ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
帰り道  只今、旅行中

行きは新越谷駅から関越交通の「伊香保・四万温泉号」なる高速バスに乗ってきましたが、帰りは同じ関越交通のバスですが路線バスの中之条駅行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

二両仕立てでしたが、両方とも満席で約90人くらいが乗っている勘定です。

しかも乗ったバスの運転手さんが、行きの高速バスの運転手さんで中之条駅で降りる際に少し雑談するのでした。

中之条駅からは、バスの客がそのまま全員乗る形となり、特急草津2号に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

7両編成で、2両が自由席は既に草津、川原湯からの客でほぼ満席、そして指定席も満席ですというアナウンスがあるくらいの盛況ぶり。

先週の金曜日に指定席が取れたので、ラッキーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、1500円くらい余計に支払ってのグリーン車。

この列車のグリーン車は初めて乗りましたが、1500円相当ほど余計な支出分の、ゆったり感や上質感があるわけではなく、座って帰ることができるのが良かったくらいの気分です。

ただ行きの高速バスの車窓からも見えた上毛三山と浅間山を、1年ぶりに列車の車窓から眺めると4年間高崎市に住んでいた身からするとなんだか気分が落ち着くのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ