ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
宿場町歩き(1) 日光街道 千住宿(北半分)  国内旅行

江戸時代、日本橋から伸びていた五街道。

日光街道、奥州街道(宇都宮まで重複)の日本橋を出て最初の宿場町であったのが千住宿です。
またここから主要街道である水戸街道、佐倉街道が分岐していました。

文禄3年(1594年)隅田川に千住大橋が架けられ、慶長2年(1597年)に宿駅に指定され整備されていき、明治維新まで宿場町でした。

隅田川の千住大橋あたりから、荒川放水路(江戸時代には無かった川です。)の手前までの南北約2キロの

クリックすると元のサイズで表示します

東海道品川宿、甲州街道新宿、中山道板橋宿と日本橋から最初の宿場町が四つあった中では、千住宿が最も栄えたそうで、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠55軒、そして家屋が2400軒、人口一万人ほどの規模だったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在もJR、東武、東京メトロ、つくばエクスプレスの4社5路線が集まるターミナル駅である北千住駅が宿場町のすぐそばにあり、賑わうエリアです。

クリックすると元のサイズで表示します

2020年6月、2021年9月と2回、北千住駅から、

クリックすると元のサイズで表示します

荒川放水路手前迄の宿場町の北半分を散策しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから北へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

商店街となっている道を歩き出して、すぐに現れるこの建物、

クリックすると元のサイズで表示します

全く往時の面影はありませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

本陣があった場所です。

本陣でも街道に面した側は、間口が広くない江戸時代ならではの造りであったことは偲ばれます。

そこから少し歩くと、大正時代に建てられた

クリックすると元のサイズで表示します

魚屋さんであった建物を

クリックすると元のサイズで表示します

利用した「千住街の駅」という観光案内所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

無料のパンフレットがあるほか、ちょっとした土産物が販売されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

各550円のガイドブックは中々しっかりした内容の本でした。

あと2021年から始まった

クリックすると元のサイズで表示します

日光街道御宿場印めぐり

クリックすると元のサイズで表示します

300円で御朱印も購入しました。

さて、千住宿の南半分は太平洋戦争で南半分は空襲で焼失しつも、北半分は戦災を免れたそうで、そのため江戸時代からの雰囲気を残す建物がいくつか残っています。

横山家住宅

クリックすると元のサイズで表示します

千住宿の商家建築の特徴的な建物だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

その向かいには絵馬屋である吉田屋

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして宿場町の外れ、水戸街道が分岐していたあたりにある

クリックすると元のサイズで表示します

板垣家

クリックすると元のサイズで表示します

下妻道の分岐するあたりにあった

クリックすると元のサイズで表示します

下村家

クリックすると元のサイズで表示します

そして江戸時代から続く医者である名倉医院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

と内部は見られませんが、歴史ある建物は外から見ているだけでも良いですね。

こういった名所的な建物以外にも、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歴史ありげな建物が点在していて、出会えるのもこの宿場町歩きの楽しさです。

街道から脇道に入ると、

クリックすると元のサイズで表示します

飲み屋街があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

閑静な路地裏の風情があるのもいいですね。

路地に入った先にいくつかの寺社があります。

千住本氷川神社

クリックすると元のサイズで表示します

現在の社殿の

クリックすると元のサイズで表示します

前に

クリックすると元のサイズで表示します

旧社殿が保存されているのが、

クリックすると元のサイズで表示します

いいです。

クリックすると元のサイズで表示します

こういった彫刻を見られますからね。

もう1ヶ所、長円寺と

クリックすると元のサイズで表示します

並ぶ千住四丁目氷川神社にも

クリックすると元のサイズで表示します

参詣しました。

クリックすると元のサイズで表示します

心が清まる思いがします。

宿場町であった名残か飲食店は多いのですが、創業昭和27年の老舗のお団子屋さんである、かどやで、

クリックすると元のサイズで表示します

名物槍かけ団子

クリックすると元のサイズで表示します

みたらし団子を買って家で食べました。これはたしかに中々美味い!

コロナ禍が落ち着けば、食べ歩きという楽しさも加わるのでしょうね。

千住宿の南半分はいずれ歩いてみたいものです。
0

歴史散歩気分  2021年With COVID-19

6時半ごろ起床し、9時前に家を出発。

駅構内の床屋で、

クリックすると元のサイズで表示します

2か月ぶりくらいの散髪。

1000円床屋の走りのチェーン店ですが、現在は1200円。

いきつけの床屋が6席あるのに繁盛店であり、結構密になるので、今年後半からはこちらに行きます。

駅ナカですので、Suicaで改札を抜けていかなくてはならず、ですので散髪終了後は電車に乗ってしまいます。

二駅7分乗った同じ足立区内の北千住駅で下車します。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年6月にも歩いた、江戸時代の日光街道、水戸街道の宿場町であった千住宿を、

クリックすると元のサイズで表示します

お散歩します。

クリックすると元のサイズで表示します

所々に残る、

クリックすると元のサイズで表示します

古い建物や、宿場通りから少し逸れると点在する

クリックすると元のサイズで表示します

神社の雰囲気も

クリックすると元のサイズで表示します

良いですね。

案内所で、

クリックすると元のサイズで表示します

本と

クリックすると元のサイズで表示します

日光街道宿場印を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

老舗の団子屋さんで、

クリックすると元のサイズで表示します

団子を購入。

1時間ほどののんびり宿場町散歩をして、帰宅。

帰宅後は、買った団子を食べ、

クリックすると元のサイズで表示します

大谷選手の試合を観ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

小原庄助さん生活です。

クリックすると元のサイズで表示します

越境せずの宿場町のお散歩は、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

旅気分になれますね。

0




AutoPage最新お知らせ