ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。

今週は忙しい週間。

と言いながら、朝は近所の川と

クリックすると元のサイズで表示します

池へ

クリックすると元のサイズで表示します

カルガモ鑑賞お散歩に行きました。

6月生まれも

クリックすると元のサイズで表示します

7月生まれも

クリックすると元のサイズで表示します

大きくなったのは嬉しいけど、どちらも二羽ずつは生まれてすぐの賑やかさを見ているだけに寂しいですね。

今日は外勤で昼食は今年初の吉野家でした。

久々でしたが、うまいなあ。

メニューが増えているのもびっくりでした。

連休中に食べたお店は感染防止対策をしっかりやっていて、えらいと思う反面、食べ終わって、かみさんと会話していると店員がマスクをしてくださいと言いに来て、素晴らしい事ですが、新しい生活様式で一番私が適応できないのは外食ですかね。

離れたカウンターでおじいさんと謎の中年女性が牛皿をつまみにビールを飲んで歓談している光景が、どこか懐かしい感じがしました。

コロナ前は牛丼屋やラーメン屋でこんなチョイ飲みを時折しましたが、私には今はしようと思えないからです。

1

66時間滞在して  只今、旅行中

埼玉県行田市にある日帰り温泉施設「茂美の湯」併設の「湯本ホテル」に3連泊しました。

全22室ある内の4部屋だけ、温泉露天風呂がついています。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊者は、日帰り温泉施設にも入浴でき、しかもオープン前の1時間前の朝8時から入浴できます。

昨日一昨日と朝8時から入浴して、通常の日帰りでは味わえない貸切状態で、大きく何種類もの浴槽に入って、温泉を満喫できました。

そして、部屋でも温泉を満喫出来るわけで、密にならず、遠くに行けないようなWITHコロナ時代には、いい宿だなあと三回目の宿泊で改めて思うのでした。

66時間滞在で出かけたのは、2日目、3日目の昼食を食べに行った合計4時間くらいで、あとは温泉に入り、缶ビールは500mg缶ビールを12本!飲み、昼寝も含めて30時間くらい寝ていたという過ごし方でした。

行きは行田市駅からバスに乗り、行田市の名所である古代蓮の里を窓から見ましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの今日は、行田市駅まで3キロあまりを5000歩、40分ほどかけて歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

映画のぼうの城の登場人物である正木丹波守が落城後に世無常を感じて出家して開いたお寺や

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマ陸王のロケで使われた足袋工場を見て、

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の雰囲気が残る

クリックすると元のサイズで表示します

商店の建物の前を過ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します

行田市内にいくつも残る蔵を見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行田市駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

観光地としては地味ですが、

クリックすると元のサイズで表示します


お城、古墳群、古代蓮、蔵や古い建物、フライとゼリーフライ、古代米カレーというB級グルメと、私的には見所多い街です。

昭和の雰囲気のホームから電車に乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

13分で羽生駅に着き、東武伊勢崎線に久喜行きの各駅停車に乗り換え、

クリックすると元のサイズで表示します

久喜から急行電車は

クリックすると元のサイズで表示します

座り心地悪い通勤車両で

クリックすると元のサイズで表示します

北千住駅に戻り、旅はおしまいです。



2

3日目は雨  只今、旅行中

昨夜23時頃寝ると、24時頃に隣の部屋に人が入ると、壁が薄いので物音や話し声が結構聞こえて目が覚め、更に蚊に喰われて、熟睡していませんが朝は6時に起きてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

予報が変わって、今日は終日雨降りのようです。

日替わりで浴室が入れ替わる大浴場、

クリックすると元のサイズで表示します

今日も貸切状態で

クリックすると元のサイズで表示します

満喫。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊ならではの恩恵です。

雨は降っていますが、傘をさして出かけます。

10分ほど歩いて、田んぼの中の

クリックすると元のサイズで表示します

イタリアンレストランへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル料理、古墳カレー&ゼリーフライの行田グルメについで、今日はイタリアンの昼食です。

クリックすると元のサイズで表示します

お洒落な雰囲気は一番ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します

トスカーナ地方の麺という生麺の平打ち麺を

クリックすると元のサイズで表示します

いただきます。

無農薬栽培野菜も美味しくいただきました。

帰りは、ポツンと存在する

クリックすると元のサイズで表示します

大日塚古墳を見てみます。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう碑が無ければ、1500年前の古墳とはわかりません。

これだけ古墳があちこちにある行田は、1500年前はどんな風だったのでしょうか。

今日も2時間くらいの散歩も、歩数は3500歩と控えめとなり、宿に戻ります。

2泊していた部屋に不満もありませんし、料金同じで部屋の造りですが、お部屋を移ります。

クリックすると元のサイズで表示します

壁の色が違うくらいです。

お風呂もヒノキ造りで同じようですが、

クリックすると元のサイズで表示します

少しだけ大きいようです。

2時間くらい昼寝してから、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉に入り、のんびりは変わらずです。
2

のんびり湯治気分  只今、旅行中

日帰り温泉施設は、9時から22時の営業ですが、宿泊者は8時から入浴できます。

昨日はチェックインしてから一度も入りませんが、朝8時に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

私だけしかおらず、

クリックすると元のサイズで表示します

広くて、色々な浴槽がある

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂を密どころか、貸切状態で入れるのは嬉しいです。

重曹泉の柔らかい浴感は、

クリックすると元のサイズで表示します

部屋でも楽しまるし、

クリックすると元のサイズで表示します

温泉満喫です。

11時に宿を出て、

クリックすると元のサイズで表示します

さきたま古墳群の中の

クリックすると元のサイズで表示します

二子山古墳の前にあるお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

行田の名物である

クリックすると元のサイズで表示します

ゼリーフライと

クリックすると元のサイズで表示します

新たに名物としようとしている

クリックすると元のサイズで表示します

古代米を使った古墳カレーを

クリックすると元のサイズで表示します

いただき、今日も満腹。

さいたま古墳公園は昨年11月に散策し、今日も多くの人がいるので、今日は埼玉県の地名発祥の地とされる、前玉と書いて、さきたま神社に行ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

最初の鳥居から

クリックすると元のサイズで表示します

歴史があるし、神社も場所も、

クリックすると元のサイズで表示します

古墳であった場所であるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

浅間神社もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり江戸時代の灯籠が残る

クリックすると元のサイズで表示します

前玉神社とも

クリックすると元のサイズで表示します

心洗われる雰囲気の神社です。

それだけでなく、神社の飼い猫ガガと

クリックすると元のサイズで表示します

さくらが

クリックすると元のサイズで表示します

可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな御朱印を購入してしまい、5000歩の散歩は2時間で終了。

あとは部屋で、のんびり過ごします。



2

寄り道こ鉄で、温泉へ  只今、旅行中

四連休初日は、目覚まし時計を鳴らして、朝5時に起床して、6時半に出発。

北千住から、特急りょうもう1号、赤城行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

連休初日ですが、空いています。

クリックすると元のサイズで表示します

10分もしないうちに毛長川を渡り、東京都足立区から埼玉県草加市に入り、越谷市、春日部市を過ぎていき、30分ほどで列車はまず杉戸町の東武動物公園駅に停車。

久喜市の久喜駅に停車し、加須市、羽生市を過ぎて、利根川を渡ると

クリックすると元のサイズで表示します

群馬県館林市となって、北千住から67.5キロを50分ほどで走り、館林駅に到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

雨降る中、駅舎を外から眺めるだけで

クリックすると元のサイズで表示します

20分ほどぼんやりして、東武佐野線の葛生行きに乗ります。

クリックすると元のサイズで表示します

座席はまずまず埋まっていますが、2両編成。

館林を出て5分くらいで渡瀬川を渡り、栃木県佐野市に入って、JR両毛線の乗り換え駅で佐野市の中心である佐野駅で

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの客は降りてしまい、のどかな田園風景の中を走り、

クリックすると元のサイズで表示します

終着駅の葛生駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

石灰石輸送の為に作られた東武佐野線ですので、かつては貨物ヤードが広がっていた広い敷地は、今ソーラーパネルが広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

30分くらい駅周辺をぶらつきましたが、人の姿は二人だけ見かけただけでした。

折り返し電車で引き返して館林駅に戻り、今度は伊勢崎線の太田行き3両編成の各駅停車の電車に30分ほど乗り、

クリックすると元のサイズで表示します

太田駅に着くと、すぐに東武小泉線の東小泉行き各駅停車の電車で、

クリックすると元のサイズで表示します

のどかな田園風景の中を走り、東小泉駅に10分で着くと、

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに西小泉行きに乗り換え、二駅5分で小泉線の終着駅である西小泉駅です。

クリックすると元のサイズで表示します

佐野線では、単に終着駅の葛生駅まで往復しただけでしたが、小泉線の終着駅である西小泉駅では、目的がありました。

小泉駅ですが、群馬県大泉町は大企業の大型工場が多く、外国人が町の人口の2割ほど、その半分くらいがブラジル人とのことで、日本のブラジルと呼ばれる町だそうです。

ブラジル料理レストランも何軒かあるそうなので、昼食を食べようと町を歩くと、歩く人は少なく、コロナ影響で店も閉まっていたりしますが、

クリックすると元のサイズで表示します

見かけるお店の外観は

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どことなく外国っぽい雰囲気です。

このお店で、

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル料理の昼食を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

肉料理が多くなりますが、ビールに合いますね。

お腹いっぱい美味しくいただき、駅に戻り、

クリックすると元のサイズで表示します

各駅停車の電車に20分ほど乗り、館林駅に戻り東武小泉線の乗車は終了。

本日3回目の館林駅ですが駅周辺どこにも行かず、久喜行きの各駅停車で

クリックすると元のサイズで表示します

利根川を再度渡り、埼玉県戻り羽生駅で下車。

秩父鉄道の影森行き各駅停車で、

クリックすると元のサイズで表示します

10分ほどで、埼玉県行田市にある行田市駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが今回の目的地です。

4回目の行田市ですので、真っ直ぐ来て市内観光だけではつまらないかなと思い、群馬県、栃木県に足を伸ばしたものの、東武鉄道のローカル線である佐野線、小泉線に乗り、ブラジル料理を食べる寄り道なので、密には全くならず、6時間早出になったものの旅気分は味わえました。

駅前から、行田市の観光循環コース路線バスに乗っても貸切状態で、

クリックすると元のサイズで表示します

宿に到着します。

日帰り温泉施設に、ホテルが併設という造りです。

クリックすると元のサイズで表示します

日帰りで一回、宿泊では今回が三回目となります。

日帰り温泉施設は賑わっていますが、私は部屋についている

クリックすると元のサイズで表示します

温泉露天風呂に漬かり、のんびり過ごします。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食で満腹になり、ビールも飲んでいるし、15,000歩ほど歩いたしで、夕方5時には眠くなり、24時頃まで爆睡してしまうのでした。

四連休初日は、こんな1日でした。
1




AutoPage最新お知らせ