ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
茨城県・きぬの湯  その他関東の温泉

2010年10月に立ち寄り湯しました。

茨城県常総市守谷にある日帰りメインの温泉施設です。

駐車場は230台分あるとのことで、車で行かれる方が大半とは思いますが、私は関東鉄道常総線の小絹駅から約20分歩いていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい住宅地を抜け、鬼怒川を渡り、倉庫や自動車販売センターが現われて開けた、幹線道路沿いに施設はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本館のすぐ前に、物産販売所があります。

駐車場を挟んで反対側に、貸切入浴や宿泊できる個室風呂のある「きぬの湯 別荘」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場が目立つ感じですが、物産販売所の裏にある入口に来ると、温泉施設らしくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

コイン返却式の下駄箱に靴を入れ、下駄箱の鍵と入浴料を支払うと、ロッカーキーを渡されます。館内の支払いは、このキーで退館時に精算する仕組みです。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は男女別に、内湯+露天の造りです。

脱衣所入って内湯に入ると、右側が40人分ほどのシャワーカラン、中央に源泉かけ流しの浴槽があり、手前には3つあるサウナ利用者が使用する井戸水の冷水浴槽が並んでいます。
左壁側には、井戸水加温循環の寝湯と歩行浴浴槽があります。

内湯正面奥のガラス戸の外が露天風呂になっています。

木の塀に囲まれ、眺望は全くありませんが広々した空間になっています。

正面に、加温循環の「四季の湯」と名付けられた広めの露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

左側には、源泉かけ流しの「茶碗の湯」なる1人用の陶磁器風呂が2つあり、

クリックすると元のサイズで表示します

並んで、やはり源泉かけ流しの2,3人入れる御影石風呂と、42〜44℃に加温循環されている「やせがまんの湯」なる檜風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

右側にも源泉かけ流しの3,4人入れるたる風呂もあり、種類がありしかも源泉かけ流し浴槽が多いのは、とても気に入りました。

温泉は、茶色と緑色の中間の濁り湯で、源泉が37℃くらいなのでぬるく、肌さわりもすべすべ感のある優しいお湯なのでゆっくり浸かっていることができます。

クリックすると元のサイズで表示します

料金は1200円と高めではありますが、そのためか日曜日に行ったのにもかかわらず、それほど混雑していなく、ゆっくりお湯を楽しむことができました。

●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.kinunoyu.com/
【泉質】 ナトリウム・塩化物泉   
【PH・泉温】 PH7.5 32.6℃
【立ち寄り営業時間】 10:00〜24:00
【立ち寄り料金】 1200円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ