ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
大仁温泉 伊豆温泉村  静岡県の温泉

2014年12月に宿泊しました。

JR東海道新幹線、在来線の三島駅から出ている伊豆箱根鉄道駿豆線の大仁駅から

クリックすると元のサイズで表示します

徒歩15分ほど、施設への無料送迎バスも出ています。

大仁鉱山(金山)から、温泉が湧出してしまったので、やむを得ず温泉ヘルスセンターを開設し、その後に金鉱閉山後も温泉は使用されている大仁温泉です。

大仁駅前に、飲泉場が

クリックすると元のサイズで表示します

設けられ、温泉の由来の石碑が

クリックすると元のサイズで表示します

建てられています。

施設内にも

クリックすると元のサイズで表示します

あります。

その鉱山跡近くにあるのが、「伊豆温泉村」で、

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設の「百笑の湯」と、宿泊施設の「オリーブの木」があります。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設「百笑の湯」は、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな建物で、

クリックすると元のサイズで表示します

浴室内で写真は撮れませんでしたので、看板の写真をアップしますが、お風呂は1階に大きな内湯と、露天風呂があり、何種類もの浴槽があります。。

その中には人工炭酸泉や草津の湯という入浴剤が使用されていた浴槽もありますが、無色透明、やわらかい浴感のナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉の温泉浴槽もあります。

正直それほど期待していませんでしたが、いいお湯です。

2階にはレストランがあったり、本格的な日帰り施設です。

宿泊施設である「オリーブの木」は、それぞれが独立したドームハウスが40棟あります。

クリックすると元のサイズで表示します

海外のリゾートのような雰囲気の

クリックすると元のサイズで表示します

建物です。

室内は、ベッドが4つ、

クリックすると元のサイズで表示します

さらにはロフトがついています。

お部屋にもお風呂があり、

クリックすると元のサイズで表示します

家庭用のようなお風呂ですが、使用されているのは温泉だそうです。

忘年会旅行で行ったので、実はお部屋のお風呂は入りはしたものの、酔っていて浴感がまるで記憶がありません・・・

ですので、いずれまたちゃんと入ってみたいものです。


●施設のデータ

【施設のHP】 http://izu.tokinosumika.com/hyakuwarai/
【泉質】  ナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉  
【PH・泉温】 不明
【立ち寄り営業時間】 10:00〜24:00
【立ち寄り料金】 800円
【宿泊】 有(宿泊しました)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ