ただの温泉大好きおやじが、入浴した温泉の紹介と温泉旅中の模様や、温泉に入れない日常のぼやきなどを書いているブログです。 温泉好きが高じて、 温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエマスター」、 日本温泉地域学会認定「温泉観光士」、 NPO法人エイミック認定「温シェルジェ」、 日本銭湯文化協会「銭湯検定4級」 という資格?まで取ってしまいました。

『荘子』、『列子』に出てくる「朝三暮四」の寓話。

「あるサル使いの親方が栃の実を与えようとして『朝は三つ、夜四つにするぞ』と言うと、サルたちはみな怒った。そこで親方が『それでは朝四つにして、夜三つにしよう』と言うとサルはみな喜んだ」

というお話。今なら、

8割制限にしようというと、皆怒ったので、では6割にしようというと皆納得して、結果一ヶ月で済む制限が二ヶ月になりました。

という話になりそうではないか。

私の勝手な想像では、8割一ヶ月と6割二ヶ月の経済損失は同じではなくて、二ヶ月の方が大きい気がするんですが。

ついでに自粛の語源を調べてみたら、中国の古典に由来していないようで、かつ広く使われたのが昭和時代だけ。

戦時中の欲しがりません勝つまではの時代と、昭和天皇崩御の後の暫くの間くらい。

本当か嘘かわかりませんが、外国語に自粛にあたる言葉や概念がないそうです。

だから自粛要請という言葉自体がおかしいという事になるらしい。

補償しないから制限しない、自粛は強制されるものではないから我慢しない。

どっちも正しいかも知らんけど、私にはどっちもどっちかという感じ。

あと不要不急は時代錯誤かな。

日本のGDPでは、不要不急とされる産業のウエイトがそれなりにあるようです。

でも意識は昭和のままなのかもしれません。

本来は補償して制限すべきです。

が、まさかと思っていたらついにマスクまで疑惑になる人が総理大臣では信用できなく、私権制限に諸手を挙げて賛成と言えないからなあ。

私には信用できない人が、世の中では4割くらい支持されているので、まあ私がずれているのでしょう。

と言って、ゴルフバック担いで練習場に列をなしたり、沖縄に行くのも理解できず。

おおっ、もしかして家の中にいすぎて世の中の流れと全く無縁になったのかしらん。

と嫌な気分になっても仕方ないので、三月から続いている双六ゲームをしますが、

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

新幹線なのに、なかなか本州から出られません。

このゲームの運営主のJR東日本だって、1-3月での赤字が500億円。
昨年の利益の半分くらいが、実質1ヶ月で飛んでしまってます。

2ヶ月温泉なし、旅なし生活になりそうですが、自分の責任ではないので、しょうがない。
移されないよう、まずは黄金週間を家で過ごしてみます。

あっ、明日もまだ在宅勤務だった。
2


パチンコ屋に休業要請が出されるも、応じないで営業継続する店があるというニュースが昨日流れていました。

テレワークのモザイク越しに映るその店は駅近くの近所の店のようです。

今朝9時にお散歩兼お買い物に出て、4月に入ってから徒歩10分圏内なのに全く足を踏み入れていない駅の方に行くと、開店前ですが、店内からパチンコの音が聞こえ、店の前や店の前の公園にはざっと50人くらいが開店待ちしているではないか。

マスコミの人も二人いて、遠目にそれを写真に撮っています。

結構衝撃的な光景でした。

誰かが言ってましたが、来ている人の大半はギャンブル依存症という病気であるは本当かもと、この光景を見て思いました。

隣の大きな国の制度を誇ってやまない国や半島北部の国なら、即刻依存症専門強制病院収容でしょうが、日本はそうならず、ある意味ありがたい。

頭の体操で東京都の週別の感染者数推移のグラフを作ってみたら、

クリックすると元のサイズで表示します

2月末の自粛要請のタイミングは悪くなく、かつ意味があったと言えそうです。

私にしても、そんなに大変な事になるか疑問でした。

3月10日に更に2週間の自粛延長が出たものの極めて弱い発信で、俗に言う春分の日三連休の緩みで感染者数が3月末に膨れ上がったのが顕著です。

おそらくはこのタイミングで緊急事態宣言を出すタイミングであったように感じます。

遅いと批判があり、こうやって見てみるとそうですが、今回のタイミングでも5月6日で第一波はおしまいにできる可能性が高そうではあります。

私のようなざっと見てではなく、データに基づく説明をきちんとして、経済的な補償をしっかりやればですが。

東京都で言えば、感染者数減少は先週時点でいうとまだ足りないというのは納得できます。

今週トータルで、どこまで減少になるかという現状確認も大切。
でも検査数は休日にどれだけ減るんだろう。

今週来週に動きを制限できれば、5月中に一旦おしまいまで行けると思うのですが。

駅まで歩いてみましたが、ガランとしていて、多くの人は動いていません。

私は2-6-2の法則はかなり当たりと思っています。

2割は残念な人がいるという前提になるのですが、その中の依存症という極めてイレギュラーを取り上げるだけではなく、商店街、公園に集まるのをいかに減らすかを取り上げる方がいいと思います。

ただ、ゴルフ練習場や釣りやらサーフィンやらクルマ好きが集まるのは、病気の世界なのかは微妙だなあ。

今週来週の辛抱により、5月中で一段落させようという人が8割以上いると信じるだけです。

それにしても、現場の人が大変なご苦労をしていることには敬意を表しつつ、国の対策はどうしてこんなに遅いのだろう。

アフターコロナが来たときに失業者、生活保護者多数という状況を作らないことが経済回復に繋がるという視点はないのかな。

2000歩散歩から戻り、家ごもりします。
2

隣の芝生は  2020年 With COVID-19

きれいに見えるんでしょうけど。

クリックすると元のサイズで表示します

この差は何が違うんでしょうか。

まあ、考えたり調べたりする時間は沢山ありますし、今日は寝ます。

クリックすると元のサイズで表示します

1

数字で確認  2020年 With COVID-19

この土日は寝過ぎてしまい、今日在宅勤務を開始すると繋がりが悪い。

全くなんという生活なのだと思うのですが、数字で生活がどのくらい変わったのかを確認してみました。

1月 

勤務18日…外勤9日、内勤9日(内、会議4日、研修1日なので純然内勤は4日)

休日13日…温泉入浴10日、家ごもり3日

2月

勤務18日…外勤14日、内勤4日(内、会議2日、純然内勤2日)

休日11日…温泉入浴8日、家ごもり3日

3月

勤務21日…外勤11日、内勤2日、テレワーク8日

休日10日…温泉入浴5日、家ごもり2日、近所散歩2日

4月(まだ4日ありますが、予定通りとして)

勤務19日…外勤3日、内勤1日、テレワーク15日

休日11日…温泉入浴0日、家ごもり2日、近所散歩8日

コロナ騒動の3月、4月の二ヶ月間は、感覚では、随分仕事でも休日でも外に出ていないという感覚です。

ところが勤務で言うと、3月で5日程度、4月で12日程度、外勤ではなくて、テレワークになっているという程度。外勤業務でいうと、二ヶ月で一ヶ月分しか配分できていない勘定です。
内勤での仕事も必要ですが、出社しなくても在宅でできるのがほとんどで、通勤しない方がいいわけですから、先週から回線状況が悪いことを除けば、こちらはむしろプラスに働いていると言えます。
また会議が少ないのもいいです。

休日は、3月以降、温泉に行く日数が、近所散歩にそっくり付け替わっています。

こうやって確認すると、トータルで半分が、コロナ前の日常、通常とは違う状況なのですね。

平日では、困る面もありますが、通勤、会議の時間が削減ですから良い面もあります。

プライベートでは、歩かないので運動不足気味であるのと、温泉に全く行けないのが悪くなっている、という程度。

こうやって考えると、とてもありがたいことです。

ただ、この状態がそのまま続いていくと、今でも本当に大変な人がいるわけですが、そういう人達が増え続け、状況がより悪化していくだけですから、今、動かなくても済む人が動かないのは、やはり必要という事ですね。

ただ遅くて、平時のままの財政規律での支援策や、中途半端な対策は今すぐ、そしてすぐ出来ないことも修正して随時改善していって欲しいですね。



1

よく寝ていました  2020年 With COVID-19

土曜日の夜は23時頃寝て、朝5時過ぎに目が覚めてしまいました。

駐車場に止めてある会社の車を見に行ったり、ニュースを見たり、朝食食べて、9時から正午くらいまで二度寝。

昼ビール飲みながらテレビを観てたら、2時間くらい寝て、18時過ぎに起きて、テレビ観て、ビール飲んだら、21時過ぎには、いつのまにか眠りに落ちていました。

1日の半分以上寝ていた日曜日でした。
1




AutoPage最新お知らせ