ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。
日光街道宿場町通過  2020年 With COVID-19

木曜日にして、今週初めての外勤。
先週水曜日以来1週間ぶりで、今日はまた東京都の感染者数は大幅増加の日になるとは、我ながら間抜けです。

幸手で仕事があったので、旧日光街道を草加から幸手まで、車で走りました。

草加、越谷、春日部(当時は粕壁)、杉戸、幸手と宿場町が江戸時代の日光街道にありました。

杉戸宿と、

クリックすると元のサイズで表示します

幸手宿の中を、

クリックすると元のサイズで表示します

車で通り過ぎましたが、所々じっくり見たい建物が残っていました。

千住、草加宿場町散策の続編で出かけてみたくなりました。

ですので気分良く帰ってきたら、GO TO キャンペーンは勝手に前倒ししたけど、感染者数が増加し過ぎなので、東京都だけ除外のニュース。

さて、還元がある前提で予約した都民はどうするのでしょう、キャンセル料金が発生するケースでどうなるのでしょうか。

都内の業者はキャンセルが出た時にどうするのでしょう。返って打撃の追い討ちになりかねないような気がするのですが。

しかも民間業者が勝手にやるキャンペーンではなくて、国の税金を使っているキャンペーンで一部の自治体だけが恩恵を被れない、被害を負うって、おかしいと思わないのかな。

国が良くお考えになったから、しか言わない知事ですしね。

まあ、そんな知事を多くの人が支持したわけですし、そんな国の政治家を選んだのも国民ですので、まあ少数意見という事なのでしょう。

どうもニュースを見ると、気分が悪くなります。

0




AutoPage最新お知らせ