ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
東京都葛飾区 第一日立湯  (番外編)温泉ではない温浴施設

2012年8月に初めて入浴しました。

JR常磐線亀有駅から徒歩5分ほど、幹線道路環七から一本路地に入った住宅街に立つ銭湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

けっして大きな建物ではありませんが、末広がりの三角屋根である千鳥破風が二段になっている宮造りの本格的な構えの銭湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

のれんをくぐるとすぐに下駄箱が並び、中に入って番台で料金を支払う際に下駄箱の鍵と脱衣所のロッカーの鍵を引き換える仕組みです。

脱衣所のすぐ外には鯉が泳ぐ池がある坪庭まであり、

クリックすると元のサイズで表示します

中々正統派の銭湯です。

浴室に入ると、手前にカランが並び、奥に浴槽が3つ並び、壁には高原の風景らしき壁絵が描かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

一番右の浴槽が日替り薬湯の浴槽となっていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

1回は黒湯、次に行ったときは鮮やかな緑色のハーブ湯で,3回目はアミノチャージ風呂でした。

クリックすると元のサイズで表示します

黒湯の正体は不明。

近所でもあり、番台のおかみさんは適度な距離感で接してくれる、優しい感じの方ですし、これからも機会を見ては入浴しに行こうと思っています。

(データ)

東京都葛飾区亀有5−48−12

営業時間 15:30〜22:00

定休日 月、水曜


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ