ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2016年8月の振り返り  温泉雑記帳

まだ3日ありますが、おそらく温泉には行かないので振り返ることにします。

今年から始まった祝日である山の日の前後に休暇を取って、3泊4日で愛知県湯谷温泉に出かけたのが8月唯一のお出かけでしたので、4日3か所の温泉に入浴でした。

1.長野県上諏訪温泉「諏訪シティホテル成田屋」

JR中央本線上諏訪駅から徒歩5分以内至近の場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

7階建ての1階は飲食店が数店入り、2階がロビーと

クリックすると元のサイズで表示します

食事処

クリックすると元のサイズで表示します

3〜6階にシングル48室を中心に全65室ある、温泉宿というよりはビジネスホテルなのでしょうか。

宿泊した部屋は、4室だけの和室で、

クリックすると元のサイズで表示します

7階の展望風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

眺めもさることながら、

クリックすると元のサイズで表示します

加水はしているようですが、

クリックすると元のサイズで表示します

かけ流しで、柔らかく気持ちのいい温泉で、お湯にはとても満足できました。

朝食も

クリックすると元のサイズで表示します

しっかりしていたし、ビジネスホテルとしてみれば、いいホテルでした。


2.愛知県湯谷温泉「はづ別館」

昨年も1泊した、JR飯田線湯谷温泉駅前にある旅館です。

クリックすると元のサイズで表示します

大正期建設の母屋の玄関側の部屋に通されましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

川が見えないし、クーラーがあっても西日が差すので暑いし、連泊なので交渉してみたら、部屋を代えていただけることになり、一泊目は広い民芸調のお部屋

クリックすると元のサイズで表示します

二泊目は、昭和期に増築された

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋で過ごしました。

お風呂は内湯と

クリックすると元のサイズで表示します

川沿い露天風呂の

クリックすると元のサイズで表示します

あるお風呂と、内湯だけの

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂が、13:00〜21:00と21:00〜9:00で男女入れ替えです。

お風呂は内湯+露天の方が雰囲気は良く、こちらは13:00〜21:00が男性なので一泊では夕食前後に1回ずつ入るのがやっとなので、連泊の今回はゆったり堪能できたので良かったです。

館内の雰囲気が

クリックすると元のサイズで表示します

好きなタイプの宿です。

3.愛知県湯谷温泉「湯の風HAZU」

湯谷温泉で「はづ別館」「はず木」

クリックすると元のサイズで表示します

湯谷温泉に近い槙原渓谷にある「はづ合掌」(温泉ではない)、そして三河湾に面した西浦温泉にある「和のリゾートはづ」と

クリックすると元のサイズで表示します

5軒の宿を経営しているはづグループの中の一軒が「湯の風HAZU」です。

「はづ別館」宿泊者は無料で立ち寄り湯できるということで行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

湯谷温泉にある「はづ別館」、「はず木」と比べると大型旅館で趣があきらかに違います。

クリックすると元のサイズで表示します

川沿いの立地は同じで、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの

クリックすると元のサイズで表示します

川沿い露天風呂が楽しみでしたが、行った時の男湯は「馬の背湯」という

クリックすると元のサイズで表示します

大きな内湯と、

クリックすると元のサイズで表示します

半露天風呂の浴室でした。

柵まで行けば、こんな眺めですが、

クリックすると元のサイズで表示します

ちと残念でした。

湯上りに涼めるテラスがあったり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

工夫は感じられますが、

クリックすると元のサイズで表示します

こういう大き目なホテルタイプの

クリックすると元のサイズで表示します

宿は私の好みではないなあという感じなのでした。

湯谷温泉は、歴史がある温泉地であり、

クリックすると元のサイズで表示します

はづグループ以外では、以前立ち寄り湯した「ひさご」など

クリックすると元のサイズで表示します

5軒ほど宿があり、静かな環境ですし、

クリックすると元のサイズで表示します

周辺には史跡もあるので、

クリックすると元のサイズで表示します

いずれ訪れることになりそうです。

とはいっても7月に行った台湾3泊4日よりも費用がかさむわけで、すぐにとはならないのでしょうか。

7〜9月は月に1回ずつ大型旅をするし、今月は結婚式に出席したし、とても暑い日が続くので、近場には全く行こうとすらしませんでした。

この暑い時期には、「渋御殿湯」の冷泉

クリックすると元のサイズで表示します

とかに遠征したいところですが、そういった?事情で自粛となりました。

夏休み温泉旅としては、来月がクライマックスの予定です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ