ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
連泊中の初日  只今、旅行中

午前中に5000歩のお散歩して、午後は3時間昼寝。

夕食食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

岩魚の骨酒を飲み、

クリックすると元のサイズで表示します

500mmの缶ビールを昨日も今日も4本ずつ飲んでと、小原庄助さんバージョン生活です。

40軒くらいの宿がある国民保養温泉地である四万温泉にいながら、かみさん以外と会話したのは3人、しかも会話時間は1分以内ずつという一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

四万温泉街お散歩  只今、旅行中

朝5時に目が覚めて、露天風呂へ。

クリックすると元のサイズで表示します

気持ち良くなって、また二度寝。

起きて朝食を部屋でいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂は貸切入浴、食事は部屋食、4室しかなく、一泊目は私達夫婦を含めて6人、従業員はご夫婦だけ。

今回で16回目の宿泊で、内2回は完全貸切、あとの宿泊も満室という事がそれほどないので、これでも混みがちと感じますが、まあ密にはほど遠く、ありがたい事です。

9時から三つの全てのお風呂でお湯を抜いてお掃除時間になるので、温泉街をお散歩します。

四万温泉は、ダム湖である奥四万湖のあたりから、四万川沿いに4キロほど温泉街が続いています。

クリックすると元のサイズで表示します

一番上流の奥に位置する開湯1000年以上とされる四万温泉発祥の地とされる日向見温泉から、昭和41年開湯の新しい温泉である、ゆずりは温泉、積善館はじめ有名旅館があり、一番賑やかな新湯、そして、山口、温泉口と五つの地区に分かれています。

今日は私が宿泊する山口地区から温泉口まで往復の

クリックすると元のサイズで表示します

お散歩をしてみました。

宿のそばの山口バス停から、

クリックすると元のサイズで表示します

緩い坂道を下っていき、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉口地区に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

四万温泉では一番下流に位置しますが、

クリックすると元のサイズで表示します

いやはや清流です。

まだ入浴したことがない、町営清流の湯という日帰り温泉施設。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関を外から眺めただけで入浴しません。

クリックすると元のサイズで表示します

来た道を引き返して、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山口地区にある共同浴場である、上之湯に

クリックすると元のサイズで表示します

入浴します。

クリックすると元のサイズで表示します

無料でこんないいお湯に入れるのは、ありがたい事です。

宿に戻って、

クリックすると元のサイズで表示します

清流沿いの露天風呂に入浴。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は宿のご飯の残りをおにぎりにしてあったもので済ませます。

0




AutoPage最新お知らせ