ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
埼玉県・百観音温泉  その他関東の温泉

2008年2月に初めて訪れ、2015年2月で7回目の立ち寄り湯をしています。

(*2010年9月5日、2011年5月5日と更新)



JR東北線の東鷲宮駅から

クリックすると元のサイズで表示します

東京郊外のこれから発展していくのかなあという未開発な駅前を

クリックすると元のサイズで表示します

3分ほど歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

駅前立地ですが、駐車場スペースがきっちりある施設に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉の歴史は新しく、1998年に地下1500mから、15万年前に閉じ込められていた化石海水が掘削自噴し、露天風呂を拡充し現在に至ります。

クリックすると元のサイズで表示します

百観音温泉の名前の由来は、温泉のある場所に明治維新の混乱で消失しましたが、江戸時代に百観音菩薩を祭った観音堂があったことにちなんでいます。

玄関に観音様が祭られ、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉施設の隣には、観音堂が建てられています。

クリックすると元のサイズで表示します

建物は簡素な2階建てで、「菩薩の湯」「阿弥陀の湯」と名付けられたお風呂は、内風呂+露天+大型露天の浴室で、2週間ごとに男女を入れ替えるそうです。

私は6回が菩薩の湯で、阿弥陀の湯は1回だけの入浴です。

毎分1000L、57℃の温泉が、かけ流されています。

化石海水ですので、成分総計は18000mgを超えていますが、大半が塩ということになります。


「菩薩の湯」ですが、内湯はタイル貼りの浴室で、ひのきの淵の浴槽が2つあり、外に小さめの岩風呂

クリックすると元のサイズで表示します

更に上がっていくと立ち湯の岩風呂と、打たせ湯があり、更に上がったところに広い露天風呂があります。

クリックすると元のサイズで表示します

色はやや緑色で、湯触りは柔らかい感じがしますが、湯あがりは塩分で少しべたつく浴感でした。

土日は朝6:30から営業していますが、朝風呂5回を含め7回とも多くの人でにぎわっていたので、地域の人々の温泉となっているのだなあと感じました。

1階の簡単な休息スペースと

クリックすると元のサイズで表示します

2階には大広間形式の食事処があり、近所の湯治場の雰囲気でした。

2014年4月の館内リニューアルで、1階に食事処

クリックすると元のサイズで表示します

2階が休息処になり、

クリックすると元のサイズで表示します

なり、やや雰囲気が変わっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

近場で、豊富な湯量でかけ流しはうれしい温泉施設で、人気があるのも納得です。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://www.100kannon.com/
【泉質】 ナトリウム・塩化物強塩泉    
【PH・泉温】 PH7.64  57℃
【立ち寄り営業時間】 8:00〜23:00(土日は6:30〜)
【立ち寄り料金】 800円(4時間)土日祝日は850円
【宿泊】 無
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ