ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
第14回台湾旅 〜8日目と最終日〜  海外旅行

今朝も早起きとなり、4時半に起床。

駅までお散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

いい雰囲気ですね。

7時に四人で朝食兼お散歩。

お廟の前の

クリックすると元のサイズで表示します

行列ができている

クリックすると元のサイズで表示します

看板はなく、倉庫のようなお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

メニューも限られていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

麺二種類を

クリックすると元のサイズで表示します

食べてみると、あっさりさっぱり、朝食でも優しい味わいでした。

続いて、並びの

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのお店では、

クリックすると元のサイズで表示します

魯肉飯と豆乳を

クリックすると元のサイズで表示します

筆談で注文。

クリックすると元のサイズで表示します

店によって、おいしさが違うのが面白いです。

朝食後には、朝から営業の酒造所に行き、

クリックすると元のサイズで表示します

正確には、観光化された元酒造所のようですが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

試飲させてもらったりして、

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ビールの生ビールを買って飲んでと、割と楽しかったです。

ホテルに戻る途中、朝市を抜けようとしたら、

クリックすると元のサイズで表示します

なんと歩いている人より、バイクに乗る人の方が

クリックすると元のサイズで表示します

多いというのにびっくりして、ホテルに戻り、荷物をまとめてチェックアウト。

改札でこういう紙をもらい、

クリックすると元のサイズで表示します

駅の中を抜けて後駅へ。

そこから200メートル先にあるバスターミナルから、

クリックすると元のサイズで表示します

首都客運の高速バスに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

台北市政府バスターミナルに向かいます。

時間、運賃とも電車の半分、

クリックすると元のサイズで表示します

快適なリクライニングシートで、冬山トンネルを抜けていきますので、こういう選択になります。

初日から2泊したフォーチュンハイヤホテルに入り、昼食を食べにいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

2日目にも食べたチェーン店の髭のお店で

クリックすると元のサイズで表示します

魯肉飯を食べます。

そのあとは、台湾土産のナンバーワンとされるパイナップルケーキ。

その中でも一番人気の微熱山丘というお店に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

席に案内され、

クリックすると元のサイズで表示します

無料で試食できました。

お土産として購入し、ホテルに戻ります。

のび先生夫婦は街歩きに行かれたようですが、私達は部屋で静養。

そして、四人で夕食へ。

中山の方の海鮮居酒屋に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

初めてですが、日本の居酒屋と雰囲気は変わらずです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

飲んで

クリックすると元のサイズで表示します

それでいて、一人1500円くらいですから、いいお店です。

最後はマッサージ屋さんで足裏と背中を60分揉んでもらって3500円。

気持ちよくて、眠りに落ちたので写真は取り忘れました。

大満足のうちにホテルに戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

爆睡。

第9日目最終日は、7時にチェックアウトし、MRTで桃園空港へ。

クリックすると元のサイズで表示します

空港内のこちらで、

クリックすると元のサイズで表示します

最後のあがき。

クリックすると元のサイズで表示します

値段は街中の2倍くらいにはなります。

クリックすると元のサイズで表示します

10時発の飛行機は順調に飛んで、

クリックすると元のサイズで表示します

成田空港に到着してしまいました。

今回ものび先生夫婦には大変お世話になり、

クリックすると元のサイズで表示します

おかげをもって、楽しい旅となりました。

8泊9日でしたが、あっという間なのでした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ