ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
宮城県中山平温泉・ふきゆ荘  北海道・東北の温泉

2010年11月に立ち寄り湯しました。

国道沿いに立つこじんまりした宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室は1か所しかなく、貸切で入るので立ち寄り湯する場合、先客がいると待ち時間が出たり、入れない場合もあります。

もし寄られる際は、確認してからの方がいいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

掛け流しの熱めのお湯です。

とろみはなく、ストレートに体にしみ込んでくるお湯です。

湯あがりに、ご主人と話していて、郡司勇氏が来られた時の話をお聞きしました。

含銅泉は郡司氏に、珍しいと言われたのですが、入浴して体感できる物でもないし、もうひとつアピールできなくてと正直に漏らしていました。

中山平温泉の活性化や温泉に対して真摯に考えられている真面目ですが、お話好きないいご主人でした。

とろとろ湯ではない、また違う温泉の魅力がある中山平温泉のお湯でした。

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 含銅―硫黄泉  
【PH・泉温】 PH6.5 100℃
【立ち寄り営業時間】 12:00〜19:00
【立ち寄り料金】 600円
【宿泊】有(立ち寄り湯でした。)
【極私的評価】 ☆☆☆☆
【備考】
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ