ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
鳴子温泉旅 番外編  温泉雑記帳

行ってはみたものの入浴できない温泉もありました。

○瀬見温泉 喜至楼

クリックすると元のサイズで表示します

明治に建てられた本館もさることながら、

クリックすると元のサイズで表示します

別館も風情があり、入浴そして建物内部も見たかったのですが、清掃中とのことで入浴できませんでした。

宿の横に温泉神社があり、飲泉場と足湯がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

○瀬見温泉 ふかし湯

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

温泉管理事務所は誰もいなくて、入れませんでした。

○中山平温泉 丸進別館

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お湯のとろとろ具合がすごいらしいのですが、休業?では・・・

更に番外編

鳴子温泉 ゆめぐり広場 手湯

クリックすると元のサイズで表示します

鳴子温泉もそうですが、足湯は結構見かけますが、手湯は初めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉分析書も掲出されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅で感心したのは、入浴したすべての浴室に温泉分析書が掲出されていたことです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ