ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
2021年秋休み温泉旅 最終日  只今、旅行中

祝日が2日あり、3日休暇を取ったので9連休の秋休みですが、温泉旅は3泊4日だけとしたので、今日が旅の最終日です。

朝6時前に起きると、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど朝日が昇るところで、昨日とうって変わって快晴で気持ちいいかですね。

温泉大浴場で朝風呂に入り、金沢駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は雨でしたから、ご立派な駅を正面からじっくり見ます。

このご立派なJRの駅の前の地下から出る

クリックすると元のサイズで表示します

北陸鉄道浅野川線に乗ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

金箔風の一日乗車券を購入します。

クリックすると元のサイズで表示します

元京王井の頭線で走っていた電車の

クリックすると元のサイズで表示します

2両編成です。

クリックすると元のサイズで表示します

北鉄金沢と内灘間の6.8キロの短い路線ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

駅が12もあり、平均駅間距離600メートル、一番長い駅間距離が900メートルという電車です。

金沢を出てすぐ地上に出て、浅野川の左岸を日本海方面に走って行きます。

途中三ツ屋駅だけが行き違い可能で、

クリックすると元のサイズで表示します

あとは片面ホームに小さな待合室があるだけの簡素な造りの駅です。

今回の旅では、永平寺口駅、勝山駅、鶴来駅と、廃駅跡の永平寺駅と加賀一宮駅を見てはきましたが、鉄道に乗るのは初めてで、鉄分補給満タンです。

17分で終着駅の内灘駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

かわいらしい駅舎です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅周辺に見所はある?のかもしれませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

5分の滞留で折り返し電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

金沢駅に40分後に戻ってきました。

朝のこ鉄散歩のあとは、朝食です。

クリックすると元のサイズで表示します

ドーミーインならではのご当地朝食は、海鮮丼と、

クリックすると元のサイズで表示します

ハントンライス。

クリックすると元のサイズで表示します

どこでもドーミーインの朝食には満足できます。

昨夜の夜鳴きそばといい、

クリックすると元のサイズで表示します

加賀の涌泉と名付けられた地下1200メートルから湧出の、泉温40.4度、PH7.6のややモール泉系を思わせるナトリウムー塩化物泉の温泉大浴場にも満足。

仙台、水戸、前橋、東京八丁堀、三島、三河安城、和歌山、長崎と野乃の浅草、富山と宿泊してきたドーミーイン11ヶ所目の金沢も満足なのでした。

11時までゆっくりしてからチェックアウト。

金沢市は蔓延防止等重点措置適用中で、その影響で兼六園は休園中であったりなので、市内観光はしません。

向かったのは、車で10分ほどの市内の公衆浴場である、

クリックすると元のサイズで表示します

れもん湯という

クリックすると元のサイズで表示します

有松温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

2階には家族風呂もありますが、そちらは15時からの営業で、1階の大浴場に入ります。

ツルスベした浴感のさっぱりした湯上りの黒い温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

コロナ禍になってから久しぶりの公衆浴場の雰囲気で、それも嬉しい気分です。

続いては、野町駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の造りは大きいのですが、なんとも昭和の雰囲気という感じのこの駅から

クリックすると元のサイズで表示します

朝乗った北陸鉄道のもう一つの路線である石川線に

クリックすると元のサイズで表示します

乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは元東急線で走っていた車両です。

クリックすると元のサイズで表示します

ローカル線の雰囲気は乗って味わうのが一番です。

13.8キロの路線に17駅もあり、朝の浅野川線より少し長くなったとはいえ、平均駅間距離が800メートルくらいとなります。

北陸本線乗り換え駅の西金沢を過ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

四十万と書いて、しじま駅過ぎると住宅街が終わり、

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな景色となり、駅に停車してはゆっくり走りまた駅に停車の繰り返しで、30分かかって終着駅の鶴来駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は車で来て、外から駅舎を眺めましたが、今日は電車に乗ってやって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり雰囲気がいい駅舎です。

クリックすると元のサイズで表示します

古い街並みがいい感じであるのは昨日見ましたが、駅から歩くとなるとそこそこの距離になるので、30分弱の滞留で折り返し電車に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

また30分ほど揺られて、野町駅に到着。

鉄分補給時間終了で、車で空港に向かいます。

1時間半後には、レンタカーを返して小松空港に到着しているのでした。

搭乗時間に余裕を持ち過ぎるくらいにしたので、

クリックすると元のサイズで表示します

一軒しか開いていない空港内レストランで、お疲れ様ビールです。

一軒と思っていたら、となりのお店が開いたので、

クリックすると元のサイズで表示します

はしご酒?的な食べ歩き?的なお引越し。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

眠りに落ちれば、あっという間に羽田空港到着でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅では300キロほどのドライブで、片山津、山中、山代の加賀温泉郷と湯涌温泉に、道の駅にある永平寺温泉、さらに金沢市内の温泉銭湯有松温泉と6ヶ所立ち寄り湯し、一乗谷朝倉氏遺跡と永平寺の歴史散歩に、恐竜の町勝山を彷徨い、ほぼ初めての所を回遊する旅となりました。

0

2021年秋休み温泉旅 3日目  只今、旅行中

今朝は6時半起床。

部屋の風呂に入り、今日もバイキングの朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあと、ようやく宿の大浴場に、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の温泉風呂も含めて、循環されていますので、

クリックすると元のサイズで表示します

であれば、好きな時に好きに入れるお部屋の風呂で満足ではあります。

二連泊しましたが、昨日は8時間の福井県遠征をして、とてもゆっくり過ごしたという感じではありませんが、今年3回目のリブマックスリゾート温泉生活は満足なのでした。

昨日、一昨日は快晴の真夏日でしたが、今日から天気は下り坂、雨です。

雨が降る中、宿をチェックアウトします。

今日は石川県内、加賀市から金沢市へ移動します。
山代温泉からの距離は、昨日行った福井県の一条谷や勝山とほぼ同じ50キロほどとなります。

しかし、まずは古総湯の横にある総湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ものすごい雨が降っていたので、写真は昨日のものです。

ところが、水曜日は午前中清掃で正午オープンとのことで、1時間近く待っていられないので、泣く泣く出発。

続いて、高速道路のような国道8号線を走り、

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほど走った辰口温泉へ。

宿は4軒だけですが、総湯にあたる里山の湯があるので行ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

お休みで連続空振りです。

空振り湯なので、鉄分補給に切り替えて、北陸鉄道石川線の終着駅である鶴来駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

おおっ、渋い風情でいいですね。

駅舎内も古色蒼然

クリックすると元のサイズで表示します

昔の写真が貼られていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

古いものも保存されているし、

クリックすると元のサイズで表示します

鉄分補給になります。

現在は終着駅ですが、以前は白山下駅まで路線が伸びていましたが、廃線になっていき

クリックすると元のサイズで表示します

12年前まで二駅先の終着駅であった加賀一宮駅が、駅舎が保存されているので行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

線路はサイクリング道路になっていますが、昭和15年築の駅舎は

クリックすると元のサイズで表示します

きちんと手が入れられて、きれいですし、駅舎内も

クリックすると元のサイズで表示します

きれいにされて休憩所となり、

クリックすると元のサイズで表示します

写真なども展示され、これまた鉄分補給になるのでした。

鉄分補給の後は、再び東に向かい、金沢の奥座敷と呼ばれているらしい湯涌温泉へ。

クリックすると元のサイズで表示します

雨足は強くなる一方で、温泉街の様子がよくわかりませんが、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街の奥にある総湯である

クリックすると元のサイズで表示します

白鷺の湯に立ち寄り湯します。

クリックすると元のサイズで表示します

館内の雰囲気は、

クリックすると元のサイズで表示します

地方の公衆浴場という雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

浴室はシンプルな造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかい浴感はいいのですが、やや塩素臭がするのは残念。

という事で、続いて湯涌温泉より更に奥にある一件宿である銭かめへ。

クリックすると元のサイズで表示します

更に雨足が強くなっている中、行ったのに、

クリックすると元のサイズで表示します

またしてもお休みで空振り湯なのでした。

30分ほど雨の中を走り、金沢駅の

クリックすると元のサイズで表示します

すぐそばの場所にある、

クリックすると元のサイズで表示します

ドーミーイン金沢にチェックイン。

今年10箇所目となるドーミーインです。

クリックすると元のサイズで表示します

御宿野乃以外では初めての和洋室です。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉大浴場に入り、

クリックすると元のサイズで表示します

今夜はゆっくりします。

金沢市は蔓延防止等重点措置適用都市なので、夕食を外に食べに行かないからです。

金沢駅の駅弁を

クリックすると元のサイズで表示します

部屋で食べます。

ちなみにコロッケは能登牛と、ノドクロです。

今日は90キロドライブ、5000歩の3回空振り湯の一日でした。
0

2021年秋休み温泉旅 2日目  只今、旅行中

朝は5時半に目が覚めてしまいました。

部屋に温泉風呂があり、宿の大浴場には昨日入っていませんが、朝風呂は温泉街を

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて、

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は外から見ただけの

クリックすると元のサイズで表示します

古総湯に入浴します。

クリックすると元のサイズで表示します

外観もいいのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

脱衣所一体の浴室の雰囲気も素晴らしい。

そして、掛け流しの温泉も最高。

湯上りは浴室から階段で上がった休憩室からの

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街を見下ろす眺めも

クリックすると元のサイズで表示します

中々で、道後温泉会館を思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

大満足で宿に戻り、朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

バイキングですので、こんな具合です。

連泊なので、部屋でのんびりとしようと思いましたが、古総湯には大満足ですが、温泉街は昨日から歩いて、見所がさほどという感じで、お天気もいいのでドライブに出かけることにしました。

9時前にホテルを出発、昨日立ち寄った山中温泉を素通りしかかると、道の駅が現れます。

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄るつもりは無かったのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな電車が保存されていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

衝動的に寄ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう電車を見られるのは、嬉しいですね。

半世紀前までは、山代温泉、山中温泉に電車で行けたんですよね。

そこから更に西に進み、峠を越えて、ホテルを出て40分くらいで福井県に入ります。

昨日は加賀温泉郷湯巡り、今日は日本史の舞台巡りにしようと思っていますが、旧東古市駅、現在の永平寺口駅が現れたので、立ち寄ります。

クリックすると元のサイズで表示します

レンガ造りの変電所であった建物の

クリックすると元のサイズで表示します

横にある駅舎もいい感じですが、

クリックすると元のサイズで表示します

映画男はつらいよの舞台になった

クリックすると元のサイズで表示します

旧駅舎も

クリックすると元のサイズで表示します

保存されています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の写真が展示されていたり、

クリックすると元のサイズで表示します

大切にされているのはいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど、福井行き、勝山行き、試運転列車と3本並んだのを見られて、鉄分補給です。

この駅から以前、永平寺駅までの永平寺線という路線がありましたが、廃線となって久しく、その廃線跡に並行した道路を走り、一旦永平寺を過ぎて、山代温泉から50キロほど走って、一乗谷に着きます。

クリックすると元のサイズで表示します

有力戦国大名として名を轟かせていましたが、織田信長によって滅ぼされた朝倉氏の本拠地であった場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな隆盛を極めた時代があったとは思えない雰囲気ですが、織田信長の破壊が徹底していたということでしょうか。

ですが、地道に復元作業が進められているのは素晴らしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

300円の入場料で、

クリックすると元のサイズで表示します

往時ほどではないのでしょうが、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

街並みが再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ復元途中なのか、

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい取り組みです。

朝倉氏滅亡時の当主義景の館跡は、

クリックすると元のサイズで表示します

門と塀は復元されていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

屋敷内は柱石が掘り出されたまでで、夏草やの芭蕉の句がしっくり来る感じです。

しかも今日も快晴で暑く、秋休みではなく夏休み気分です。

1時間ほど一乗谷朝倉氏遺跡に滞在して、来た道を引き返し、続いては永平寺に向かいます。

お寺に行く前に、廃線になった永平寺線の終着駅であった永平寺駅の

クリックすると元のサイズで表示します

跡地へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームの跡影はありませんが廃線跡はサイクリングロードとして整備され、

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺駅跡から少しだけですが、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカートのような乗り物が、

クリックすると元のサイズで表示します

走っています。

時間が合わず乗れませんでしたが、ちょっと嬉しい感じです。

さて、禅宗の曹洞宗の総本山、一度は参詣してみたいと思っていましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

なんと、出来ません。

参拝入山料?支払い場所でもある案内所は開いていて、

クリックすると元のサイズで表示します

中には入れましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

無人で事情は分からず、

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず雰囲気だけでも感じようと、

クリックすると元のサイズで表示します

行ってはみました。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口でも厳かな雰囲気ですが、すごすご引き返して、帰りはお土産屋さんが並ぶ参道を歩き、

クリックすると元のサイズで表示します

お土産屋さんを覗くと、山門までは行けて、しかも山門の中にはいつもは入れないと教えてもらい、再び引き返して山門へ。

クリックすると元のサイズで表示します

いやはやさすが総本山、山門だけでも迫力があります。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、いい経験をできたと思うことにして、参道を下り、

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺蕎麦ことおろし蕎麦の昼食を食べました。

暑いので、さっぱりしたおろし蕎麦は美味しいですね。

かみさんが恐竜博物館に行きたいとのことで、しかし、親切なお土産屋さんがそれを聞いて電話してくれて、コロナ禍での臨時休館中という事はわかっていましたが、私的には、えちぜん鉄道の終着駅である勝山駅を見たいと思い、勝山に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

いやはやあちこちに恐竜がいて、

クリックすると元のサイズで表示します

その上、休館中とはいえ、

クリックすると元のサイズで表示します

結構外からも

クリックすると元のサイズで表示します

ちらほら見ることができるのでした。

かみさんは満足したようで、勝山駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史を感じさせる駅舎と、

クリックすると元のサイズで表示します

保存車両もあり、私は鉄分補給。

駅前にも恐竜がいて、

クリックすると元のサイズで表示します

かみさんも満足。

駅舎内には、カフェがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

今はコロナ影響でテイクアウトだけなので、水出しアイスコーヒーとオレンジジュースを買って車の中で水分補給。

思いつきで訪れた勝山でしたが、なんだか楽しかったです。

予定より2時間オーバーとなり、山代温泉に戻りにかかりますが、

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅併設の

クリックすると元のサイズで表示します

日帰り温泉施設があるので、

クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り湯してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

地元民多めという感じの施設。

クリックすると元のサイズで表示します

内湯より露天風呂、それより掛け湯が一番温泉らしさが感じられましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

久々に地域に根ざした温泉施設に入浴できた気がしました。

山代温泉に戻ったのは出発してから8時間後、3時間ほど遅くの帰着となりました。

夕食は昨夜、温泉街で開いているお店が少なく、立ち寄り湯した禅の湯で、美味しそうなものを売っていたので、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋で、部屋の温泉に入っての湯上りビール飲みながらの夕食。

今日は中秋の名月とのことで、古総湯へ。

クリックすると元のサイズで表示します

以外と雲があり、絶景とならずでした。

連泊中日でしたが、宿にはあまりいないお隣福井県満喫の一日となりました。
0

2021年秋休み温泉旅 初日  只今、旅行中

午前3時半起床で、6時前に自宅を出発。

リムジンバスに

クリックすると元のサイズで表示します

1時間ほど乗車し、

クリックすると元のサイズで表示します

今年3回目の羽田空港に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

これまでの二回は、1時間だけ乗る富山空港、中部国際空港行きの飛行機でしたが、今日も1時間乗っただけの小松空港行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

小松空港には20年くらい前に出張で降りて以来です。

クリックすると元のサイズで表示します

むろん、私の悪い記憶力ですから、全く記憶にありません。

クリックすると元のサイズで表示します

多分、当時は恐竜推しでなかったでしょうし、というか福井県推しなんですね。

空港から、金沢、小松駅へのバスが出ていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

今回はレンタカーで、

クリックすると元のサイズで表示します

加賀温泉郷を湯巡りします。

4年前に粟津温泉には入浴しましたが、全く未知の世界です。

まずは飛行機からも見えた柴山潟沿いに広がる

クリックすると元のサイズで表示します

片山津温泉へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

柴山潟に面した

クリックすると元のサイズで表示します

オシャレな建物は、共同浴場にあたる、片山津温泉総湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

柴山潟を望む潟の湯という浴室が、

クリックすると元のサイズで表示します

今日は男湯でした。

かみさんが入った森の湯も雰囲気が良かったそうです。

2階が小洒落たカフェになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

テラスもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

共同浴場的な施設なので、入浴料460円ですが、施設の素晴らしさにびっくり。

カフェでは朝兼昼食で、

クリックすると元のサイズで表示します

チーズピザに加賀蜂蜜をかけていただきましたが、これまた美味しい。

結構いい意味で驚かされました。

温泉街を少し歩くと、特殊浴場が2軒並んで往年の歓楽街温泉地を感じさせる場所があり、一方で、

クリックすると元のサイズで表示します

芸者見番の建物が残されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

ユニークに感じた温泉街でした。

続いて向かったのが、山中温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中に逗留した温泉地ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

私的には、なんかピンと来ない感じの雰囲気です。

芭蕉が山中温泉で詠んだ句

山中や 菊は手折らじ 湯の匂ひ

にちなんだ?、共同浴場的な施設が、菊の湯です。

クリックすると元のサイズで表示します

この施設、面白いのは男湯専用のこの建物と、

クリックすると元のサイズで表示します

向かい合わせに、

クリックすると元のサイズで表示します

女湯専用の大きな浴舎があり、更にこちらは

クリックすると元のサイズで表示します

女湯と連結して、山中座という

クリックすると元のサイズで表示します

演芸場が

クリックすると元のサイズで表示します

併設されているのが、これまた初めて見るパターンでした。

浴室や脱衣所の雰囲気がレトロで、

クリックすると元のサイズで表示します

お湯使いは掛け流し、循環併用ですが、柔らかい浴感も良かったです。

無料の駐車場があるのですが、どこも満車で、ようやく見つけたのが、

クリックすると元のサイズで表示します

芭蕉の館の駐車場。

入館料300円を支払うと駐車もできるという事で、入ってみると、

クリックすると元のサイズで表示します

芭蕉が宿泊した泉屋に隣接の扇屋別荘を改築した山中温泉最古の宿屋建築で、17年前まで旅館として営業していた建物が記念館になったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

芭蕉関連展示もさることながら、往年の宿屋の雰囲気が良かったですね。

秋休みと言ったら30度くらいの真夏日、歩く意欲はなくなり、駐車場もないので、

クリックすると元のサイズで表示します

芭蕉の館そばの、あやとり橋から、

クリックすると元のサイズで表示します

渓流を見ただけになりました。

そして、次に向かったのが山代温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは立ち寄り湯ではなく、宿泊します。

クリックすると元のサイズで表示します

今年3回目、通算4箇所目のリブマックスリゾートです。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋に温泉浴槽がありながら、一万円代前半の宿泊料金が魅力という事でしょうか。

38キロドライブ疲れ?慰労で、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋で湯上りビールを飲んで一休み。

夕食を外に食べに行きます。

加賀温泉郷では一番旅館がある温泉街ですが、人気はなく、店も開いていないというか、沢山あるという感じではありません。

数少ない選択肢から、

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのアジアン料理屋さんへ。

海外旅行が出来ないので、気分だけでもでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

気分だけでなく、

クリックすると元のサイズで表示します

味にも大満足でした。

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街のシンボル古総湯の美しさも満喫して、秋休み温泉旅初日は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

秋休みというより、夏休みの感じ、レンタカーを借りてますが、38キロしか走らず、10,000歩歩いたという1日でした。
0

秋休み2日目  2021年With COVID-19

今日も基本は家お篭り。

ただ、天気が久々に快晴だったので、いつもの小川と

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの池へ。

クリックすると元のサイズで表示します

秋晴れというより、ちょっと夏に戻った感じで、ちょっと嬉しい気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します

カルガモくんにも久々会いました。

あまり日曜日という感じがしませんでした。
0




AutoPage最新お知らせ