯

クリックすると元のサイズで表示します

・みずほ台埼玉スポーツセンター

クリックすると元のサイズで表示します

・東鷲宮百観音温泉  2回入浴

クリックすると元のサイズで表示します

・早稲田めぐみの湯  3回入浴

クリックすると元のサイズで表示します

・みさと湯快爽快 三郷店

クリックすると元のサイズで表示します

・スーパーホテル川越 あかぎの湯宿泊) 

クリックすると元のサイズで表示します

・行田湯本ホテル&茂美の湯(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

【群馬県】4カ所

四万
・四万ブルー(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・国民宿舎ゆずりは荘

クリックすると元のサイズで表示します

・河原の湯

クリックすると元のサイズで表示します

水上
・松葉館

クリックすると元のサイズで表示します

【栃木県】3か所

板室
・勝風館(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

湯西川
・揚羽(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・湯の郷

クリックすると元のサイズで表示します

【茨城県】4か所

香梅の湯 ドーミーイン水戸(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・阿字ヶ浦のぞみ  2回入浴

クリックすると元のサイズで表示します

・磯崎ホテルニュー白亜紀

クリックすると元のサイズで表示します

・きぬの湯

クリックすると元のサイズで表示します

【静岡県】2か所

・熱川ホテルカンタベリー (宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・大川伊豆AZUMA (宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

【山梨県】4カ所

湯村
・湯村ホテル(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・弘法湯(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

増富
・不老閣(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

葦の池

クリックすると元のサイズで表示します

【長野県】2か所

・白骨泡の湯(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・渋御殿湯

クリックすると元のサイズで表示します

【岐阜県】3か所

・新穂高槍見館

クリックすると元のサイズで表示します

・福地石動の湯     

クリックすると元のサイズで表示します

・平湯ひらゆの森 

クリックすると元のサイズで表示します

【新潟県】1か所

・松之山みよしや 

クリックすると元のサイズで表示します

【台湾】6カ所

・泰安湯悦温泉会館(宿泊

クリックすると元のサイズで表示します

・宝来山之澤VILA(宿泊) 

クリックすると元のサイズで表示します

・安通宿泊) 

クリックすると元のサイズで表示します

・知本雲山湯屋

クリックすると元のサイズで表示します

・鳩之澤   

クリックすると元のサイズで表示します
 
・行儀路湯瀬 

クリックすると元のサイズで表示します

0

2019年3月の振り返り  温泉雑記帳

今月は2回の宿泊旅と1回の日帰りと7日温泉に入浴しました。

4か所に入浴しましたが、すべて再訪の施設と真新しさはありませんでしたが、安定の定番と久々の再訪と、こういうのも悪くはありません。

【宿泊@】山梨県湯村温泉「湯村ホテルB&B」

昨年1月以来、6回目の宿泊となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

外観もお部屋も

クリックすると元のサイズで表示します

ビジホ風。

お風呂も

クリックすると元のサイズで表示します

風情があるという感じではありませんが、かけ流しで飲泉所もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

お湯は良くて、一人でふらりと泊まるにはいいんですよね。

【宿泊A】栃木県板室温泉「勝風館」

2012年7月以来2回目の宿泊。

クリックすると元のサイズで表示します

前回は1泊でしたが、今回は3連泊にしてみました。

お風呂の雰囲気の風情が、

クリックすると元のサイズで表示します

前回の印象で私的にはもう一つでしたが、ご飯がおいしかった印象があり、3連泊湯治で温泉街に食べられるお店がほぼないので、食事が意外と決め手になりました。

夕食

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

朝食

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

豪華であったり、珍しい食べ物があるわけではありませんが、献立を替えながら出していただく食事はどれもおいしい。

ごはんも多めに出していただき、塩やサランラップも貸していただけるので、昼用のおにぎりにもできて、湯治宿の雰囲気を

クリックすると元のサイズで表示します

満喫できました。

【立ち寄り湯】山梨県葭之池温泉

2012年3月以来2回目の立ち寄り湯でした。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸末期から続く旅館ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

現在は日帰りのみの受付。

クリックすると元のサイズで表示します

鉱泉なので加温循環、浴室もシンプルですが、ここ数年はこういうのが好きになってきました。

【日帰り温泉】埼玉県東鷲宮百観音温泉

クリックすると元のサイズで表示します

強食塩泉大量かけ流しの日帰り温泉施設で、年1〜2回、休みの日に妙に早起きすると6時半からの営業開始のこちらに朝風呂に来ています。

以上4か所入浴の三月でした。
0

板室温泉  温泉雑記帳

栃木県那須塩原市にある板室温泉。

板室温泉旅館組合ホームページにあるように、

クリックすると元のサイズで表示します

開湯1000年近い、下野の薬湯と呼ばれる湯治場です。

大型旅館はない、静かな湯治場風情の温泉街です。

板室温泉駅バス停の前の板室街道沿いに、こじんまりといた宿が並びます。

今回二回目の宿泊となる「勝風館」

クリックすると元のサイズで表示します

改装前の「山喜荘」時代に2回宿泊、改装後に1回立ち寄り湯した「ONSENRYOKAN山喜」

クリックすると元のサイズで表示します

まだ宿泊や立ち寄り湯をしていない「大黒屋」

クリックすると元のサイズで表示します

登録有形文化財に登録されてはいるものの、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり足を踏み入れていない「山本荘」

クリックすると元のサイズで表示します

東日本大震災以降は使用されなくなった旧館と、

クリックすると元のサイズで表示します

1回宿泊したことがある本館がある「加登屋旅館」

クリックすると元のサイズで表示します

やはり1回宿泊し、現在移転改装中の「きくや一望館」

クリックすると元のサイズで表示します

昨年8月に宿泊した「水清館」

クリックすると元のサイズで表示します

と宿がありますが、水清館の横をはじめ、残念ながら、廃業が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

右の建物は、2回宿泊した「江戸や」で、残念なことです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きな「一井屋」も、つわものどものは夢の跡状態。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設「板室温泉グリーンの湯」が那珂川沿いにあるのと

クリックすると元のサイズで表示します

あとは蕎麦屋が一軒あるだけで、商店はなく、温泉街としては寂しいのが残念ですが、PH9.6の柔らかいアルカリ単純泉を静かな環境で楽しめるので、私的には好きな温泉街です。
3




AutoPage最新お知らせ