ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
寄り道こ鉄で帰宅  只今、旅行中

予想を外して密加減のドーミーイン前橋をチェックアウト。

前橋駅前からバスに数分乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

JRではなく、赤字のローカル私鉄の上毛電気鉄道の中央前橋駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから上毛線というローカル線に乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

元々は京王井の頭線で5両で走っていた車両が、

クリックすると元のサイズで表示します

2両で走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

左に赤城山を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

西桐生までの25.4キロを50分かけて、のどかに走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

Suica、PASMOは使えず、切符には鋏が入る昭和のままです。

クリックすると元のサイズで表示します

90年以上前の創業時から走る電車が、イベントや貸切限定ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

走ることができる状態で残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

有形文化財指定のレトロな駅舎の終着駅である

クリックすると元のサイズで表示します

西桐生駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

レトロな駅舎内の雰囲気を味わっただけで、30分ほど駅舎に滞留してから、折り返しの中央前橋行きに乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

群馬県の富士山下駅を過ぎ、10分乗車で赤城駅まで引き返し下車。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは行きも乗った東武鉄道の特急りょうもう号に乗車します。

クリックすると元のサイズで表示します

予約したのは10日前くらいで、赤城駅を出る1時間前までは予約した時と同じ60名定員に対して10人程度の予約でしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

新桐生、大田、足利市とどんどん乗ってきて、半分以上座席が埋まるくらいまで直前乗車が多かったです。

とはいえ、密にならず、100分ほどで、

クリックすると元のサイズで表示します

ビールを飲んでいるうちに、

クリックすると元のサイズで表示します

北千住駅に到着し、

クリックすると元のサイズで表示します

ご禁制破り?の温泉旅は終了です。

人と会話はほとんどせずでしたが、密は基本避けてという事ではコロナ禍では致し方ない旅の形態ですね。
0

前橋の朝  只今、旅行中

昨日、大浴場に一回入って、部屋でのんびりするうちに寝落ちして起きると21時過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

ドーミーインならではの無料サービス、夜鳴きそばを食べに行くと、密です。

しかも若い男達4人がマスクはしているものの、でかい声で会話。

クリックすると元のサイズで表示します

そそくさとたべて、部屋に戻ると、

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で、戦意喪失、寝てしまうのでした。

翌朝4時半に目が覚めたので、朝風呂。

流石に5人くらいしかおらず、少し落ち着いて入浴できました。

部屋からも見えますが、

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂からの方が、

クリックすると元のサイズで表示します

更に眺めが良かったです。

そのあとは、駅前のお散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

日本では駅前のホテル宿泊はそれほど無くて、台湾旅の時は多い、駅前散歩です。

クリックすると元のサイズで表示します

駅に人影はほぼありません。

クリックすると元のサイズで表示します

群馬県の県庁所在地の表玄関駅ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

この時間帯は静かです。

ホテルに戻り、朝食。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日からの密に懲りているので、

クリックすると元のサイズで表示します

開店前から並んで、

クリックすると元のサイズで表示します

密回避はまずはうまくいきました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝から食べ過ぎですね。

部屋でのんびり過ごすことにします。
0




AutoPage最新お知らせ