ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。

月曜日に東京都の全てではないものの、私が住む23区と6市で、蔓延防止等重点措置が始まりました。

都民向け要請が下記の通りされています。

@都県境を越えた不要不急の外出・移動の自粛。
特に、変異株により感染が拡大して いる大都市圏との往来の自粛(新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項)
A日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛(法第24条第9項)
医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除き、 原則として外出しないこと等を要請
B混雑している場所や時間を避けて行動すること(法第24条第9項)
C措置区域において、営業時間の変更を要請した時間以降、飲食店にみだりに出入りしないこと(法第31条の6第2項)
D会食において会話をする際のマスク着用の徹底(法第24条第9項)

BとCは完全遵守、Dも火曜日夕食、木曜日昼食は外食でしたが遵守。

@は月曜日が栃木県から、帰って来ましたからダメですが、5月11日まで帰らないのも無理なのでまあ△?
火曜日から金曜日は毎日大切な商談が一本ずつ入っていたので、連日埼玉県に行きましたが必要で急(不急の反対語ってなんだろう)なので多分遵守。
Aも月曜日はダメなのでしょうが、火曜日以降は必要な職場への出勤、屋外での散歩なので遵守。

そんな一週間でした。

上記は都民向けでしたが、事業者向けの要請も当然あり、その中で

クリックすると元のサイズで表示します

営業時間が5時から20時に短縮の中にホテル、旅館が入っています。

宿泊で部屋に居て、20時に追い出され、朝5時以降にお戻りください、
なんて訳ではないでしょうが、これに限らずこんな要請で蔓延防止になるんですかね。

これで時間稼ぎしている間にベッドが増えて、一日5,000人の新規感染者が出ても医療は全く問題ないというなら、いいのですが、まず絶対そうならないどころか、増えても微増程度でしょう。

経済を回すべきはわかりますが、そうするなら医療体制を大幅に急いで充実すべきです。

それができないなら、相当厳しいロックダウンをすべきです。

ロックダウンは一時的に大きなマイナスになるのは間違いありませんが、この中途半端をズルズル続ける方が、ボディーブローのように効いて、中期的にはそちらの方がマイナス影響が大きくなると思います。

あと、オリンピックも国民投票で開催するしないを決めたら良いと思いますけどね。

都と政府はやりたい、でも世論調査では中止、順延すべきが大半、でも聖火リレーには密になるような人が集まるでは、よくわからないですからね。

国民投票で開催決定なら終了後に大流行でもそれこそ自己責任、開催しないなら国民の総意だから断るなら、IOCだって文句を言えないでしょう(でも文句どころか多額の違約金みたいのを請求して来そうですが)。

この前の緊急事態宣言の時はこのままやっても改善しないし、経済を回さなくてはいけないから解除。
でも数週間で医療崩壊を防ぐために蔓延防止等重点措置を出して、人出が多くなった、不要不急の外出を控えてくださいの呼びかけだけ。

太平洋戦争前なら、第一次産業、二次産業以外は不要不急と言って、それなりの効果は出るでしょうが、令和の現在は昭和戦前から見れば不要不急が経済を回す部分で大きくなっているわけで、何の呼びかけだかわかったものではありません。

補給線を確保しないまま進軍し続けて敗戦という歴史の教訓は全く生かされていないんだなあ。

とにかく自分の出来る範囲で感染防止に努めるしかありません。
0




AutoPage最新お知らせ