ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
さよなら運転イベント電車で温泉へ  只今、旅行中

鉄道で旅をするのは好きですが、鉄道ファンではない私。

路線、列車の廃止、車両の引退はさびしい、残念と思うことがあっても鉄道ファンなどが群がっているところにはわざわざ行かないのですが、京成3300形電車の引退イベントには行ってしまいました。

いつもはそんなに人気がない京成上野駅に10時くらいに行くと、たくさんの人人・・

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮る人だけではなく、乗る人もたくさん。

クリックすると元のサイズで表示します

通勤電車の最期が満員電車というのは、らしいのかもしれませんが・・

京成上野10:23発の臨時列車の特急京成成田行きが3300形の引退列車です。

日暮里、青砥、京成高砂、京成八幡、京成船橋、京成津田沼と停車するごとにカメラを持ったファンが電車から降りたり乗ったりで8分遅れになっていきました。

走っている時の音が今の電車とは違うなあと、昭和の雰囲気を満喫できたのですが、疲れてきたのと成田駅でもこんな混雑では写真は撮れないだろうということで、1日400人程度京成線の駅で最も乗降客数の少ない大佐倉駅で下車しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今までは通過するたびに人がホームにいることはないような駅でしたが、今日は鉄道ファンがいますが、それでも人数は少なく、パチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

走り去る電車をじっくり見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

立ちぱなっしで疲れたので、駅前で一休みしてから

クリックすると元のサイズで表示します

特急電車に乗り、京成成田駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

先に着いていたイベント電車がいるホームには

クリックすると元のサイズで表示します

予想通りたくさんの人、

クリックすると元のサイズで表示します

違うホームから回送電車となって発車していくのを

クリックすると元のサイズで表示します

見送りました。

昭和43年から走っていたのことで、私とほぼ同じ年齢。

そんなことも含めてさびしい気持ちになりました。

記念切符を購入して、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

にぎわう京成成田駅を後にして、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはいつもの雰囲気のJRの成田駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

成田線に一駅乗り、下総松崎駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年初めての成田温泉「大和の湯」へ。

クリックすると元のサイズで表示します

道中で春の予感を感じさせるような光景を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

とろりとした黒湯にゆったり漬かると、疲れがみるみるうちになくなっていきました。

湯上りは初めてカウンター席で

クリックすると元のサイズで表示します

生ガキ、珍味3種盛り、ホタルイカの沖漬

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

をつまみながら、湯上りビールを飲んでから昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

贅沢ですが、今年2か月頑張ったご褒美ということで・・

ロビーの湯上り処のソファーに横になると2時間ほど熟睡してしまい、

クリックすると元のサイズで表示します

目覚めるとすっかり夕方。

もう一風呂浴びてから、下総松崎駅から

クリックすると元のサイズで表示します

夕日を見ながら

クリックすると元のサイズで表示します

帰宅しました。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ