ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
湯西川温泉 金井旅館  栃木県の温泉

2013年7月に立ち寄り湯しました。

野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅

クリックすると元のサイズで表示します

日光交通バスで20分あまりの山間の静かな環境の中に湯西川温泉はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の中を流れる湯西川にかかる「ゆぜん」橋の

クリックすると元のサイズで表示します

たもと共同浴場の向かいに宿はあります。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を入ってすぐの帳場で入浴料金を支払います。

クリックすると元のサイズで表示します

廊下を奥まで進み、階段を下りるとまず内湯が現われます。

クリックすると元のサイズで表示します

女湯は姫の湯、男湯には将門の湯という名前が付けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

平家落人が隠れ住んだのが温泉開湯伝説となっている湯西川温泉ですが、平将門は関係あったのか少し疑問ですが、浴室は

クリックすると元のサイズで表示します

古びていますが、こじんまり山の中の湯殿といった雰囲気で悪くはありません。

内湯は見るだけにして、まずは露天風呂へ向かいます。

建物から一回外に出て露天風呂の脱衣所に向かわなくてはならず、露天より内湯の方がお湯がいいことが多いと勝手に思っている私ですので、先に露天締めを内湯と思ってそうしたのですが、結果からいうと露天を上がって内湯に来ると清掃が始まっていたので入浴できず・・
したがって内湯のお湯については入れず仕舞でした。

さて、露天風呂ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

完全に覆われています。

橋のすぐ横にあるわけですから、まあ無理もない話で

クリックすると元のサイズで表示します

実際入浴していると橋を渡る人の顔がはっきり見えるます。(たくさんの人が通ったわけではありませんが)

クリックすると元のサイズで表示します

橋を渡る人だけが見えるだけではなく、覆いと湯船の縁の間は若干空いていて、そこからは

クリックすると元のサイズで表示します

湯西川の清流を見ることができます。

天楽堂の湯と名付けられたお湯は、さっぱりした浴感のくせのない無色透明でまさに単純温泉。
そういう泉質だと露天ではお湯の細かい浴感が弱くはなっているような気がします。

それだけに内湯にも入りたかったかな・・・

●施設のデータ

【施設のHP】 無
【泉質】 アルカリ性単純温泉    
【PH・泉温】 PH8.7 51.6℃
【立ち寄り営業時間】 9:00〜17:00 
【立ち寄り料金】 500円
【宿泊】 有(立ち寄り湯でした)
【極私的評価】 ☆☆☆
【備考】
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ