ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第13回流鉄旅&日帰り温泉  こ鉄の部屋

今年3回目。ここ数年で定番になってきました。

馬橋12:18発の流山行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

久々のオレンジに白いラインの流星号に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の平日昼間なので、空いていてローカル線気分が味わえます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中の小金城址駅で、若葉号と行き違い、12分で流山駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

雨足が強いし、折り返しの電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

幸谷駅に引き返し、

クリックすると元のサイズで表示します

隣接する新松戸駅から武蔵野線に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

三郷駅で降りて、

クリックすると元のサイズで表示します

行きつけの、

クリックすると元のサイズで表示します

早稲田天然温泉めぐみの湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

大浴場にも入りますが、初めて1時間2500円の個室風呂に入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

掛け流しの温泉は大浴場と同じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

よりじっくり味わえろのが、いいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りビールがより一層美味しく、素晴らしいプチ湯治となるのでした。

帰りは、イタリア旅行に行ったばかりのかみさんが、イタリアンレストランチェーン店のサイゼリヤに行きたいというので、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食べてから、三郷駅前からバスに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

所要時間では30分以上、運賃は200円ほど余計支払い、金町駅へというルートで帰宅しました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ