ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2016年1月の振り返り  温泉雑記帳

1月は9日入浴し、9か所の温泉に入りました。

@群馬県沢渡温泉「まるほん旅館」

2005年12月、2006年2月に宿泊し、2007年1月、2009年2月、2013年2月に立ち寄り湯していて、3回目の宿泊です。

有名なお風呂は、

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気、一浴玉の肌というだけのある温泉はさすがに素晴らしいです。

基本婦人風呂(混浴大浴場が女性専用時間だけ男性風呂)が

クリックすると元のサイズで表示します

大幅にリニューアルされていた以外は、いい意味で変わらない宿でした。

A群馬県沢渡温泉「共同浴場」

クリックすると元のサイズで表示します

「まるほん旅館」で無料入浴券をもらって、5回目の入浴。

小ぶりで熱めの湯加減は、宿のお風呂とはまた違った浴感でいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

B群馬県川原湯温泉「王湯」

八ッ場ダムに沈むのに伴い、新しい温泉街に移動して初めての入浴です。

クリックすると元のサイズで表示します

新しくきれいですが、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり前の方が、いいなあ。

内湯と露天風呂があるのは以前と変わりません。

内湯

クリックすると元のサイズで表示します

でもやはり、

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気は前の方がいいなあ。

少し焦げたようなにおいがする温泉は、変わっていません。

露天風呂

以前より

クリックすると元のサイズで表示します

いいなあと思ったのは露天風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

開放感があり、ゆくゆくはダム湖を見下ろす眺望が広がることになるのでしょう。

2階には、休息広間があり、

クリックすると元のサイズで表示します

湯上りゆっくり休むこともできます。

1997年〜2014年の間で5回入浴した旧王湯と比べてしまい、現施設は温泉も施設もいいのですが、古いもの好きにはどうしても昔はよかったなあという感想が出てしまうのでした。

C千葉県「御宿天然温泉 元湯旅館」

昨年2月に立ち寄り湯して、今回初宿泊となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

源泉投入量が多くはないので、連泊の中日のお湯を入れ替えた後の一番風呂が一番お湯がいい状態でした。

御宿海岸まで歩いて5分ほどなので、初日の出を見ることができたのが一番印象に残りました。

クリックすると元のサイズで表示します

D千葉県勝浦万祝温泉「臨海荘」

昨年7、12月に引き続き3回目の宿泊。

窓から見える海の眺めと

クリックすると元のサイズで表示します

貸切風呂が

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしいのは過去2回の宿泊でわかっていましたが、今回初めて夕食付プランにしたところ、

クリックすると元のサイズで表示します

海の幸が

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おいしいことが新たにわかりました。

また、泊まりに行くことになりそうです。

○(昨年ですが)千葉県太海温泉「こはら荘」

御宿、勝浦と外房転泊の旅は年末年始休暇でしたので、入浴した日自体は12月になりますが、太海2か所もご紹介しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは立ち寄り湯しました。

300円で、薄茶色のあっさりした浴感のモール泉を味わえるのでまずは満足。

○(昨年ですが)千葉県鴨川温泉「江澤館」

クリックすると元のサイズで表示します

宿からの海の眺めがよくたくさんの画家が宿泊して絵を描いたという宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

館内にはたくさんの絵が飾られています。

部屋からの仁右衛門島の眺めと

クリックすると元のサイズで表示します

食事の美味しさは

クリックすると元のサイズで表示します

いい宿でした。

ただ、肝心のお風呂は

クリックすると元のサイズで表示します

狭いこともさることながら

クリックすると元のサイズで表示します

この温泉が

クリックすると元のサイズで表示します

こういう使用状況なので、どうしても残念な状態にはなります。

部屋からの眺め、食事、宿の雰囲気には満足なだけに、かえすがえすも残念な気がするのでした。

E東京都御神火温泉「ホテル赤門」

東京都ではありますが、竹芝桟橋から東海汽船の高速船で2時間弱乗った

クリックすると元のサイズで表示します

伊豆大島です。

レンタカーで島内を走りましたが、きれいな海と

クリックすると元のサイズで表示します

海越しに

クリックすると元のサイズで表示します

富士山も見えて、そして島には活火山である三原山がそびえ、

クリックすると元のサイズで表示します

まあ東京都という感じは全くしない島です。

三原山の噴火の影響で井戸水が温泉に変わってしまったという宿に宿泊しました。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯と露天風呂がありますが、

クリックすると元のサイズで表示します

やや塩素臭がするのが残念ではあります。

1156年の保元の乱で敗れて島流しにされた源為朝が住んだとされる代官屋敷のあった場所に建つ宿で、

クリックすると元のサイズで表示します

宿の名前にもなっている赤門が残されているし、

クリックすると元のサイズで表示します

敷地内には為朝をまつった祠もある温泉というより、歴史ロマンの場所なのです。

そして、宿の方がとてもいい方で宿泊してよかったなあと思った宿でした。

F東京都 御神火温泉「浜の湯」

クリックすると元のサイズで表示します

水着着用の露天風呂だけの施設。

夕日が沈んでいくのを見ながらの入浴は、いいもです。

G東京都 御神火温泉「くるみや」

クリックすると元のサイズで表示します

温泉を強調していますが、

クリックすると元のサイズで表示します

さて、どんな具合なのでしょうと思い入ると

クリックすると元のサイズで表示します

いやあ、柔らかいいつまでも入っていたいと思わせるいいお湯なのでした。

露天風呂は宿泊者専用なので

クリックすると元のサイズで表示します

眺めはわかりませんが、内湯のお湯だけでも十分満足な温泉でした。

H東京都 三原山温泉「ホテル大島温泉」

クリックすると元のサイズで表示します

三原山が部屋からも露天風呂からも見えるロケーション。

クリックすると元のサイズで表示します

ロケーションもいいのですが、温泉自体も

クリックすると元のサイズで表示します

すばらしいです。

ただ、どうしても入浴客が多いので、お湯入れ替え後の朝風呂が一番いい感触でした。

部屋のユニットバスが

クリックすると元のサイズで表示します

温泉で

クリックすると元のサイズで表示します

雰囲気はまるでありませんが、お湯自体は一番ここが鮮度がいいというのは、ある意味複雑な気分ではあります。

入浴した温泉は都道府県別でいうと、東京都、千葉県、群馬県と関東地方内のみでしたが、ロケーションや食事も含め、色々楽しむことができました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ